Global Ethics


地球システム倫理以外に救い無し by limitlesslife
August 31, 2007, 2:30 pm
Filed under: Uncategorized

システムとしては心身世界は一体であって、是に反した事を幾ら考えて、得ようとしても無理である。地球生命システムの真理を知り、それに従う倫理を行なわなければ、個人、社会、環境として破壊、破滅に向かうだけである。時空無限の大海を有限の泡沫が変えようとしても不可能である。一時一部の一見成功は狂気、凶行に過ぎない。正気、正行(真理、倫理)にしか救い、極楽、浄土はない。

Advertisements


自己保存の裏が恐怖、凶行 by limitlesslife
August 27, 2007, 1:16 am
Filed under: Uncategorized

自己保存欲は常に自己喪失(死、飢餓、敗北など)の恐怖を伴っている。この恐怖が蓄積、搾取、殺戮(資源枯渇、種絶滅、軍備、戦争等)を生み出している。

これらの人間問題、地球問題群は従って、人間の強さ、勇気、偉大からではなく弱さ、臆病、卑小さの現れである。根本は小自我(泡沫)を独立永遠と誤認し、これにこだわり大生命(大海)を失った姿である。我執が恐怖、貪欲を生み出す根本である。

これら三毒が個人、社会、環境を破壊、破滅に至らせる。殺人、戦争(兵器、軍隊)などは狂気、凶行であって正気、正行の沙汰ではない。

三毒は業(行動とその習性)を止めることによって止めうる。具体的には坐禅により身口意の三業を止め、平静、静観に至り、ついには涅槃、悟りに至る。



人間史は失楽園史 by limitlesslife
August 20, 2007, 11:10 am
Filed under: Uncategorized

自我意識と欲望が失楽園であり、人類史は失楽園史である。自我が独立普遍という思いは迷妄であるが、そこから束縛、差別、搾取、殺戮となり五禍となる。

全体生命からの分離(separation)が罪(sin)であり、物、力(名利)の欲が文明を生み、心の文化(真善美聖、覚醒、自由、平等,博愛,平和)、命の体系を破壊、破滅に導いている。

地球問題群を解決するには、真理の覚醒、倫理の確立による自他の解放が必要である。業から法へ、エゴからエコへ、競争から共生へ、失楽園から得楽園(輪廻から涅槃)への努力が必要である。



実践が完成 by limitlesslife
August 13, 2007, 5:53 am
Filed under: Uncategorized

釈尊が悟りの後、以前共に修行した五人の修行者にその成果をもたらそうとした時、中の一人が「ゴータマよ!」と呼びかけた。それに対して「もはやゴータマではなく如存(Tatha-gata, Thus-being)である。」と言った。

悟れば、世俗の家族、国家、宗教などを超えた「真理そのままの存在」になる。我々も修行、実践すれば真理を悟り、完成し、戦争をしたり、生命系を破壊する事は無くなる。



究極テロ兵器 by limitlesslife
August 11, 2007, 1:23 pm
Filed under: Uncategorized

核兵器が都市住民に標的を定め即刻発射状態にある。発射指令箱がテロリストに奪われ、誤認によって発射指令される可能性もある。その放射能や核の冬は気違い沙汰である。それを最も推進し、実際に二度も使ったアメリカについてのロバート・シアーの論文「アメリカの作り出したテロ」を下に引用する。(使用は必ず核競争になるとして科学者達は使用しないようトルーマンに進言したが、それは市民老若男女の命を奪い、核の脅威と拡散は続いている。)

The Terror America Wrought

by Robert Scheer

During a week of mayhem in Iraq, in which terrorists have rightly been condemned for targeting schoolchildren, it is sobering to recall that this week is also the 62nd anniversary of a U.S. attack that deliberately took the lives of thousands of children on their way to school in the Japanese cities of Hiroshima and Nagasaki. As noted in the Strategic Bombing Survey conducted at President Harry Truman’s request, when the bomb hit Hiroshima on April 6, 1945, “nearly all the school children … were at work in the open,” to be exploded, irradiated or incinerated in the perfect firestorm that the planners back at the University of California-run Los Alamos lab had envisioned for the bomb’s maximum psychological impact.

The terror plot worked all too well, as Hiroshima’s Mayor Tadatoshi Akiba recalled this week: “That fateful summer, 8:15 a.m. The roar of a B-29 breaks the morning calm. A parachute opens in the blue sky. Then suddenly, a flash, an enormous blast-silence-hell on Earth. The eyes of young girls watching the parachute were melted. Their faces became giant charred blisters. The skin of people seeking help dangled from their fingernails. … Others died when their eyeballs and internal organs burst from their bodies-Hiroshima was a hell where those who somehow survived envied the dead.”

Like most of the others killed by the two American bombs, neither the children nor the adults had any role in Japan’s decision to go to war, but they were picked as the target instead of an isolated but fortified military base whose antiaircraft fire posed a higher risk. The target preferred by U.S. atomic scientists-a patch in the ocean or unpopulated terrain-was rejected, because the effect of hundreds of thousands of civilians dying would be all the more dramatic.

The victims in Hiroshima and Nagasaki were available soft targets, much like the children playing in Iraq, suddenly caught in the crossfire of battles waged beyond their control. In “White Light/Black Rain,” a devastating HBO documentary released this week, there is an interview with the sole survivor of a Japanese elementary school of 620 students. The murder of the other 619, and the 370,000 overall deaths attributed to the bombings, 85 percent of which were civilian deaths, has never compelled a widespread examination of the “end justifies the means” morality of our own state-sanctioned acts of terror. Indeed, the horrifying footage taken by Japanese and American cameramen soon after the devastation, and shown in the HBO film, was long kept secret by the U.S. government for fear that an informed American public might question this nation’s incipient nuclear arms race.

Just exactly what distinguishes the United States’ use of the ever-so-cutely-named “Fat Man” and “Little Boy” atomic bombs on cities in Japan from the car bombs of Baghdad or the planes that smashed into the World Trade Center? To even raise the question, as was found in one recent university case, can be a career-ending move.

Of course, we had our justifications, as terrorists always do. Truman defended his decision to drop the atomic bombs on civilians over the objection of leading atomic scientists on the grounds that it was a necessary military action to save lives by forcing a quick Japanese surrender. He insisted on that imperative despite the objections of top military figures, including Gen. Dwight Eisenhower, who contended that the war would end quickly without dropping the bomb.

The subsequent release of formerly secret documents makes a hash of Truman’s rationalization. His White House was fully informed that the Japanese were on the verge of collapse, and their surrender was made all the more likely by the Soviets’ imminent entry into the fight.

At most, the Japanese were asking for the face-saving gesture of retaining their emperor, and even that modest demand would likely have been abandoned with the shift of massive numbers of Allied troops and firepower from the battlefront of a defeated Germany to a confrontation with its deeply wounded Asian ally. Instead, the U.S. played midwife to the birth of the nuclear monster, the ultimate terrorist weapon that presents a continuing and growing threat to the survival of human life on Earth.

This is a lesson to be pondered at a time when President Bush plays power games with a nuclear-equipped Russia while coddling Pakistan, the main proliferator of nuclear weapons to rogue regimes, and Congress authorizes an expansion of the U.S. nuclear program to better fight the war on terror by “improving” the ultimate weapon of terror, which the U.S. alone stands guilty of using.

Robert Scheer is editor of Truthdig.com and a regular columnist for The San Francisco Chronicle.



長崎平和宣言、被爆62周年 by limitlesslife
August 9, 2007, 1:54 pm
Filed under: Uncategorized

長崎平和宣言全文 

核兵器廃絶

 「この子どもたちに何の罪があるのでしょうか」

 原子爆弾の炎で黒焦げになった少年の写真を掲げ、12年前、就任まもない伊藤一長前長崎市長は、国際司法裁判所で訴えました。本年4月、その伊藤前市長が暴漢の凶弾にたおれました。「核兵器と人類は共存できない」と、被爆者とともに訴えてきた前市長の核兵器廃絶の願いを、私たちは受け継いでいきます。

 1945年8月9日午前11時2分、米軍爆撃機から投下された1発の原子爆弾が、地上500メートルでさく裂しました。

 猛烈な熱線や爆風、大量の放射線。

 7万4000人の生命が奪われ、7万5000人の方々が深い傷を負い、廃虚となった大地も、川も、亡きがらで埋まりました。平和公園の丘に建つ納骨堂には9000もの名も知れない遺骨が今なお、ひっそりと眠っています。

 「核兵器による威嚇と使用は一般的に国際法に違反する」という、1996年の国際司法裁判所の勧告的意見は、人類への大いなる警鐘でした。2000年の核不拡散条約(NPT)再検討会議では、核保有国は全面的核廃絶を明確に約束したはずです。

 しかしながら、核軍縮は進まないばかりか、核不拡散体制そのものが崩壊の危機に直面しています。米国、ロシア、英国、フランス、中国の核保有5カ国に加え、インド、パキスタン、北朝鮮も自国を守ることを口実に、新たに核兵器を保有しました。中東では、事実上の核保有国と見なされているイスラエルや、イランの核開発疑惑も核不拡散体制をゆるがしています。

 新たな核保有国の出現は、核兵器使用の危険性を一層高め、核関連技術が流出の危険にさらされています。米国による核兵器の更新計画は、核軍拡競争を再びまねく恐れがあります。

 米国をはじめとして、すべての核保有国は、核の不拡散を主張するだけではなく、まず自らが保有する核兵器の廃絶に誠実に取り組んでいくべきです。科学者や技術者が核開発への協力を拒むことも、核兵器廃絶への大きな力となるはずです。

 日本政府は被爆国の政府として、日本国憲法の平和と不戦の理念にもとづき、国際社会において、核兵器廃絶に向けて強いリーダーシップを発揮してください。

 すでに非核兵器地帯となっているカザフスタンなどの中央アジア諸国や、モンゴルに連なる「北東アジア非核兵器地帯構想」の実現を目指すとともに、北朝鮮の核廃棄に向けて、6カ国協議の場で粘り強い努力を続けてください。

 今日、被爆国のわが国においてさえも、原爆投下への誤った認識や核兵器保有の可能性が語られるなか、単に非核3原則を国是とするだけではなく、その法制化こそが必要です。

 長年にわたり放射線障害や心の不安に苦しんでいる国内外の被爆者の実情に目を向け、援護施策のさらなる充実に早急に取り組んでください。被爆者の体験を核兵器廃絶の原点として、その非人道性と残虐性を世界に伝え、核兵器の使用はいかなる理由があっても許されないことを訴えてください。

 爆心地に近い山王神社では、2本のクスノキが緑の枝葉を大きく空にひろげています。62年前、この2本の木も黒焦げの無残な姿を原子野にさらしていました。それでもクスノキはよみがえりました。被爆2世となるその苗は、平和を願う子どもたちの手で配られ、今、全国の学校やまちで、すくすくと育っています。時がたち、世代が代わろうとも、たとえ逆風が吹き荒れようとも、私たちは核兵器のない未来を、決してあきらめません。

 被爆62周年の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典にあたり、原子爆弾の犠牲になられた方々のみ霊の平安をお祈りし、広島市とともに、核兵器の廃絶と恒久平和の実現に力を尽くしていくことを宣言します。

 2007(平成19)年8月9日

 長崎市長 田上富久



蒙昧・野蛮人間 by limitlesslife
August 6, 2007, 1:09 pm
Filed under: Uncategorized

8月6日は核爆弾が史上最初に大量殺戮とその威力実験のために使われた日である。それは自己中心と言う迷妄と、大量殺戮という野蛮を証明し、今も人類の多くの部分が引き継いでいる罪過であり極悪非道である。

62回目の忌念式典で広島市長はこのような愚劣を止め、蒙昧・野蛮人間に追従することなく、核廃絶に向かうよう訴えた。

この重大な日に知人からも訴えが届き「核の冬」についての科学者達の研究・警告が寄せられたので以下に転載する:

増田善信さんの「地球のさけびが聞こえますか」(の一部分要約)より 

1983年、アメリカの天文学者カールセーガンらは、核戦争が起きると核戦争後の火災による煙で太陽の光がさえぎられ、急速に気温が低下するとして、「核の冬―多重核爆弾の全球的影響」という論文を発表しました。 その後、国際学術連合(ICSU)の環境問題特別委員会(SCOPE)は、「核戦争が環境に及ぼす影響委員会」を組織し、徹底的な再調査を行い、日本を含めた30カ国の科学者約300人の英知を集めて、二年がかりで報告書「核戦争の環境に及ぼす影響」をまとめました。 その結果、6500メガトン(全世界の核保有量のたった5%といわれる量)が使用されただけでも「核の冬」が訪れ、気温低下のため世界の農業が壊滅し、「1040億人が餓死するだろう」と結論付けています。 このように核戦争は世界の生態系を完全に破壊し、人類をも絶滅させる可能性があると言う意味で、まさに「最大の環境破壊」てす。