Global Ethics


智慧は泥縄、一筋縄ではない by limitlesslife
February 28, 2008, 11:31 pm
Filed under: Uncategorized

最近、中国のニュースを翻訳して送ってくれる友人から、以下の二つのニュースを得たので、地球システム・倫理学会のサイトのニュースにも転載させてもらい、ここでも紹介させてもらう。自然システムをうまく利用して、環境改善を行なう好例である。また、訳者コメントにある通り、知識の必要と、知識の適用とは一筋縄では行かない、という良い教訓である:

 160余万匹の食藻魚が巣湖の藍藻拡大を食い止める   

新華網合肥220日電(馬姝瑞記者)。記者が巣湖漁業管理局からの情報で知り得たところでは、巣湖での藍藻暴発を食い止める為に管理局は巣湖に食藻魚の放流を開始、今年は160余万匹の食藻魚で巣湖内の藍藻を「消化」する計画である。{訳者注 巣湖(Chao-Hu)は安徽省合肥市に近く、江蘇省南京市の西南100キロに位置し面積は820平方キロで、中国第5の淡水湖}   

巣湖漁業管理局伍昌俊副局長によれば、第一陣の食藻魚5万匹は先日既に放流を完了し、20日以内に155万匹を巣湖水域に投入するとの事。   160万匹の食藻魚とは花鰱魚、白鰱魚、又は食藻魚と呼ばれ、彼らは生まれながらの藍藻の天敵で、花鰱魚或いは白鰱魚は体重が1キロ増長する毎に40-50キロの藍藻を消化して巣湖の清掃人の役目を果たし、巣湖の藍藻暴発を食い止める。   

伍昌俊副局長は、花鰱魚或いは白鰱魚は更に巣湖周辺漁民に豊潤な経済効益をもたらす。年末のこの魚の値は750万元以上になり、投入時の15倍になっており、放流する食藻魚の資金は漁業局の年度予算で賄われるので、経済収益は全部現地漁民の手に帰するのである、と語った。()

 原文 中国語 新華網 08/02/20 抄訳 島崎「是」2008/02/25 

[訳者コメント]藍藻を食って成長する魚が居るとは訳者は知らなかったので早速勉強した。《花鰱魚/白鰱魚は日本語ではハクレン又はレンギョ、英語ではSilver Carpと呼ばれ、アオコ(藍藻)退治の為に大昔中国大陸から日本に輸入されたようである。体長は大きいもので90-110センチ、体重10キロ以上にもなる。日本ではすり身や弁当用のフライなどに広く使われているようであり、関東では利根川のハクレンが有名で、ハクレンクラブという釣同好会も存在する》昨年大事件となった太湖や藍藻に悩む数多くの中国の湖には朗報である。しかし日本では藍藻対策用として昔から知られていたのに、昨年の太湖の騒ぎの時には食藻魚は話題にも上らなかった。卑しくも湖を管理する人であれば、知っておくべき事柄だと思う。

 ② 1億粒の銀魚受精卵を太湖に投入、藍藻減少に有望   

新華網226日南京(石永紅記者)。太湖漁業委員会は先日1億粒の銀魚受精卵を太湖流域に投入した。これは太湖の銀魚資源を増加させ、水体中の藍藻等の栄養物質を減少させ、太湖の水質を浄化するのに役立つ。   

銀魚は太湖の珍奇水産物種の一つであるが、自然環境下では自然受精の成功率が比較的低く、その為人工授精法により成功率を7割程度まで高めるのである。近親繁殖が銀魚全体の品質に影響を与えないようにする為、太湖漁業委員会は今回は特別に内蒙古で採取した受精卵を購入して太湖に投入した。   

1億粒の受精卵は吸い条件と合致すれば100トン近い銀魚の増産に繋がる。同時に、銀魚は体長が5-7センチになる前に主として浮遊動植物を餌にするので、水体中の藍藻等の栄養物質を減少させ、太湖の水質浄化の一助となる。   

近年来、太湖の銀魚漁獲量は毎年400トン前後で推移しているが、嘗ては2000トンの漁獲量を記録した事もあった。太湖漁業管理部門は今回の銀魚受精卵投入で、2-3年の努力により太湖の銀魚漁獲量を増加し、併せて太湖生態構造を改善したいと希望している。(完)

 原文 中国語 新華網 08/02/26 抄訳 島崎「是」2008/02/28

[訳者コメント]ハクレンを藍藻退治に利用する巣湖から直線距離で250キロ長江下流に当る太湖では銀魚(シラウオ)の利用である。夫々の湖には固有の生態系があり、「藍藻退治はハクレンにお任せ」と言う具合には行かないのだろう。それに銀魚は食用としても昔から広く利用され、「銀魚炒鶏蛋」は江蘇水郷料理として有名であり、太湖漁管としては一石二鳥を狙ったのである。それにしても、400トンの銀魚の存在にも拘わらず昨年は耳目を集めた藍藻大暴発が発生した訳で、僅か25%程度の銀魚の増加で藍藻を抑えられるのか、蓋し疑問ではある。 

Advertisements


ヒロシマの声 by limitlesslife
February 25, 2008, 12:20 am
Filed under: Uncategorized

ヒロシマの声を聴け!

日本語:http://www.geocities.jp/s20hibaku/

英語:http://voshn.com



安全、安心 by limitlesslife
February 25, 2008, 12:17 am
Filed under: Uncategorized

イージス艦「あたご」が漁船はよけてくれるだろうと思って真っ二つに切断し、漁師親子を海に沈めた事件は、日本を守るとされた米軍兵士の中学生女子の暴行と同じく権力側は民衆側の安全、安心を保証しないことを示した。民衆は血と汗を捧げて権力者の怠惰を支えている。「民」は目にナイフを刺して目晦ますという意味だと。民よ「目を覚ませ!」



最大の誤り:最大の惨禍 by limitlesslife
February 19, 2008, 12:04 am
Filed under: Uncategorized

すべての誤りは「大小の誤り」に帰す事ができる。

その中で最大のものは「核の冬」と「我の痴」であろう。

「我の痴」が「我の欲」となり「我の(高)慢」となり、

「核の愚」が「核の欲」となり「核の(死)冬」となり、

「核の果」が「人間の死」となり「一切の死」となる。

個人の貪瞋痴が地球全体の生命の害毒死となる。

そして、

個人の智愛行が世界全体の生命の利光生となる。



「安全」とはなにか? by limitlesslife
February 12, 2008, 12:21 am
Filed under: Uncategorized

沖縄基地の米兵によって中学生が暴行された。

ニュースは「又起きた」と伝えたが、小学生が三人の米兵に暴行されて以来本州でも起き、殺人、放火なども絶えない。是を「又」で片付け、是を「無くさない」者は人非人である。

安全保障の為に基地を許し、金を注ぎ込んだ上に、安全が無いどころか、人命、人心を破壊する軍備、戦争の愚を止める時である。自他を差別する心が根本にあり、是が無くならないなら安全は無い。他人事と思うから「又」起き、「無くならない」のだ。

人間は物や金に目隠しされ三毒に騙され、

根本は「我」といわれるものに騙されている。



「アメリカの目隠し」の行く末? by limitlesslife
February 11, 2008, 10:53 am
Filed under: Uncategorized
アメリカ人が集団としての行動分析を紹介します。「丘の上の町」「神の国」、「アラモを忘れるな」、「真珠湾を忘れるな」などの傲慢、強引は個人主義、自己中心主義の問題です。人類はこの「大小の誤り」に引きずられ、滅びに至らないよう注意が肝心でしょう。「帝国」、「権力」の驕りの行末は破滅です。
      
  「アメリカの目隠し」
                                                ハワード・ジン
いまでは、ほとんどのアメリカ国民が戦争に反対し、ブッシュ政権を信じていないし、あまりにも多くの嘘がばれて、(ブッシュ政権の音頭取りをしてきた)主要メディアでさえもうんざりしているほどだ。
そこで疑問は・・・・どうしてこれほどに多くの人びとが簡単に騙されてしまうのか?
この質問は重要だ、なぜならアメリカ人が、メディア関係者も一般人も、大統領がイラクに向かって送った軍隊がまだ地球を半周しているときに、急いで戦争を支持した理由を理解する助けになるからである。
マスコミの無邪気さ(もっと正確には卑屈さと言うべきだが)を示す一例として、イラク侵略の一ヶ月前の2003年2月に国連安全保障委員会で行ったコリン・パウウェルの演説への反応があるが、そこで言われたことは嘘の多さでは記録的でもあろう。
パウウェルはそこで、数々の証拠を自信たっぷりに並べ立てたのである。衛星写真、証拠録音テープ、情報提供者の報告、化学兵器用の資材が詳細に何ガロンあるとか、である。

 
それに対して、ニューヨークタイムズは息を切らさず絶賛した。ワシントンポストの社説は「反論不可能」との見出しで、「パウウェルの発表以後にイラクが大量破壊兵器を持っていることを疑うものはまずいないだろう」と書いた。
私は、これにはふたつの理由があると思う。それは国民的文化に深く根ざしているが、それによって、何十万人もの死をもたらす結果になるとんでもない嘘に報道と市民がいともたやすく騙されることの説明がつくだろう。私たちがこれらの理由を理解できれば、騙されることを防げるだろう。
そのひとつは、時間の概念、つまり歴史的史観の欠如であり、もうひとつは、空間的想像力の欠如、つまり、ナショナリズムを越える地域への思考力の欠如である。私たちは世界の中心で、高潔で立派で優れた国民だという高慢な考えに捉えられているのである。
歴史を知らなければ、私たちは政治家たちやかれらに追従する知識人やジャーナリストの餌食になってしまう。わたしの言う歴史は、建国の父たちから昨今の大統領という政治的指導者たちに従うための歴史ではない。本当の過去の歴史である。
(真実の)歴史をしらなければ、どんな大統領でもずらりと並んだマイクロフォンに向かって、戦争を始めなければならないと宣戦布告できるし、それに対して私たちは何もできないのである。大統領は、国家が危機に瀕している、民主主義と自由が奪われようとしている、だから敵をやっつけに戦艦と戦闘機を送らなければならない,と言うだろう。しかし、私たちは彼を疑う根拠がないのである。
しかし、歴代の大統領がいかに多くの同様な宣戦布告を繰り返し、そしてそれらが後で嘘だと分かって来たか、という歴史を知っていれば、私たちは騙されないだろう。なかには自分はぜったい騙されないという者もいるだろうが、権力者の偽りから市民を守るという市民の義務は引き受ける必要があるだろう。
ポーク大統領が1846年のメキシコとの戦争で嘘の理由をついたことを知る必要がある。メキシコがアメリカ領土内でアメリカ国民を殺したからではなく、ポークと奴隷所有者の特権階級がメキシコの半分を欲しかっただけだ。
マッキンレー大統領が1898年にキューバに進攻したのは、キューバ人をスペイン支配から解放するためではなく、本当はスペインを追い出して、アメリカのユナイテッドフルーツなどの企業のためにキューバを市場化したかったためだ。彼はフィリピンでの戦争でも同じような嘘をつき、フィリピン人の民権化のためと称してフィリピン戦争を開始したが、じつは、太平洋での重要な覇権領土を得るためであり、そのために何十万のフィリピン人が犠牲になった。
ウッドロー・ウィルソン大統領は、よく歴史書には「理想家」と引き合いにされているが、第一次世界大戦の参戦理由を「民主主義のための安全な世界をつくため」と言ったが、西欧帝国主義諸国のための安全保障世界を実現するためであった。
ハリー・トルーマン大統領は、広島に原爆を落とした時、「軍事目標だった」と嘘をついた。
ベトナム戦争でもみんな嘘をついている。ケネディ大統領はアメリカの介入について、ジョンソン大統領はトンキン湾事件で、ニクソン大統領は秘密裏のカンボジア爆撃について・・・・すべて南ベトナムを共産主義から守ると言う口実であったが、真相は南ベトナムを東南アジアでのアメリカの前哨基地にしたかっただけである。
レーガン大統領はグレナダ侵攻をアメリカへの脅威だという口実で嘘をついた。
父ブッシュ大統領は、パナマ侵略で嘘をつき、パナマ市民を何千人も死に至らしめた。かれは1991年のイラク攻撃でも、クウェートの主権を守るという口実で嘘をついたが、それはむしろ石油資源豊かな中東でのアメリカ利権を確保するためのものであった。(だいたいブッシュが、イラクのクウェート占領にこころを痛めているなどだれが信じるだろう?)
これらの戦争を正当化する嘘の歴史を並べ立てれば、若いブッシュがイラク侵攻の理由をなんだかんだとあげても誰も信じる者はいないであろう。石油のためにいのちを投げ出すなど誰でも本能的に反抗するのではないだろうか?
歴史をじっくり読んでみれば、また別の角度から騙されることがないだろう。それは政府と国民のあいだには常に、今日でも、多くの対立が存在してきたことである。この考えには多くの人が驚くが、それは私たちが教わって来たことと反するからである。
私たちは、初めから、建国の父たちが憲法前文に書いたように、「われわれ市民」が革命で新しい政府を樹立した、と信じさせられている。
優れた歴史家であるチャールズ・ベアードが100年前に合衆国憲法は労働者や奴隷たちのためでなく、奴隷所有者や商人、債権者たちのために書かれていると発言すると、ニューヨークタイムズは怒りの社説でかれを槍玉にあげた。
私たちの文化は、その言葉でいみじくも言っているように、私たちがすべてお互いに共通の権利を有していることを認めるよう要求している。身分制度など語ってはいけない。それはマルキストが言うことだと。しかし、「建国の父」ジェームス・マディソンはマルクスの生まれる30年前に、社会には財産を持つもの持たざるもののあいだに闘争があるのは避けられないと述べているのである。
私たちの今の指導者たちはそのようにはっきりとは言わない。かれらは「国家主権」、「国家安全保障」、「国家防衛」などの言葉をわれわれに投げかけるが、それはあたかも、それらの語句の内容がわれわれ全員に、有色人種や白人、富裕層や貧困層に平等に当てはまるかのようであり、あたかもジェネラルモーターズやハリバートンがわれわれと同等の利権を有しているかのようであり、また、あたかもジョージ・ブッシュがかれのお陰で戦争に送られる若い青年たちと同じ利権を有しているかのようである。
この国には異なる利権の階級が存在すること。それこそ、確かに、国民に対する嘘の歴史で最大のものである。国民から隠された秘密の歴史で最大のものである。それを知らないこと、つまり私たちの国の歴史は、奴隷に対する奴隷所有者、借家人に対する大家、労働者に対する企業、貧困層に対する富裕層の歴史であることを知らないことは、権力者たちによる嘘の前に私たちをますます無力にさせることになるのだ。
もし私たち市民が、三権分立の抑制と均衡を装う大統領、議会、最高裁判所にいる人間たちが本当のところは私たちとは違う利権で動いていることを理解し始めれば、私たちは真理への道に向かうであろう。それを知らなければ、私たちは徹底的に嘘をつく輩たちのまえになす術がないだろう。
合衆国がとくべつに道徳的な国家であるという深く染み付いた信念、それは生来のものではなく教育システムと私たちの一般的な文化からきているのだが、があるために私たちはとくに政府の嘘に騙されやすくなっている。
それは小学校1年生から早くも始まり、私たちは(意味も分からないのに)「国家への忠誠」を誓い、「すべての自由と正義」の国家であることを宣誓させられる。さらに球場とかの場所で、いくつもの儀式があって、「星条旗よ永遠なれ」を唱い、「自由の国、勇者の郷」だと宣言するあいだ立ち上がってお辞儀をすることになっている。
また非公式の国歌「神の祝福するアメリカ(God Bless America)」という曲があるが、世界人口のわずか5%にすぎないこの国だけがなんで特別に祝福を受けるのかともし訊いたら、疑いのまなざしで見られるだろう。
もしあなたが周りの世界の国々と比べるときに、この国は神から天賦された特質があり、そのために地球上の他の国より道徳に優れているという信念から始まるのなら、大統領が、われわれの価値観、つまり民主主義、自由、そして忘れてはいけない自由企業経済を世界の神から見放されている地域に行き渡らせるために、私たちの軍隊をあちこちに送って爆撃すると言っても疑問に思うことはないであろう。
だから、他の国々の市民だけでなく、アメリカ国民にとっても破壊的な政策から私たち自身と仲間たちを守ろうとするなら、特別な道徳的な国家という考えを糾す事実に向き合う必要がある。
そのような事実は私たちにとってきまり悪いことであるが、正直でありたいのなら向き合わなければならない。何百万人のインディアンを殺戮でかれらの土地から追いやった長い民族浄化の歴史に向き合わなければならない。
そして、いまだ終わっていない、奴隷制、人種差別の長い歴史。カリブ海と太平洋での帝国主義征服の歴史、ベトナム、グレナダ、パナマ、アフガニスタン、イラクなど我が国の10分の一にも満たない小国に対する恥ずべき戦争の数々の歴史に向かい合わなければならない。そして消えることのない広島と長崎の記憶。どれも誇りにできる歴史ではない。
私たちの指導者たちは、私たちの道徳観が優れているので世界支配は当然だと考え、その信念を多くのひとびとに植え込んで来た。
第二次世界大戦の終わりに、ヘンリー・ルースはタイムとライフとフォーチュンのオーナーにふさわしい高慢さで、これを「アメリカの世紀」と呼び、戦争の勝利によって合衆国は「われわれがふさわしいと思う目的で、ふさわしいと思う方法で、世界にわれわれの影響力を最大限に行使する権利を得た」と語った。
共和党と民主党もこの考え方であった。
ジョージ・ブッシュは、2005年1月20日の就任式演説で、世界に自由を広めるのは「われわれの時代の要請」だと言った。
それに先立つ1993年、ビル・クリントンはウエストポイントの始業式典でこう言った。「君たちがここで学んだ価値観を・・・・この国中に、世界中に広め、君たちが享受してきたようなチャンスをほかの人びとにも与え、君たちが神から授かった能力を全うできるだろう」
私たちが道徳的により優れているという根拠はどこからくるのだろうか?世界の他の人びとに私たちがとっている態度でないことは確かである。アメリカ国民の暮らしぶりが良いということだろうか?
世界保健機構(WHO)が200年に国別の全体的健康状態のランク付けをしたが、アメリカは個人あたりでの健康管理予算がどの国よりも多いのにもかかわらず、リストの37位であった。
この世界でもっとも豊かな国では5人にひとりのこどもが貧困層に生まれている。幼児死亡率の少なさでは40以上の国々がアメリカを上回る。キューバでさえだ。そして世界でもっとも囚人数が多い、200万以上、というのは、社会が病んでいるたしかな証拠である。
私たちが自分たちの国をより正直に評価することができれば、今度世界のどこかでまた私たちの軍事力を行使しようというときに使われる嘘八百に騙されないであろう。
また政治を握る嘘つきたちと殺人者たちから私たちの国を取り戻すことで、私たち自身の異なる歴史を創造しようという気持ちが起こり、また、国粋主義的な傲慢さを否定することで、平和と正義という共通の目的の元に他の世界人類とも一緒になれるだろう。
プログレッシブ・マガジン(2006年4月号)より
(訳文責:森田 玄)


「しあわせ」とは何か? by limitlesslife
February 11, 2008, 1:45 am
Filed under: Uncategorized
千日回峰行を成し遂げた酒井雄哉天台宗大阿闍梨の「明日はまた新しい人生と同じことを「バフェっトとゲイツ、後輩と語る」と言う番組で言っていました。
二人とも世の中のために尽くしたいと言って時間を割くそうですがバフェットは300億ドルをドイツの慈善団体に寄付するそうですー彼の子供は大富豪と判らない小さな家で遺産は残さないと、遺産相税、税率累進が足りない等批判していました。
今日の「心の時代」の番組で遺伝学学者本庄佑教授が「DNAから見たしあわせ」という話をしていました:1「食欲、性欲、権力欲を満たし」、2「不安を滅すること」が幸せだと言っていました。前者は限界無く問題を起こすが、後者は究極と(筆者の纏め)・・・これを物、力、心、命に当てはめて見ると人生、生活のあり方が判りそうです。不安(あるいは四苦八苦)が無いというのが最も大事、決定的ではないでしょうか。
「女性子供の人権と未来」フォーラムでイランからノーベル平和賞受賞者のシリン・エバディが「文明の衝突」説は誤りで宗教は寛容、慈悲を勧めると言っていましたが、命の真実は一つでそれは「友である、共にある」だと思います。(拙稿「枠組転換」にこの点(一真実、友(ミトラ、弥勒、メシア等)を指摘しておきました。)