Global Ethics


人間活動が地球の「第六次大絶滅事態」へ駆り立てている by limitlesslife
August 2, 2009, 11:04 am
Filed under: Uncategorized

 

-人口増加、汚染および外来種が南半球の生物種に破滅的結果をもたらしている、と保護活動家達による主要な評論は警告している-

 

イアン・サンプル、英国ガーディアン紙、2009年7月28日(火)付

 

地球は病気と人間活動によって「第六次大絶滅事態」を経験しており、脆弱な生物種に壊滅的な被害をもたらしている、と保護活動家による主要な論評はしている。

 

南半球の多くは特に酷く苦しんでおり、オーストラリア、ニュージーランド及び近隣太平洋諸島は世界の絶滅ホットスポットとなる運命にあると同論評は警告している。

 

ポリネシア、ミクロネシア及びメラネシアを含むオセアニアの生態系は緊急の効果的保護政策を必要としており、其れなしにはそこの絶滅についての既に貧弱な記録は眼に見えて悪化することになる。

 

研究者達は2万4千の既刊の報告を網羅的に集めて、地球の最も生物多様性のある六地域を含むオーストラリアと太平洋諸島の植物動物相についての情報を編集した。彼らの報告書は生物種を絶滅させる六つの原因を特定しており、その殆どは人間活動と関わっている。

 

「我々の地域は多分地球上最悪の絶滅記録を持つという悪名高い特徴をもっている」とシドニーのニュー・サウス・ウェールズ大学の環境化学者であり同報告の指導的筆者であるリチャード・キングズフォード氏は言った。「我々は世界の我々の地域で驚異的な自然環境を持っているが、そのあまりにも多くが目の前で破壊されている。生物種は生息域喪失とその劣化、外来種、気候変動、過剰搾取、汚染および野生種疾病により脅威に曝されている。

 

ジャーナル「保護生物学」に発表された同報告は生態系の破壊と劣化をその地区の野生生物への単一の最大の脅威であると強調している。オーストラリアでは農業が全体の森林地と森林の半分を替えたかまたは破壊した。残された森林の約70%が木材用伐採で損なわれてしまった。ふさわしい生息域の重大な喪失が絶滅危惧種の80%の背後にある、と同報告は主張している。

 

外来動物種及び植物種の到来は多くの太平洋諸島の在来種を荒廃させ、鳥類と哺乳類の絶滅をもたらした。野生のグアム・ミクロネシア・キングフィッシャーは、鳥を捕食する茶色樹木蛇の導入に従って絶滅したと今では考えられている。外来種の衝撃はしばしば島々の急速な発展と人口増加からの汚染により更に悪化しており、廃棄物に対応するそれらの能力をそいでいる。プラスチックと釣具は海鳥と海の哺乳類に対する継続的な危険となっている、と同報告は言う。

 

野生生物に対する人間の衝撃は、人口の増加が相当に見込まれるオーストラリアと太平洋諸島では、増加しそうである。2050年までにオーストラリアの人口は35%増加し、ニュージーランドでは25%増加すると予想されている。豊富な生物多様性をもつほかの島々では更にもっと劇的な人口増加が予告され2050年までにパプアニューギニアでは76%多い人々の住所となり、ニューカレドニアでは49%多くなる。

 

2万5千以上の外来植物種がオーストラリアとニュージーランドに移植し太陽光と栄養物で張り合い地域種の脅威となっている。多くは政府、園芸家および狩猟者によりもたらされてきた。これに加えてオーストラリアは気候変動の予告にそって1950年以来得に平均気温の上昇を見て幾らかの種を南極や他のもっと高く涼しい土地へと移住を強制している、と同報告は言っている。

 

鳥類マラリアやカエル数の大きな減少につながるカエルツボカビのような病気の重大な脅威を指摘するいくつかの研究に同報告は光を当てている。世界最大の有袋類肉食獣のタスマニアン・デヴィルに急速に広がりつつある伝染性顔面癌は最も壊滅的な動物疾病の一つである。その病気のお陰で動物数が60%以上も減ったと信じられている。

 

植物も新しい病気の結果悪くなった。例えば意図的にオーストラリアに導入された根瘤菌は数種の植物を破滅させた。

 

同報告は土地開拓、木材伐採および高山開発を制限する新しい法律の導入、外来種の意図的な導入の制限、炭素排出と人口の削減、漁業の厳格な制限などによる生物種減少を緩和する多くの推薦案を出している。同報告は底引きトロール漁法、シアン化物やダイナマイト使用による生態系への不均衡な破壊をもたらす漁業について特別な憂慮を示している。

 

それは又野生での病気を取り上げる早期警戒システムを設立するよう呼びかけている。

 

「この惑星への我々のフットプリントあるいは人口を減らすことに我々が遥かに賢くならなければ環境への負荷は更に悪化することになる」とキングズフォード氏は言った。「この等式を正さなければ、将来世代は生活の質と我々が住む環境に関して必ずもっと多くを支払わなければならない。そして我々の地域は植物と動物を絶滅させる事で世界を先導したという恐ろしい評判を引き続き受けることになる。」