Global Ethics


Have Highest Happiness! by limitlesslife
December 21, 2009, 1:16 pm
Filed under: Uncategorized

 

Further to my blog (Witnessing Happiness Here Now), I would like to offer the easy way to the highest happiness, time-tested many millennia. Anyone can have the highest happiness without prerequisite, money, matter, status, etc. Just remain calm and clear without delusion, greed, and hatred:

Not befriending fools, but befriending the wise,

And respecting the respectable; this is the highest happiness.

 

Living in a proper place, accumulating merits in preceding life,

Oneself generating the right aspiration; this is the highest happiness.

 

Learned in sciences, arts and training, and

Skillful in speech; this is the highest happiness.

 

Serving parents, loving and protecting one’s consort and children,

Orderly in one’s job unconfused; this is the highest happiness.

 

Giving, acting in truth, loving and protecting relatives, and

Non-blamable behaviors; this is the highest happiness.

 

Refraining from evil, controlling alcohol, and

Not neglecting virtuous actions; this is the highest happiness.

 

Respect, modesty, contentment, gratitude, and

Listening to lessons timely; this is the highest happiness.

 

Patience, warmth, meeting with people in the Way, and

Discussing truth at times; this is the highest happiness.

 

Striving, pure career and the seeing of the holy truths,

Realization of unconditioned peace; this is the highest happiness.

 

For the one who is not moved even touched by the worldly things,

Sorrow-less, undefiled and peaceful; this is the highest happiness.

 

Those, practiced such ways, defeated nowhere,

Go in happiness; for them this is the highest happiness. 

 

                                                                                         –Suttanipata, 259-269.

http://www.stltoday.com/blogzone/civil-religion/general/2009/10/witnessing-happiness-here-now/



戦争以上の罪悪はない! by limitlesslife
December 9, 2009, 2:20 pm
Filed under: Uncategorized

下記は平和省設立運動で知り合い、禅や旅行も同道の親友の言葉です。

まさに「戦争以上の罪悪があるでしょうか?」。一刻も早く無くしましょう!

大塚卿之です。
今日12月8日は、真珠湾攻撃68周年の日になります。
それにちなんででしょうか,今夜のNHKクロ-ズアップ現代は
「日本兵の遺品・日の丸」でした。
涙を流してそれを見終わったら、[PeacenetJapan]という
MLに

> いま、NHKクロ-ズアップ現代は、「売られる日本兵の遺品、
> 米国で」ということで、遺品の「日の丸」のことが報道されて
> いて、涙が出ました。

と投稿された方がおられました。

それに触発されて思わず返事を書いてしまいましたので、それをこ
こにも紹介させて下さい。

私が涙を流したのは次の場面を見たときでした。
録画したのでその箇所を筆記しました。

もと海兵隊のラバーン・クルサードさん(87歳)はかって日本の
守備隊4万人以上が戦死したサイパンの上陸作戦に参加しました。

「この旗を見ると今でも心が痛みます。
あの若い日本兵のことを思い出して心がかき乱されるのです。」

戦いの中でクルサードさんは日本兵と銃撃戦になりました。
一人の若い日本兵が仲間をジャングルに逃がし、立ち向かってきました。
降伏するだろうと思った矢先のことでした。

「もう彼には逃げ場はありませんでした。しばしの静寂の後銃声が
聞こえました。」

日本兵は頭を銃で打ち抜いて自ら命を絶ちました。
そのヘルメットの中に残されていたのがこの日の丸でした。

「なぜあのような形で最期を遂げなければならなかったのか、私に
はどうすることもできませんでした。
自ら命を絶った姿を見て胸が締め付けられました。
その気持ちは今も変わりません。
だからこの旗を持ち続けてきたのです。」

クルサードさんは2年前、この旗が家族や友人から贈られたという
こと,そして持ち主が小山寅輿という名前であるということを知り
ました。
この旗を一刻も早く遺族に返したいと思うようになりました。

「おそらく生きてはいないかも知れませんが,この旗が彼の両親の
心を少しでも癒してくれればと思います。旗に名前を書いた兄弟や
友人もまだ生きているかもしれない。少なくとも私は長年背負って
きたものから解放される気がするのです。」

以上、この番組よりの速記です。

本当に戦争とはこのように敵味方を深く深く傷つけるのです。
戦争以上の罪悪があるでしょうか?
86歳になるクルサードさんの、今も続く苦悩の一端を知っていた
たまれない思いになりました。