瓦礫処理は現場でテストして住民を守る、焼却灰は東電に帰す!

[uniting-peace][18666] 小出先生 たね蒔きジャーナル2011/12/28のお話(瓦礫処理は、現場で放射能が除去できるかテストして、住民を守らないとダメ、焼却灰は東電に帰そう!)


永岡です、毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。原発関係のニュース、事故で発生した、放射能汚染の土を保管する施設を双葉郡に置きたいと細野氏が佐藤知事に提案です。佐藤知事はつらい、重いとの話です。大熊町、双葉町を候補地として検討しており、来年度に選定して2013年度に置き、最長30年置きます。

そして、小出先生のお話、大阪府の瓦礫受入れで、被災地の汚染瓦礫、1kg100ベクレルまでのものは受け入れると発表し、燃やした後の灰を管理する基準は1kg2000ベクレルとの基準であり、リスナーより、これで大丈夫なのかについて質問があり、何度も言った通り「放射能に大丈夫と使ってはいけない」、1kg100ベクレルでも危険、何を受け入れることが出来るかの一人一人の価値判断で、大阪府の受け入れは、放射能が環境に出るかどうかで、焼却してどれだけ放射能が出るかが第一の関門なのです。フィルターを付けると除去されるのですが、今の焼却炉で燃やしてはいけない、フィルターで、現場で取れていることを確認しないといけないのです。

環境省、フィルターで99.9%除去できるといい、ならそれですべての原発を覆うべきと水野さんいい、しかし放射能フィルターは99.9%取れる、しかしフィルターは熱に弱く、セラミックフィルターなどで、現場でテストしないといけないのです。机上ではなく、現場で99.9%取れるか判断しないといけないのです。

さらに、反対論もあり、神戸大の山内先生、試算され、99.9%除去できても、あまりに多くの量を処理すると、1日120トンやると44万ベクレル放出されると言われて、なら、ひとつの焼却炉から44万ベクレル出て汚染するが、福島第一の周りは1平方メートル何百万ベクレルの汚染であり、どこかの焼却炉で44万ベクレルは、それが何だと言うほどの、福島は汚れて被曝しているのです。

水野さんもどうしていいか分からず、また灰を海に埋めると言うのですが、小出先生、それはやってはいけない、東電の所有物で、東電に帰すべきなのです。

近藤さん、焼却に設備がいる、自治体が引き受ける意味は、福島に放っておいていいわけではなく、東京も引き受ける、大阪もやるとなると、その方向は、東京が排気のテストもせずやっていることに抗議され、手を挙げても、住民を守れないとダメ、排気の現場テストが要ると言うのです。現場で守れるか、なのです。

今日も小出先生のお話をお知らせいたしました

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close