With 夜はラジオと決めてますニュース内容&ニュース深堀、除染の実態、難しさ、神戸大山内知也さんのお話(2013/1/10)

 永岡です、今日の夜ラジニュース、上田崇順さんの報告、毎日新聞大阪本社論説委員の二木一夫さんの案内で放送され、ニュース深堀は水野晶子さんの報告、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました(メインパーソナリティは漫才師の増田英彦さんです)。

 東日本大震災復興、政府は復興推進会議を開き、安倍政権で初。課題は安全な高台への移転、専門知識を持つ職員が不足、用地取得の住民の合意形成も困難で、長期避難を強いられるのです。

東電の福島事故で住民の避難しているところで、仮の町に移転する費用を政府が負担です。避難先から帰る目処がなく、集団移住をいわき市他に想定です。除染を巡り、中間貯蔵施設が遅れ、汚染土が川に捨てられ、政府は中間施設の建設を延期です(これは今日の特集です)。

宮城県、北九州への瓦礫処理を今年3月で打ち切りです。瓦礫の量が想定より少なく、関東での処理に限定するのです。

東電の広瀬社長、福島県庁を訪れて佐藤知事と会い、3年間で請求権消失の民法は適用しないとし、佐藤知事、廃炉を求めています。二木さん、この震災関係の記事で、時効を主張しないのは当然、加害者が特定されてから3年での時効は、復興に関り、避難者が32万人、避難所に150人いて、仮の生活であり、全国各地に親戚とかを頼り行っており、どうやって戻れば良いのか。安倍氏、政策を総動員すると言うものの、高台の合意も難しい、姿を見せて、復興を考えないと前に進まないと言われました。増田さん、民主党は東電に甘いと言われて、それについて二木さん、それが見えていないと言われました。安倍政権は脱原発ではないものの、事故は事故であり、再稼動をどうするか、再稼動を前提として東電も計画を立てており、安倍政権の対応は見ないといけないのです。

 経産省、関電と九州電力の値上げについて、経営効率化を見て、関電は6000億の費用の半分を関連企業に発注、これを効率化すると言うのです。委員より、大きすぎると指摘があり、関電は11.8%、九電は8.5%の値上げを想定です。二木さん、コストを削減するから値上げを認めよというのは逆、コストを削減して値上げしないようにすべきであり、資材調達費の46%が関連会社、しかも役員が出向しており、身内同士の取引、コスト意識なしでやられ、組織として問題あり、こういう費用は情報公開して欲しい、総括原価方式で日本の電気料金は高く、世界的な設定も必要、競争原理が必要で、独占でやると難しいのです。

 阪神・淡路の借り上げ復興住宅、20年の期限の延長を神戸市は検討中です。3000世帯が入り、本来の家賃との差額を神戸市が払い、障害者、高齢者から配慮を求められ、懇談会を立ち上げて検討です。震災から20年、苦労した人が入っているのです。

 安倍総理は東南アジアを初の外遊にするのです。ASEAN40年を想定してであり、東シナ海での中国対策をASEANと協議です。アメリカ来訪は来月です。

 沖縄、嘉手納基地を抱える市町村がオスプレイ配備撤回を政府に求めています。30機以上オスプレイが配備され、沖縄は世界最大のオスプレイの拠点となり、配備計画が基地負担になると、防衛省の沖縄に提出したものの、防衛省は何も決定していないと言うのです。配備反対の町民大会も検討中です。

 桜ノ宮高校の体罰自殺、30発以上叩かれており、顧問は指先で数発殴ったというものの、家族は30発叩かれ、同席していいたのは顧問の教え子で黙認していたのです。橋下氏、100人規模で対応とするものの、二木さん、生徒は罰を受けるようなことをしたかと言われて、体罰は教育のためと言われるが、虐待もしつけ、誰も逆らえない社会で生まれたと言われました。増田さん、先生が殴っていても問題にされず、生徒が先生を叩いたら事件になったといい、二木さん、指導の度を越して、30発までエスカレートして、副顧問も密室では何も言えずであり、口を挟めない世界であり、増田さん、体罰もやられて竹刀が折れる、ジャイアントスイングもされたと言うものの、今回他の先生も知っており、大津のいじめも後でアンケートで、生徒は救われないと言われました。橋下氏、過去に体罰を容認していたと上田さんも言われました。増田さん、学校に警察が入るしかないと言われました。

 ニュース深堀、水野さんと近藤さんの担当でした。2013年の年明け、福島事故で帰れない人が16万人いるのです。除染の実態、手抜きが横行している。環境省が元請には、剥ぎ取った土は袋に入れて回収、洗った水も回収としているのに、取り除いた枝などを川に捨てていたのです。環境省、除染前後の放射線量も測れとしていたのに、測っていなかったのです。税金の無駄遣い、ルールを守れという声もある中で、国の行う除染の効果、意味について、放射線計測の専門家、神戸大の山内知也さんのお話がありました。

 近藤さん、山内さん、福島で除染を尽力されていて、現地のことを熟知され、山内さん、除染のあるべき姿、事故前は環境の除染ではなく、作業員が誤って放射能汚染された際のことをいい、それは洗えば良かったが、環境を洗うとその水も処理しないといけない。環境の除染は過去になかったのです。施設では放射能をためるタンクがあり、それは今は規模的に通用しない、洗った水が環境に出てしまい、屋根の除染も効果はないのです。

 大規模除染を初めてやり、屋根の上で0.6~0.7マイクロ/時間(管理区域)、これが洗浄した後(前は1マイクロ)、セシウムは奥に入り、なかなか落ちない。やればやるほど効率が悪くなる。雪が降ると遮蔽になり、雪を取り除かないとダメ。家が老朽化して登るのも危険で、トタン屋根はさびにセシウムが付きやすく、さびをグラインダーで取るしかない(0.2~0.3になる)、農家は大変。中通、福島、郡山市に行かれて(飯舘とかは山内さん行かず)、50~60km離れてもこの始末で、福島、郡山で測ると駅前で0.5~0.6、一般人が立ち入ってはいけないレベルであるのです。近藤さん、環境は今回初となると、法律について聞かれて、山内さん、勝手に捨ててはいけないものは決まっており(特措法に触れる)、地元の人にとっては除染されたら帰れると思っていたのに、除染は手抜き、「科学的に除染に効果なし」であり、山内さんが福島に住むなら事故前のレベル(0.05マイクロ、一桁低い)にならないといけないと言われました。今降り積もっているものが多く、土について、アスファルトにコケが生え、それを取っても若干しか取れない、100~200m離れたところからガンマ線が飛び、コンクリートを10cm重ねると止まるのです。近藤さん、除染のノウハウ、国は持っているのか、それともやりながら学んでいるかについて、それはない、高圧線浄水で除染するものがNHKで流れるわけではないのです。山内さんの助言により除染する効果はあるが、お金がかかる。幼稚園で0.5~0.6、高圧洗浄しても落ちない、屋根を葺きえるしかなく、昨年の今頃葺き替えたら0.2になった。隣の雑木林の汚染が高く、それを全部抜くと0.1、裏山のお墓のコケを取り、竹の葉を取って外で0.1になる。取り除いた土地、コケは穴を掘って埋めているのです。

 近藤さん、高い木はどうしようもないかについて聞かれて、常緑樹はこびりついている、落葉樹は除ける、福島は7割が森林で、ここの除染はまだ未定、森は無理と山内さんいわれ、山を丸裸にしたら除染できるかも知れないが、それをやっていいのか。取ったものも燃やせない、アスファルトの再利用もダメなのです。しかし、地元の人に燃やすなと言えないのです。幼稚園の除染、300万円(屋根葺き替え工事)にお金がかかる。いわき市は震災で壊れて漏れるのです。

 近藤さん、環境省に言いたいことについて聞かれて、山内さん、地元の人の声を吸い上げていない、考えを一つにまとめよと言われてもまとまらない、早く戻りたい人、除染する人もいて、もっと木目の細かい配慮が要る。屋根瓦を変えるのは国の除染費用にないのです。

 近藤さん、聞いて絶望的と言われて、山内さん、土、葉を集めるしか出来ないと言われました。被災地の雇用促進には、除染作業は近所の人が下請けでやっていると言われました。

 水野さん、働き方、ルールだけでなく、除染で家に帰れる日が来ると幻想に取り付かれているのではと聞かれて、山内さん、20~30km圏内はご存じないが、福島圏内は除染の対象で、土を入れ替えても、グランドの外から放射線が、セシウムが飛んできて、100mではなく200~300mの範囲でやらないと、元のレベルにはならないのです。今除染しているのは、建物から道路から20mしか除染しておらず、しかし山内さんの言われるようにもっとやらないとダメなのです。20mでは原理的には無理です。山内さんのお話を国は聞かず、山内さん除染の難しさを言い、子供の避難を言っていたのに、実際には20ミリシーベルトのところに子供が住み続けていて、結局20ミリのところに住まされている。3・11まで1ミリシーベルトのところはなかったのに、今子供たちがいるのです。

 山内さん、除染の是非は、粘り強い監視が要り、福島の人は住み続けて、健康調査、記録を拡充すべきと言われ、除染は上手く行く方法もあり、行政の除染よりNPOがやったほうがきれい(20mだけではない)。あるグランド、0.5マイクロ→0.2になり、それから下がらない、周りを除染して0.05になったのです。そこまでやると国は約束していないのです。増田さん、キリがないと言われました。山内さん、現地の人につらいことと言われました。今日は、久々に原発のお話でした。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close