オスロ会議に朝長・長崎原爆院長と田中・被団協事務局長が参加

核兵器の非人道性に関するオスロ会議(http://nuclearabolitionjpn.wordpress.com/2013/01/14/oslo-information-in-japanese/
の日本政府代表団に、日本赤十字社長崎原爆病院の院長で核兵器廃絶地球市民長崎集会
の実行委員長でもある朝長万左男さんと日本被団協事務局長の田中煕巳さんが加
わって出席します。2月2日のNHK広島のニュースで以下の通り報道されてい
ます。下記、NHKのウェブサイトへのリンクはそのうち切れてしまうと思いま
すが、今のところ、動画も見ることができます。 川崎哲

================================

http://www.nhk.or.jp/lnews/hiroshima/4005230871.html?t=1359864471204

長崎原爆病院長 国際会議に

核兵器の使用禁止に向けてその非人道性を科学的に検証する国際会議が、3月ノ
ルウェーのオスロで開かれます。

この会議に長崎原爆病院の朝長万左男院長が出席し、核兵器が人体などに与える
影響について各国の代表に説明することになりました。この国際会議は、核兵器
が人体などにいかに非人道的な被害を与えるかを科学的に検証しようとノルウェー
政府が各国の代表を招いて来月開くもので、核兵器の使用を条約で禁止する動き
にもつながると期待されています。

日本政府もこの会議への参加を表明していますが、そのメンバーに長崎原爆病院
の朝長万左男院長と、日本被団協・日本原水爆被害者団体協議会の田中煕巳事務
局長が加わることが明らかになりました。このうち朝長院長は自らも被爆者で、
40年あまりにわたり被爆者の医療に携わってきました。

今回の会議では核兵器による爆風や熱線、放射線の凄まじさや、ガンや白血病の
発生状況などをデータを交えて各国の代表に説明するということです。

朝長院長は「民間人まで無差別に殺傷し人間の遺伝子を破壊してしまう核兵器の
非人道性を理解してもらうことで、核兵器の禁止条約に向けた各国の動きを促し
たい」と話しています。

02月02日 08時07分


川崎哲
Akira Kawasaki
★12/15-16 Nuclear Free Now 脱原発世界会議2 http://npfree.jp
毎週水曜夜「地球を学ぶ!ピースボート勉強会」@高田馬場
川崎哲のブログ http://kawasakiakira.at.webry.info
核廃絶・世界の動き@Facebook
ツイッター @kawasaki_akira

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close