小出先生 ラジオフォーラム2013/2/9のお話(原子力に平和利用はない、自然の豊かな原発に狙われる、潜水艦は原潜ができて意味がある)+岡真理さんのアラブの春のお話

 永岡です、ラジオフォーラム、今日はジャーナリストの西谷文和さんの司会で、ゲストは京都大学の、現代アラブ文学者の岡真理さんでした。札幌の三角山放送を聞いていると、小出先生のお話は聴かなくてはいけないとの、この放送局のスタッフがコメントしていました。今日は、大阪から、世界が見えてくる、をテーマです。西谷さん、8年前まで公務員で、休暇を取ってアフガン、イラクを取材し、その後西谷さんジャーナリスト1本になり、シリア、リビア、レバノン、ガザなどの戦地のナマを伝えたいと言われました。

 そのため、1回目はアルジェリアの事件の話になり、背後は、隣国のリビアに去年西谷さん行き、カダフィと反カダフィの内戦があり、その武器が周辺国に流れ出し、イスラム原理主義に渡り、こういう事件になったのです。しかし、イスラムは平和を求めており、アラブを知るために、特集を組んだのです。

 ニュースのたね、アルジェリアの事件について、背景の武器の氾濫、リビアから流入し、アラブの春についても語り、まず、何となく中東は恐ろしい、イスラム教徒は恐ろしいと思われるものの、アラブの人は本当は平和を望んでおり、それで岡さんの登場です。岡さんの授業に西谷さん出られて、アラブ語であなたの上に、神の平安があるようにというあいさつを紹介されました。おはようも、さよならもこれでOKなのですが、このあいさつを交わす人のところで戦争になり、みんな人がよく、アラブの人は道案内もしてくれる、留学生なら食事に誘ってくれるのです。

日本人も大好きで、岡さん、83年、カイロに留学し、イスラエルのレバノン侵攻があり、レバノンの内戦はパレスチナ問題があり、二つの国をイギリスが認めたのが発端で、ヨーロッパのキリスト教社会でユダヤ人が差別され、自分たちの国をパレスチナに作ろうとなり、ヨーロッパのユダヤ人がアジアに国を作ろうとして、それにイギリスの帝国主義が絡み、イスラエルが出来た。岡さん、イスラエルに壁があり、安全保障の壁、占領下のパレスチナ人の攻撃を防ぐもので、それなのにパレスチナに食い込んで建てられ、大きな蛇が横たわるように蛇行し、多くの水源を取り込むものなのです。入植者が入り、パレスチナに自分たちの国を作ろうとして、住んでいるパレスチナ人にいやがらせもしているのです。岡さん、ガザには行かれず、パレスチナは83年、悪化して、西岸の壁で引き裂かれた、エルサレムも東はパレスチナ人だけであったのに、ユダヤ人も入ってきたのです。西谷さんも行き、救急車が検問所を通れず、亡くなるひともいたのです。

 ガザの戦争、日本では攻撃があり、破壊されたと注目されるが、ガザは封鎖され、占領され、経済基盤もなく、狭いところにたくさん住んでいるのです。こういう中で、人々は平和を望んでいるのです。

 小出先生のお話(小出裕章ジャーナル)、今日は日本の原子力ムラは懲りておらず、ベトナム、トルコに売り込みをかけており、これについて小出先生「やるべきでない」、日本の原子力産業は輸出に頼るしかなく、日本では作れないのでこの始末。しかし日本で爆発したのに、日本で引き受けられない危険を外国に輸出はやってはいけないのです。ベトナム、きれいな海であり、ベトナムは枯葉剤で汚染され、放射能で汚染される。原発だけでなく、ウラン鉱山、廃棄物で汚される。利権は物凄く、狙われるのは自然に寄り添うところで、お金は無縁、一度このお金を握るとおしまいなのです。福島も二分され、地域のつながりが潰される、それがベトナム、トルコにされるのです。

 ベトナム、トルコ、ヨルダンがなぜ原発を欲しがるかであり、核武装の野望があり、日本もそう、日本は平和利用ではなく、日本は核兵器が欲しくて原発を造ったのです。原子力と核が使い分けられているが、技術に平和も軍事もなく、いつでも兵器に使える、核兵器が欲しくて原発を造り、ベトナムも、イスラムに対抗するために核兵器、と思う。現在の世界は力が支配し、国連は正しくは連合国、戦勝国が支配し、常任理事国の条件=核兵器を持つ。力を持つ=核が要ると考えるのは当たり前、世界の指導者がそう考えているのです。

 「原発を持つ=核兵器を持つ」であり(≒ではない)、「原発開発の真意は核兵器を持ちたいから」で、「原子力の平和利用はごまかし」。軽水炉の開発は、原潜の画期的な技術のために開発され、核兵器を作る施設が余り、それを平和利用として生き残りを図ったのです。潜水艦は海に潜るのものなのに、一般の火力の潜水艦だとすぐに酸素がなくなり、すぐに海面に出ないといけないが、原潜だと、ノーチラス号は北極海の氷の下をもぐれる、潜水艦は原潜になり、本当に意味があるのです。

 横須賀の原潜事故=横須賀の人被曝+原子力空母ジョージ・ワシントンもあり、事故があったらえらいことで、日本は安全委員会があるものの、米軍の原潜、原子力空母に安全検査なし、アメリカが安全というから妄信(泣)であり、横須賀の人たちはこれを問題視しているのに、日本のマスコミが取り上げず、注目されていないのです。

 今日は、原発輸出と、原潜のお話でした。

 話のたね、岡さんの、アラブの春のお話で、その前にパレスチナの構造的な暴力、占領について注目されないが、平和の反対は戦争ではなくて構造的な暴力、人間らしく生きられない、人権が侵害されたら、爆弾が飛んでこなくても平和ではないのです。

 アラブの春、西谷さんリビアに行き、まだカダフィと反カダフィの対立が凄く、リビアに入ると,武器が物凄く、フランスが両者に武器を売って、この始末。この武器がマリに行った。エジプト、民主の蜂起でムバラクを倒し、ムバラクは最初はそれほどでもなかったのに、棚簿たで大統領になり、最初はムバラク、誰であったのに、独裁者になってしまったのです。ムバラク政権がおかしいというと逮捕なのです。市民の権利が制約されていたのです。

 ムバラク,身内の蓄財と国民の貧困があり、パンと自由と人間の尊厳であり、街、走っている車もきれいになり、しかし貧困の闇は広がったのです。貧富の差が広がり、民衆の怒りに火をつけ、しかし反抗すると殺されるのに、エジプト、イギリスの支配に叛旗が広がり、植民地解放→独裁で、未完の革命が続いている、命を犠牲にしても、立ち上がらないとダメとなったのです。ヨーロッパの歴史家が1948年の革命は失敗でも、それがヨーロッパを変えた、長期的に見たら、エジプトを変え、世界を変えたのです。

 西谷さん、バーレーンも行って、若者がデモをして、軍が弾圧し、リビアも同じなのにNATOが空爆、バーレーンにはアメリカの基地があり、親米なので、アメリカはダブルスタンダード、国際法を無視して占領して、パレスチナの占領は40年続いている。イランが核を持つと叩くのに、イスラエルのものは批判されないと西谷さん言われて、現象を追いかけるだけでなく、それに至る背景があり、しかしそれはテレビでは視聴率が悪いのです。イスラエルの核、これを批判するドキュメンタリーは、マスメディアには乗らない、アメリカの怒ることはメディアには乗らないのです。BS、深夜でしか放送されない、地上波のいい時間にはならないのです。

 イスラエル、フセインが原子炉を作ろうとしたら空爆し、これは国際法違反で、パレスチナは暴力、しかしイスラエルのやることは黙認される。その背景を見て報道されないといけないのです。

 今後のエジプト、パレスチナについて、岡さん、エジプトは未完の革命を続ける。ムバラクはアメリカと手をつなぎ、パレスチナ人の闘いがエジプト人を鼓舞した。パレスチナ人が祖国に帰る希望を捨てないのです。西谷さん、リビアに行き、民衆の蜂起、カダフィの虐殺、リビアでは虐殺したのに、エジプトでは違った理由は、岡さん、国民を殺す軍は独裁者の私兵、エジプトでは軍隊は徴兵された若者で、エジプトは意味が違うのです。パレスチナでは虐殺の歴史、リビア、シリアは内戦なのに、エジプトは隣国の闘いに励まされたのです。日本ではあまり報じられないのに、メディアも掘り下げて報じるべきなのです。

 岡さん、またこの番組に出られます。

 ここから新コーナー、西谷さんの、地球の歩き方、面白いエピソードを紹介。世界遺産の歩き方で、1回目はヨルダン。ヨルダンに初めて行ったのは2003年、イラク戦争の取材のためにはまずアンマンに行かないといけない、2003年の11月に行き、砂漠の中を行き、バクダッドまで行くのは、戦争中なので緊張し、死海へ行った。世界一低い場所にあり、蒸し暑く、アンマンは秋なのに、30分しか離れていない死海は夏。農場があり、きゅうり、すいかがある。死海は琵琶湖の1.5倍、海水の湖で遠浅、30m行っても浅い。水は濃い塩味で、水面に横たわると浮く、手足を空中に投げ出しても浮く。司会で浮いて新聞が読める。当時西谷さん公務員で、職場で浮いてしまい、家族からも浮き、浮きの3冠。しかし、体がヒリヒリして来て、あわてて水から上がりシャワーしたら直る、そうでないと、自身が漬物になったようなものなのです。アンマンと死海を結ぶ国道、みやげ物があり、湖底に泥があり、泥パック、女性に人気。トランプが何とフセインだったのです。あっという間で、ヨルダンのアンマンから1時間の、死海のお話でした。

 岡さん、爆弾が落ちてこないのが平和ではない、自由を奪われるのは平和ではないという言葉を西谷さん繰り返されました。平和とは、明日も安心して社会、職場で暮らせることであるのです。アラブの春、またゲストを招き、やります。来週は、メディアが見えてくるをテーマに、石井彰さんの司会で放送されます。今日も、ラジオフォーラムをお送りいたしました。

 ________________________

コメント:太字:ブロッガー。核・軍備など暴力支配は自由(真理・平和・・・・)を奪っている。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close