2/20(水)院内集会<エネルギー・環境「国民的議論」の意味>@衆議院第二議員会館

紅林進です。
昨年夏のパブリックコメントなどの「国民的議論」では、圧倒的多数の
人々が「原発ゼロ」を選択しました。
しかし安倍政権は、それを無視し、反故にし、原発の再稼働、新規増設
までも進めようとしています。
今改めてエネルギー・環境に関する「国民的議論」の意味を問い、今後
の課題を共有する院内集会を、eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策
を実現する会)では、2月20日(水)に衆議院第二議員会館で開催します。
平日の昼間ではありますが、参加可能な方は是非ご参加ください。
(以下転送・転載大歓迎)
————————————————————–
2/20 院内集会
エネルギー・環境「国民的議論」の意味
http://e-shift.org/?p=2511
————————————————————–
安倍政権は、民主党政権下で閣議決定された「革新的エネルギー環境戦略」
の原発ゼロ方針をゼロベースで見直すと表明、エネルギー基本計画の見直し
についても、これまで議論を重ねてきた基本問題委員会ではなく、新たな枠組
みをつくるとしています。

しかし、2012年夏の「国民的議論」では、さまざまな手法で市民の意見の集約
が試みられ、「少なくとも国民の過半が原発ゼロを望む」とまとめられました。

特に、パブリックコメントでは、総数8万9000件以上のうち9割近くが、「原発
ゼロ」を選択しました。これらの結果にもかかわらずの「ゼロベースの見直し」
は、はたして国民の声を受け止めていると言えるのでしょうか?

今改めてエネルギー・環境に関する「国民的議論」の意味を問い、今後の課題
を共有します。

●日時: 2月20日(水)11:00~13:00
●場所: 衆議院第二議員会館 多目的会議室
(最寄:永田町駅、国会議事堂前駅)

 国会周辺図:http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
●内容
1.「国民的議論」の経緯と結果
伊原智人氏 (元国家戦略室)
2.「国民的議論」に国民の声は反映されたか?
三上直之氏 (北海道大学 高等教育推進機構 高等教育研究部 生涯学習計
画研究部門 准教授)
3.「パブコメで未来を変えよう」キャンペーンと自主的意見聴取会
吉田明子 (eシフト/国際環境NGO FoE Japan)
4.市民の声の政策への反映
小島敏郎氏 (元環境省)
5.国会内での動き
阿部知子氏 (国会エネルギー調査会準備会) ※予定
6.パネル形式で質疑応答

●資料代: 500円
●主催: eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
●問合せ: eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
http://e-shift.org
Tel: 03-6907-7217  Fax: 03-6907-7219
Email: info@e-shift.org

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close