イラク戦争をめぐる米兵の戦い1

Ehren Watada: Free at Last
Ehrenワタダ:ついに無料の

  • 印刷 - Print
  • 電子メール - Email
イメージ - Image
By Jeremy Brecher & Brendan Smith, The Nation. October 26, 2009
ジェレミー・ブレッヒャーとブレンダン・スミスによって、国。2009年10月26日
On June 7, 2006, a 28-year-old Army lieutenant named Ehren Watada released a video press statement announcing that he was refusing to deploy to Iraq because the Iraq War was illegal and his “participation would make me party to war crimes.” After three years of trying to convict him by court martial, the Army has finally given up and allowed Lt. Watada to resign. Despite his direct refusal of an order to deploy, Watada did not spend a single day in jail.
2006年6月7日に、イラク戦争が違法だったので、彼がイラクに展開することを拒否していたと発表しているビデオ・プレス声明と彼の「参加は、私に戦争犯罪の関係者を作ります」を、Ehrenワタダという名の28才の軍大尉は、リリースしました。軍法会議によって彼に有罪判決を下そうとする3年後に、軍は最後にやめて、ワタダ大尉が辞任するのを許しました。展開する命令に対する彼の直接の拒絶にもかかわらず、ワタダは刑務所で一つの日も過ごしませんでした。

Lt. Watada finally free of Army
ワタダ大尉は、軍が最後にありません

  • 印刷 - Print
  • 電子メール - Email
イメージ - Image

Victory press conference, SF 10/8/09
勝利記者会見、SF 10/8/09
Courage to Resist. October 8, 2009
抵抗する勇気。2009年10月8日
Courage to Resist was delighted to join the Lt. Ehren Watada victory press conference organized by Asian Americans for Peace and Justice this morning in San Francisco Chinatown’s Portsmouth Square park. Ehren was the first military officer to publicly speak out against and refuse to deploy to Iraq back in June 2006. In February 2007, Ehren stood before a general court martial and faced seven years in the stockade as over a 1,000 supporters rallied nearby at the gates of Fort Lewis, WA.
サンフランシスコ・チャイナタウンのポーツマス・スクエア・パークで今朝Peaceと司法省のためにアジアのアメリカ人によって組織されるEhrenワタダ勝利記者会見大尉に加わって、Resistへの勇気は、うれしかったです。Ehrenは、公的に反対意見を述べて、2006年6月にイラクに展開することを拒否する初の将校でした。2007年2月に、高等軍法会議の前に立てられて、もう一度柵で7年を直面しますEhrenフォート・ルイス(WA)の入口で、近くで結集される1,000サポーター。
To celebrate Ehren’s long-awaited discharge last week, artist Betty Kano encircled the speakers’ podium with a traditional drum-call and poets and members of the community spoke out. Ehren never spent a day in the stockade and never backed down from his assertion that the Iraq War was and remains an illegal occupation. To understand how this victory came about, please checkout out “How Lt. Watada and GI resistance movement beat the Army” by Jeff Paterson, February 14, 2007.
先週Ehrenの待望久しい解放を祝うために、アーティスト・ベティ・カノウは伝統的なドラム-呼び出しで話者の台を取り囲みました、そして、詩人とコミュニティのメンバーは意見を述べました。Ehrenは柵で日を決して過ごさないで、イラク戦争が違法な仕事で、ままであるという彼の断定から決して後へ引きませんでした。この勝利が起こった方法が「なんて、ワタダ大尉とGI抵抗運動は、軍を負かしたでしょう」からチェックアウトを喜ばせると思うためにジェフ・パターソン(2007年2月14日)によって。

Army finally accepts Lt. Ehren Watada resignation
軍は、Ehrenワタダ辞任大尉を最後に受け入れます

  • 印刷 - Print
  • 電子メール - Email
イメージ - Image
By Audry McAvoy, Associated Press
オードリ・マカボイ(AP通信)によって
September 25, 2009
2009年9月25日
The Army is allowing the first commissioned officer to be court-martialed for refusing to go to Iraq to resign from the service, his attorney said late Friday. First Lt. Ehren Watada will be granted a discharge Oct. 2, “under other than honorable conditions,” attorney Kenneth Kagan said. Watada told the Honolulu Star-Bulletin he was happy the matter has finally been closed. “The actual outcome is different from the outcome that I envisioned in the first place, but I am grateful of the outcome,” he said.
部門を辞めるためにイラクに行くことを拒否するために軍法会議にかけられるのを、軍は初の士官が許していると、彼の弁護士は金曜日遅くに言いました。「尊敬すべき状況より他の下で」Ehrenワタダ2等陸尉は10月2日に解放を与えられます。そして、弁護士ケニス・カーンが言われます。ワタダは、彼が問題が最後に閉じられたので満足であるとホノルルStar-ブリテンに話しました。「実際の結果は私が第一に心に描いた結果と異なります、しかし、私は結果で感謝します」と、彼は言いました。
Background: How Lt. Watada and GI resistance movement beat the Army
背景:ワタダ大尉とGI抵抗運動は、どのように軍を負かしましたか
Commentary by Jeff Paterson, Courage to Resist. February 14, 2007
ジェフ・パターソン(抵抗する勇気)による解説。2007年2月14日
米軍内部の注目する二つの戦い WATADA中尉(ハワイ州出身日系三世)、ワシントンストライカー旅団 のイラク派遣拒否
  • 印刷 - Print
  • 電子メール - Email
イメージ - Image
By Sari Gelzer, Truthout. May 14, 2009
サリー・ゲルツァーによって、Truthout。2009年5月14日
In a victory for Lt. Ehren Watada, the Justice Department decided last week that it would drop attempts to retry the officer for his refusal to deploy to Iraq. Watada’s lawyer, James Lobsenz, believes the decision was a case of legal realism. “They were going to have a really difficult time explaining why double jeopardy wasn’t violated,” said Lobsenz in reference to Watada’s first court-martial, which ended in mistrial and would have violated his Fifth Amendment right to not be charged for the same crime twice.
Ehrenワタダ大尉の勝利では、彼の拒絶がイラクに展開する役員を再び試みる試みを下ろすと、司法省は先週決定しました。ワタダの弁護士(ジェームズ・ロブセンツ)は、決定が法律リアリズムのケースであったと思っています。「彼らは、二重の危険がなぜ犯されなかったかについて説明している本当に難しい時間がありそうでした」と、ワタダの初の軍法会議に関するロブセンツは言いました、そしてそれは、無効審理で終わって、二回同じ犯罪のために満たされないために彼の黙秘権を侵害しました。
Also: The trials of Ehren Watada
また:Ehrenワタダの裁判
By Jeremy Brecher & Brendan Smith, The Nation. May 19, 2009
ジェレミー・ブレッヒャーとブレンダン・スミスによって、国。2009年5月19日

Case dropped against Lt. Ehren Watada! 
訴訟は、Ehrenワタダ大尉に対して減少しました!

  • 印刷 - Print
  • 電子メール - Email
イメージ - Image
Last week Courage to Resist supporters took action to ask the Solicitor General to drop the Army’s appeals against Iraq War refuser Lt. Ehren Watada. Yesterday, he did just that!
先週、法務次官にEhrenワタダ・イラク戦争拒絶者大尉に対して軍の訴えを下ろすよう頼むために、サポーターに抵抗する勇気は、行動を起こしました。昨日、彼はちょうどそれをしました!
Mark Jensen. May 8, 2009
イェンセンをマークしてください。2009年5月8日
On Wednesday, at the request of the Justice Department, the 9th U.S. Circuit Court of Appeals dropped the government’s case against Lt. Erhen Watada, which has been followed closely on this web site since June 7, 2006, when Lt. Watada publicly stated at Associated Ministries in Tacoma the reasons for his principled refusal to deploy to Iraq. –The Associated Press said that “Watada’s attorney, James Lobsenz, said in a news release that his client anticipates he will soon be released from active duty and ‘plans to return to civilian life and to attend law school.'”[1]
水曜日に、司法省の依頼により、ワタダ大尉がイラクに展開する彼の理にかなった拒絶の理由をタコマでAssociated Ministriesで公的に述べたとき、第9の米巡回控訴裁判所はErhenワタダ大尉(それは2006年6月7日からこのウェブサイト上で密接に追従されました)に対する政府の訴訟を取り下げました。-「彼が現役勤務と『一般人の生命に戻って、ロースクールに通う計画』からすぐに解放されることを、彼のクライアントが予期すると、ワタダの弁護士(ジェームズ・ロブセンツ)は、記者発表で述べていました。」[1つ]ために、AP通信は述べました

End the U.S. Armys prosecution of Lt. Ehren Watada!
Ehrenワタダ大尉の米国Armys起訴を終えてください!

  • 印刷 - Print
  • 電子メール - Email
イメージ - Image
The Justice Department can say no to Army’s legal appeal; “
司法省は、軍の法的訴えを断ることができます;Dear Solicitor General: Tell the Army to drop the appeal against Lt. Watada”
親愛なる法務次官:ワタダ大尉に対して訴えを下ろすように軍に言ってください」
By the Ad Hoc Campaign to Free Ehren Watada. April 27, 2009
広告によって、HocはEhrenワタダを自由にするために運動します。2009年4月27日
In June 2006, U.S. Army 1st Lt. Ehren Watada refused orders to Iraq on the grounds that the war was illegal and immoral. His court martial in February 2007 ended in an Army-contrived mistrial. In October 2007, the Army attempt to have a second court martial was stopped by a Federal judge who ruled that a second court martial would be double jeopardy. But the Army has not allowed Lt. Watada to leave military service. Instead, they have notified the U.S. Court of Appeals, Ninth Circuit of their plans to appeal the double jeopardy ruling. The Army has also threatened to revive old charges stemming from Lt. Watada’s speech in Seattle to the 2006 convention of Veterans For Peace.
2006年6月に、戦争が違法で不道徳だったという理由で、Ehrenワタダ米陸軍2等陸尉は命令をイラクに対して拒絶しました。2007年2月の彼の軍法会議は、軍不自然な無効審理で終わりました。2007年10月に、2回目の軍法会議が二重の危険であると決定したFederal裁判官によって、2回目の軍法会議をする軍試みは、止められました。しかし、軍はワタダ大尉が兵役をやめるのを許しませんでした。その代わりに、彼らは、米連邦高裁(支配している二重の危険を上訴する計画のNinth Circuit)に通知しました。軍は、シアトルでのワタダ大尉のスピーチからVeterans For Peaceの2006年の慣例まで生じている古い弾薬を復活させるとも脅迫しました。

Judge bars retrial for Lt. Watada’s refusal to deploy to Iraq
ワタダ大尉の拒絶がイラクに展開する判事バー再審

  • 印刷 - Print
  • 電子メール - Email
イメージ - Image
By Mark Jensen, UFPPC. October 22, 2008
マーク・イェンセンによって、UFPPC。2008年10月22日
A federal judge said Tuesday that Lt. Erhen Watada cannot be retried on the most serious charges against him, because he is protected by the U.S. Constitution’s ban on double jeopardy, the Associated Press reported.[1]
彼が二重の危険(AP通信reported.[1つ])の米国憲法の禁止によって保護されているので、Erhenワタダ大尉が彼に対して最も莫大なチャージで再び試みられることができないと、連邦裁判官は火曜日に言いました
Lt. Watada refused to deploy to Iraq in June 2006 on the grounds that the Iraq war is illegal, and his U.S. Army court-martial in February 2007 ended in a mistrial.
イラク戦争が違法であるという理由で、ワタダ大尉は2006年6月にイラクに展開することを拒否しました、そして、2007年2月の彼の米陸軍軍法会議は無効審理で終わりました。

Two years later, Lt. Watada remains in legal limbo
2年後に、ワタダ大尉は、法的limboのままです

  • 印刷 - Print
  • 電子メール - Email
イメージ - Image
By Courage to Resist. June 15, 2008
抵抗する勇気によって。2008年6月15日
The U.S. Army’s case against 1st Lieutenant Ehren Watada remains unresolved, 2 years after Lt. Watada boldly and publicly refused deployment to Iraq with his unit in June 2006. Seven months ago U.S. District Judge Benjamin H. Settle set in place a temporary injunction against a second court martial after theprosecution and military judge orchestrated a mistrial during the first trial in February 2007.
ワタダ大尉が2006年6月に彼の単位で配備をイラクに対して大胆に、そして、公的に拒絶した2年後に、中尉Ehrenワタダに対する米陸軍の訴訟は、未解決のままです。7ヵ月前、起訴側と軍の裁判官が2007年2月に第一審の間に無効審理を組織化したあと、ベンジャミンH.セトル米国の地区判事は2回目の軍法会議に対して一時差し止めを実施されているように設定しました。
Lt. Watada remains stationed at Fort Lewis, Washington where he works a desk job and is under no special restrictions. Though his term of service ended in December 2006, these ongoing legal proceedings prevent his release from duty.
ワタダ大尉は、フォート・ルイス(彼が机の仕事をして、特別な規制の下にいないワシントン)に配置されるままです。サービスの彼の任期が2006年12月に終わったけれども、これらの進行中の法的手続きは彼の解放に対して任務を妨げます。

イラク戦争をめぐる米兵の戦い2

もうひとりはブレディマニングス上等兵 イラクでの米軍のヘリコプターからの民間人殺戮をウィークリークスを通じて世界に暴露した青年です。
彼の戦いは現在進行形です。抵抗への勇気はメール配信を受けることができます。大津
憲法改悪の次はこのような命をかけた戦いを日本人はできるでしょうか?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close