米国が用意した台本通りに茶番演じる安倍害交

植草一秀の『知られざる真実』2013年2月26日 (火)http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-a40d.html

米国が用意した台本通りに茶番演じる安倍害交

日本のマスメディアは安倍晋三氏の訪米を持ち上げる報道を懸命に展開しているが、壮
大な三文芝居、茶番の域を出ていないことは誰の目にも明らかだ。

安倍晋三氏がオバマ大統領にゴルフのパターを贈呈し、

Get in the hole! Yes, we can!

とジョークを飛ばしたとメディアは伝える。

そのうえで、こうした当意即妙のやりとりがあったおかげで、日米首脳会談で「聖域な
き関税撤廃」を前提としないことが確認され、日米共同声明が発表できたのだという。

さすがは、「やらせ」と「仕込み」を専売特許とする日本のマスメディアである。

こうした報道を繰り返し、安倍訪米が成功であったとのイメージ・キャンペーンが展開
されている。

ここまでやると、よほど間の抜けた人でなければ、逆に報道に対する不信感が増幅され
るばかりである。

スポンサー収入が減ったテレビ局と出演料が減少したタレントのタイアッププログラム
である、テレビを活用した通販番組、別名、「売りつけ番組」の仕様とほとんど変わら
ない。

「青汁○○」の売りつけ番組などでは、飲食店を経営する主人が出てきて、朝から晩ま
での激務で成人病体質になり、ついに脳卒中で倒れてしまう。

ところが、その後に「青汁○○」に出会ったおかげで、いまでは元気はつらつ、血糖値
も血圧も下がって、健康三昧の生活を送っている。

あるいは、床に鍋の汁をこぼしてしまってカーペットを汚してしまった。

しかし、この「○○クリーン」を使って、カーペットをひとつまみするだけで、あらび
っくり。カーペットのシミもすっかりきれいになった。

スタジオの観客が一斉に感嘆の声をあげて拍手喝采。

こんな「やらせ」プログラムが専売特許というのが、日本のテレビメディアである。

安倍晋三氏は「聖域なき関税撤廃を前提とする限り、TPP交渉には参加しない」との
フレーズを、常に一字一句違わぬように発言してきた。

そして、年が明けて、日米首脳会談が2月末に先送りされてしまうと、今度は、

「聖域なき関税撤廃を前提とするのかどうかを日米首脳会談で直接私が確かめて判断し
たい」

と言い始めた。

完全なる「やらせ」、「出来レース」、「三文芝居」、「茶番」である。

「TPPに聖域を設ける」

「日本の国内事情を鑑み、コメ、小麦、乳製品、牛肉、砂糖については例外措置を認め
る」

ことを安倍氏が交渉を通じて勝ち取ったというなら、それは一定の成果と言えるだろう

しかし、一連のやり取りで明らかになったことは、

「一方的に全ての関税を撤廃することをあらかじめ約束することを求められるものでは
ないことを確認」

しただけである。

その一方で、

「全ての物品が交渉の対象とされること」

が明記された。

さらに、

「日本が「TPPの輪郭(アウトライン)」において示された包括的
で高い水準の協定を達成していくことになること」

も確認されている。

つまり、消費税増税法案に賛成する条件として、景気条項をつけるような話でしかない

「例外なく消費税率を引き上げることを前提とする以上消費税率引き上げ法案には賛成
できない」

と主張していた人が、

「例外なく消費税率を引き上げることをあらかじめ約束することを求められるものでは
ない」

ことを確認したとして景気条項を付けた消費税増税法案に賛成するようなものだ。

景気条項とは、「2013年10月までに経済状況を踏まえて消費税増税の実施を最終
判断するもの」というもの。

これが「単なるお飾り」で、消費税増税を強行実施するための、一種の「偽装工作」で
あることは誰もが知っている。

「聖域なき関税撤廃」を前提とはしないということだから、たったひとつでも例外品目
が設定されることになるのだろう。

しかし、そんな些細な一事とTPP参加という重大事を取引できるわけがない。取引す
べきでもない。

言葉の偽装、レトリック、一種のペテン=詐欺を用いて、このような重大事を押し通し
、その欺瞞を糊塗するために、メディアが政府絶賛報道を展開する。

これは小泉竹中政権による「りそな銀行救済劇」のパターンとまったく同一だ。

「自己責任原則の貫徹」が崩壊して「公的資金による銀行救済」に堕落した政策対応を
日本経済新聞が「画期的な金融改革」と偽装報道した。これで汚点となる政策対応が正
義の政策対応に塗り替えられた。

米国がシナリオを描き、米国の僕(しもべ)たちが台本通りに三文芝居を演じているだ
けに過ぎない。

==========

Comment:  Get in the hole! Yes, we can! (ana ni hairo! mochiron, dekirusa!) Haji mo gaibun mo

nai towa kono koto!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close