新聞とテレビをどこまで信じていいか、その判断が日本人に最も求められる

いろひらさん
孫崎さんの視点、興味深く、また同意しながら読ませて頂きました。
この文章を読んだ友人が、次のようなコメントを寄せてくれました。
(マスコミで働いていた人間です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本のメデイアには、真実を伝えることはできません。それは、
真実を伝えること、自身の知的好奇心を刺激することを目的と
せず、自らの権力欲を満たす(つまり社内で出世すること)こと
にしか興味のない社員が99%だからです。
彼らの興味は、半径50m以内の権力関係のみ。正直、日本の
未来や世界情勢など、どうでもいいのです。残念ながら、それが
メディアの人間の実態です。その現実に辟易した心ある人間は、
皆退社していきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカに支配されるマスコミ、同時にマスコミで働く日本人の
特質が、相互に補完しあって「国民を不幸にする日本のマスコミ」
を作り上げている実態が浮き彫りになってきます。
内容は違えど、戦前の軍部とマスコミの関係に酷似しているのでは
ないでしょうか。
金野奉晴

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close