With 夜はラジオと決めてますニュース内容&ニュース深堀、秋山さんの原発難民のお話、福島から避難された方のお話(2013/3/6)

 永岡です、夜ラジニュース、今日は日本初の宇宙飛行士の秋山豊寛さんがパーソナリティー、ニュースは水野晶子さん、ニュース深堀は上田崇順さんの案内で放送されました。今日は秋山さんの原発避難のお話も含めて3つのお話です。

 ニュースは水野さんの担当でした。

 普天間のオスプレイ、和歌山~四国で飛行訓練であり、岩国を拠点に行われます。秋山さん苦笑され、防衛大臣のコメントを批判されて、どこを飛んだか分からないのかと怒られて、すっとぼけていると批判して、水野さんも怒られて(私も怒りながらキーボード叩いています)。低空飛行をして、過去アメリカは事故の前科があるのです。94年に高知で死者二人の前科、奈良でもワイヤー切断の前科ありです。それなのに小野寺氏…です。

 27年前の再審、名古屋高裁が再審開始を否定です。直接証拠なし、知人の供述を期に逮捕、一貫して否認したのに、判決確定で、裁判やり直しを請求し、地裁は決定したのに、この始末です。秋山さん、刑事裁判は疑わしきは被告の利益と言うのに、裁判所、再審請求が続出したら、昔の裁判がヤバイと疑われるのを恐れていると言われました。今回の事件、犯行を目撃した証言、物証もなく、客観的な証拠なし、間接証拠の積み上げで立証され、再審の条件が新しくてはっきりしたものというルールを適用したものと専門家の見方もあり、そうなると再審のハードルは高くなるのです。また鹿児島の34年前の事件も、裁判所は再審を認めていないのです。自白の強制が問題になりました。

 一票の格差の是正、選挙の無効を認めた裁判、違憲であり、しかし選挙の無効は認めませんでした。秋山さん、これをやらないと国会はサボる、普通の声の届かない永田町ではなく、届かせるために、次の選挙ギリギリまでとさせるのではなく、違憲状態から是正するチャンスはあった。民意の反映を、国民の代表を選ぶため、手直しだけでなく、抜本的な対策が要る、訴訟一揆がいると言われました。全国31の選挙区で格差訴訟で、17日までに判決が出るのです。違憲と、「違憲状態」と異なり(永岡注:「冷温停止状態」同じか(笑))、試験は落ちたが勉強したから合格というようなものと秋山さん言われました。「違憲状態」は待ってあげる状態(執行猶予と同じ)、違憲はタイムリミットなしなのです。秋山さん、司法は現状追随をやるのか、わかりやすく無効にせよと言われました。これ、最高裁の苦肉の策で、本当に無効になったら、選ばれた議員、作った法律の問題があり、公の利益に著しく害があり、その際は取り消しなしでいいということをやっていると水野さん説明され、秋山さん、理屈でなく、日常の感覚でおかしいのにチェックしていないのはおかしいと言われました。最高裁も行政に引きずられているが、おかしいのをおかしいと言えないのは法治国家か?司法もつるんでいたら法秩序はダメだと、司法への不審がたまると、司法は考えよと言われました。

 北朝鮮の核実験、アメリカは新たな制裁決議を展開です。弾道ミサイル技術、核実験を禁止で、秋山さん、会場の臨検(相手国の船を見る、戦争時の用語)をどうすると言われて、水野さん、日本政府は戦争とは違うと言うものの、具体的にどこまでやるかは不明(各国が、自国の法律に照らし合わせる)で、それで中国が折り合ったわけであり、各国の貨物検査、日米は義務付けたくても中国が反対し、義務付けたら武力衝突になる(その際戦争になると、秋山さん、水野さん解説)。アメリカは国内法に照らして、警告の射撃(停船させるため)、目的地変更はOKらしいのです。イギリスも強い強制力あり、で、日本は…海自は進路変更、停止は要請(お願い)のみなのです。では、中国はどうするのか?義務を怠っても、罰はなし?秋山さん、日本には際どい状態になり、これが日本の国会でどうなるか注目しないといけない、国内法を変えることもあり、海上保安庁の仕事であるが、自衛隊を出せと言う話になったら、相当きなくさいと言われました。

 今日は、水野さんのお話、日本語に出来ないものが多く、本当にお疲れ様でした(これ、水野さんと秋山さんのやりとり、英語に同時通訳できませんよ(泣)、日本語にならないのは橋下氏の発言だけにしてください(笑))。

 秋山さんの喜怒哀楽、今日は秋山さんが福島原発事故で福島から避難されたお話でした。喜怒哀楽ではなく、悲しみと怒りの混じった話と言われて、また3・11が来る、関西に来たのが3・11で、その敬意をまだ夜ラジで話していない(たね蒔きジャーナルで以前語られました)ので、今日です。秋山さんはジャーナリストで、岩波の本で原発難民日記を出されて、まもなく丸2年、秋山さんは関西に来て仕事があり、ラジオでも話せるが、被災者の中でもつらい人もいて、その時のトラウマが残っている難民もあり、秋山さんはパレスチナ難民と同じで、自分の意思によらない不自由な生活を強いられている意味で、原発事故にあった人は難民と言われました。

秋山さん、地震は福島で標高620m、原発から32km、福島は太平洋側と、新潟側(会津)は雪の量が違い、2~3月に雪が降り、今頃は桜が咲き始める頃、鳥の移動が始まり、一昨年は雪もなく、地震時に桜の蕾が出てきて、鳥も移動し、小鳥は草の実を食べる、えさを求めてあるので、鳥のために古米を撒いてやったのです。東北は3・11の前に震度3は日常的で、地震の前に山鳴りがする。秋山さん、古い農家を改築したところであり、居間が大きく、そこを万一の前に掘りごたつを作り、しかし原発事故はいろいろな本を読んで(スリーマイル、チェルノブイリ、東電訴訟も取材、本当のことを言わない東電を知っていた)いたのに、地震時にひょっとたらと思ったが、ボコボコに壊れるわけはないと思っていて、それで福島に来ていたのです。また秋山さんのところ、活断層が少なく、地震を恐れず、むしろ浜岡が心配で、東京の人に万一ならこっちへ逃げろ、東京が被災したら、福島が応援に行くと、実態と逆の想定であったのです。

 3・11、山鳴りがして、古米を食べていた鳥が飛び上がり、枝に飛びつき、横揺れ数分、揺れが2回、書斎から本が出て、神棚もだるまとか落ちて、これはいつもと違うとなり、震度6強、家を建てるときに盛り土はダメであり、揺れは激しくても家は梁構造で無事であったのです。で、これを片付けるかと、プロパンが漏れていないか、水は大丈夫か、電気も大丈夫か?テレビはひっくり返り、ラジオで聞いて、マグニチュード8と聞き、しかし被害はまだ知らず、テレビを叩いて(ブラウン管)、固定電話で、友人より、原発について聞かれて、秋山さんはヤバイと思い、東電は大丈夫と言うが逃げたほうがいいとアドバイスして、この友人、町会議員で、東電のデタラメを知っている。東京から友人が心配して連絡くれて、そうなるとラジオのニュースもその部分が耳に入る。そこから想像力が働き、そのうちにヤバイとなり、メルトダウンしたとなり(ネットでは情報が飛んでいたが、秋山さんネットはご存じなし)。夜中の3時まで片づけして、朝目が醒めると、翌日いい天気で、作業を始めようとしたら、コンビニに行くと、大熊町の人がバス+乗用車で避難していて、コンビニでパン売り切れ=大熊町の人が買ったわけで、町内を見たら、ラジオで、空中からセシウム!ヲイヲイとなり、炉心が壊れないとセシウムは出ない+ベントをやったとは知らない、ベント成功=周辺住民被曝、秋山さん、おかしいとなり、どこに逃げるかとなり、アメリカは80km避難という基準を知っており、郡山より先で、新潟は柏崎、東京は浜岡がある、北上も困難で、軽トラックに30リットルあり、浜岡事故のためのガイガーカウンターがある(7000円)が部屋で鳴らず、ベントなら秋山さんのところに来るとなり、東京の友人に頼み、磐梯熱海の温泉が無事で、途中ガソリンスタンドは全部売り切れ、ネットでおかしいと知った人が夜のうちにみんな逃げた。給油車がなく、郡山に行って新幹線となると、止まっている。仙台空港に行くはずの人が福島空港で降ろされ、それで福島空港から逃げて、逃げた後に情報を収集して、メモを取っていた4日間なのです。

 今日はここまでで、来週続きを秋山さんお話されるそうです。

 ニュース深堀は上田さんの担当で、福島事故で関西に避難された方お二人のお話でした。

 東日本大震災2年、夜ラジと報道するラジオで特集です。近畿に避難された方のお話です。スタジオに、茨城(福島の南となり)、古部(ふるべ)真由美さんです。政府がメルトダウンを発表したのが2011年の5月12日、夫の友人が3月20日に危ないと言って、原発から150km(大飯→大阪より遠い=大飯が吹き飛べば大阪アウト)も危ないのです。

 家族は、3人、小学3年(当時1年)のお嬢さんとご主人で、古部さんも仕事をされて、筑波は車社会、電気・ガスがなくなりゴーストタウン、SF映画のようなのです。家族で避難したのです。今は、ご主人は仕事で帰られて、関西の親戚の家に来て、ライフラインが回復したらすぐ帰れると思ったが、帰ろうと思ったら、筑波のほうれん草が出荷停止、ニューヨークタイムズがメルトダウンと書いて、職場が防災のところで、備えよと言われていたので帰られなかったのです。情報は海外、友人であって、日本のメディアではなかったのです。秋山さんも逃げる時、大丈夫キャンペーンをテレビでやり、しかし福島では避難所に殺到+ボディチェック、ドイツ大使館は逃げた、中国人が関西から逃げたと、日本のメディアの言うことと違っていたのです。身を守るため、古部さんも葛藤であり、自分で決めないといけなかったのです。

 古部さんの友人、お話をして、みんな逃げてガランとなり、卒業式は1/3しかいなかったのです。

 今大変なのは、古部さん生活が二重になり、家賃も二重。福島は県外避難の受け入れを通達したのに、茨城はなく、受け入れ先なし。茨城も福島と同じくらい汚染されるところもあり、筑波も国が除染するのに、汚染マップが出ず、精神的にも追い詰められ、これを親戚、家族の理解を得るのが大変だったのです。科学的におかしいと言うのが異端視される空気であったと秋山さん言われました。古部さん、筑波の汚染マップは配られて、しかし関西の人は理解できないのです。

 ご主人、筑波で生活して、帰ってきてと思うものの、どんどん情報が出て、これでは子供は戻れないとなり、ご主人もダメと、戻れと言わなくなったのです。マップは土壌汚染のみ、空中線量は最初出たものの、ガイガーカウンター、0.2マイクロ、福島と同じであったのです。

 東電の補償はゼロ、ADRなし、茨城は弁護士も相談に乗らないのです。ADRとは東電の訴訟で、福島の人はまとめて訴訟する制度があり、しかし茨城はエリア外なのです。

 もうお一人、お電話で、南相馬→奈良に避難された高橋さんです。原発から32km、秋山さんと同じ。加須構成は、単身。奈良に避難されたのは、1週間難民であり、3月19日、奈良県営住宅に入ったのです。

 今大変なのは、単身なので身軽であるが、全体を見渡すと、古部さんのように母子避難は大変、単身の男性も仕事の関係で大変なのです。高橋さん、旅館をやっていて、観光旅館、地産地消で、キャンプの人を入れて、料理も難しく、観光業は困難。旅館は南相馬、復興業者がたくさん来て、営業は出来るものの、汎場になるのです、高橋さんの目指す旅館とは違う、営業できないのです。高橋さん39歳、分岐点なのです。風呂屋→旅館に高橋さんして、アウトドアの施設にして軌道に乗りかけた時期にこの事故なのです。農家と提携して、地元の野菜を出していたのに、です。

 奈良にいて大変なことは、高橋さん生活をどうするかであり、出来れば事業を再建したが資本なし。あちこち講演して、こういう農地、店を使ってと奈良で言ってもらい、それを活用して、再建につなげたいのです。

 秋山さんも32kmであり、30km圏内は支援が得られて、それ以外は一律8万円(秋山さん受け取っていない)、公的支援は厳しく、関西の人、30kmということで、それ以外援助は受けられないことを知っているのかと言われました。

 高橋さん、今までやってきた営業がまたできるのか、南相馬、地形が変わり、下がり、浜がなくなり、たくさんの人が亡くなり、サーファーの人も申し訳なくてできないのです。お客さんはいなくなったのです。

 お二人とも自身で避難されて、高橋さん建物は残っており、30km圏外は固定資産税を徴収される(秋山さんも、古部さんも)のです。二重生活+請求であり、古部さん、必要なサポートは、震災前に戻せない(放射能は消えない)ので、新しい生活を作らないといけないのに、1年2年で納得できず、県外避難した人も公営住宅に入れない人もいる、住宅、仕事の支援がいるのです。秋山さん、30km圏と言う言い方はおかしい、ホットスポットはある、群馬の那須塩原もそうであり、具体的なことをやっていない。民主党も、自民も金を使わず、被災者に責任を負わせようとしているのです。

 総務省に、全国避難者情報があり、これに登録すると情報が得られます。

 古部さんのまるっと西日本のHPは、

http://maruttonishi.jimdo.com/

 です。

明日は、原発訴訟のことを特集し、3月11日は報道するラジオの90分特番です。

私も阪神・淡路で被災し、地震の恐怖は知っているつもりでしたが、今日のお話はキーボードを叩く手も怒りに震え続けました。この内容、もちろん私に無断でいくらでも広めてください。私も命ある限り、世界中の原発が一つ残らず止まるその日まで、こういう番組を追跡します。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close