地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします、たんぽぽ舎です。【TMM:No1767】

 永岡です、たんぽぽ舎の各種原発情報をお送りいたします。
<以下、転送>

たんぽぽ舎です。【TMM:No1767】
2013年3月7日(木)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

転送歓迎
━━━━━━━
★1.経産省前テントは不法占拠ではない!
テント撤去の動きに反撃の声を上げてほしい
【経産省前テントアピール】
★2.3/12(火)『脱原発と政治・選挙』山本太郎さん講演会のご案内
反原発自治体議員・市民連盟
★3.【原発ゼロ!でも、横浜の夜景は変わらない】
2月22日第17弾デモ報告
止めよう原発!神奈川・東電デモ実行委員会 金子やよい
★4.新聞・雑誌より
◆原発事故 汚染土運び先なし 4811カ所
福島 仮置き場確保難しく  (3月3日茨城新聞より抜粋)
◆福島の汚染土 生活空間に山積み
展望なく募る不安    (3月3日茨城新聞3面より抜粋)
━━━━━━━
◆3月9・10日の連続行動にご参加を

1.3月9日(土)「つながろうフクシマ!さようなら原発大集会」
明治公園で集会開始 14:00 パレード出発 15:15
主催:さようなら原発1000万人アクション
日本青年館横の小公園(藤棚のある所)に13:00
目印は、黄色のたんぽぽ舎のぼり旗です。

2.「3・10原発ゼロ★大行動」
日比谷野音集会開始 13:00 デモ出発 14:00
国会前抗議行動 17:00から19:00
主催:首都圏反原発連合(たんぽぽ舎も構成団体の1つです)
日比谷野音内の左側・たんぽぽ舎ののぼり旗集合 12:00
日比谷野音の入り口でビラまきします。ご協力をお願い致します。
━━━━━━━

┏┓
┗■1.経産省前テントは不法占拠ではない!
|  テント撤去の動きに反撃の声を上げてほしい
|  【経産省前テントアピール】
└──── 経産省前テントひろば

経産省前テントは不法占拠ではない!
今こそ、福島との連帯を深め、子どもを守れ!
規制委員会「新安全基準」骨子案反対!
大飯原発即時停止!
全原発廃炉!の闘いを強めよう!

1、経済産業省前に、脱原発を掲げた3つの小さなテントが立っている。彼の地
は経済産業省が管理する国有地であり、私たちは、「暫し国有地を貸して頂きた
い」旨の借用申請を行っている。原発により、命と財産、故郷と未来を奪われた
人々の止むに止まれぬ対政府行動の拠り所として不可欠だからである。

2、テントは、2011年9月11日に建てられ、以降500日を越えた。テン
トには、まず福島の女達が駆けつけ、3間連続の座り込みを行った。それを引き
継ぎ、全国の女達の10日に及ぶ座り込みや、未来を孕むおんな達のとつきとお
か連続行動が続き、1ヶ月に及ぶ集団ハンストも行われた。テント前での年末年
始行動も行なわれた。
そこには、原発の再稼働に反対する人々が全国から集った。福島の被災者が集
まった。子ども達の避難を求める人、奪われた故郷の繋がりを求める人、健康診
断・医療保障を求める人、生活補償を求める人、安全な食を求める人、責任者処
罰を求める人、農業、漁業、酪農、工業の補償を求める人々が全国から集った。
福島の被災者、避難者の叫びが、止むに止まれぬ行動に転化し、要求を掲げ、
総理府、経済産業省、文部科学省、農林省、外務省、環境省・規制庁、国会へと
要請行動が繰り返えされ、それが全国の市民の心根を揺さぶったからである。

3、安倍政権が原発再稼働の姿勢を明確にする中、一部のこころない人々による
「不法占拠だ!」の声の下、テント『襲撃』事件が起きている。しかし、テント
は断じて「不法占拠」などではない。
福島の方々をはじめとする、人として根源的な要求に基ずく、止むに止まれぬ
行動は、まさに憲法が、遍く国民に保障するところの、第11条、基本的人権の
普遍性・永久不可侵性をその根拠とし、第13条、幸福追求権、第16条、請願
権、第21条、集会結社・表現の自由、第25条、生存権行使の行使に他ならす、
その拠り所としての国有地の一時的な「占有」がどうして不法などと言えようか!
経済産業省は、国有地の管理者にすぎない。「生命、自由及び幸福追求に対す
る国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法、その他の国政上で、
最大の尊重を必要とする」(13条)のである。憲法でも法律でもなく、条令で
さえない、経産省庁舎管理規定でテント撤去など出来るはずがないのである。

4、3つの小さなテントが、経済産業省の業務を何ら妨げてはいないことも付言
しておかなければならならない。又、テントには国内外から多数の訪問者があり、
10カ国、三桁を下らないマスコミ取材を受け、テントが原発に対する全国的・
国際的な討議の場となり、“ひろば”としての役割おも果たしていることを強調
しておかなければならない。

5、全国の皆さん!経産省前テントに注目し、経産省前テント撤去を許すな!の
声を上げて下さい。
そして、今こそ、福島との連帯を深め、子どもを守れ!逃がせ! 規制委員会
「新安全基準」骨子案反対! 大飯発即時停止!全原発廃炉!の闘いを強めまし
ょう。

◆連絡先 経産省前テントひろば 電話(070-6473-1947)
東京都千代田区霞ヶ関1丁目3番1号 で郵便も届きます。
◆抗議先 経済産業省(代表電話 03-3501-1511)経済産業省大臣官房会計課

◆行動予定―福島月間(2・22-3・24)を成功させよう!

◎3月9日(土)「つながろうフクシマ!さよなら原発大行進!」
◎3月10日(日)「原発ゼロ★大行進」:日比谷公園野音集会・国会包囲行動
◎3月11日(月)「いのちを想う『誓いのキャンドル・ナイト』:経産省前テント
ひろば、

◆郵便振替口座 00160-3-267170
ゆうちょ銀行 【店名】〇〇八【店番】008(普)5289163
口座名義:経済産業省前テントひろば

2013.02・28、経産省前テントひろば

┏┓
┗■2.3/12(火)『脱原発と政治・選挙』山本太郎さん講演会のご案内
└──── 反原発自治体議員・市民連盟

俳優生命をかけて脱原発を発信し続け、昨年の衆議院選挙では、杉並区から立
候補しあの石原伸晃氏と真っ向勝負し、準備期間も短いながら2位の得票数を獲
得し大健闘した「山本太郎」さんをお招きします。
衆議院選挙の事、脱原発の事、これからの事をたっぷり語っていただきます。

山本太郎氏は声を上げて呼び掛けます。
『市民運動をやってきた者として原発や様々な問題に対しストレートによどみな
く関わっていきたい。地震大国日本は今まさに活動期、原発を動かしてどうする!
子供を守ろう!皆で生き延びよう!』

日 時:3月12日(火)開場:18時30分開会:19時00分
タイトル:『脱原発と政治・選挙』
講 師:山本太郎さん
会 場:「スペースたんぽぽ」ダイナミックビル4F
参加費:800円
主 催:反原発自治体議員・市民連盟

この講演は完全予約制のため、ご予約は下記までお願いいたします。
FAX:03-5211-7199  e-mail:nomorenukes8@gmail.com

┏┓
┗■3.【原発ゼロ!でも、横浜の夜景は変わらない】
|  2月22日第17弾デモ報告
└──── 止めよう原発! 神奈川・東電デモ実行委員会 金子やよい

2月22日(金 猫の日)、東電神奈川支店デモ第17弾が行われました。
定刻通り18:00に桜木町駅前広場でリレートークが始まります。
ここに来て毎回思うのは、横浜の夜景が綺麗なこと。今、東京電力管内では一基
も原発が動いてない!それでも横浜の夜景が変わらないこと。
「原発なくても電力足りてる!」デモコールの通りです。

定刻の19:00にデモはスタート、ジャンベ(太鼓)がアフリカンテイストのリズ
ムを奏で、そこにサンバテイストのホイッスルと鍋が乗っかり、リズミカルでユ
ニークなデモの始まり。
東電・神奈川支店前では、向かいの神奈川地裁側の歩道に、ほぼ毎週やってる
スタンディング行動の“Nonukesよこはまアクション”のみなさん、エールを交
換しつつ共に抗議の声をあげます。
私達の、“命が大事”というレース地ののぼりが夜景に映えます。
参加者は25人と猫5匹!(デモレポート わけサン)

次回、デモ第18弾は、3月22日(金)
桜木町駅前広場:リレートーク18時より、デモ出発19時 (約1時間)
お問い合わせ 金子09065403771 まで

┏┓
┗■4.新聞・雑誌より
└────

◆原発事故 汚染土運び先なし 4811カ所
福島 仮置き場確保難しく

東京電力福島第1原発事故で降り注いだ放射性物質の除染が進められている福
島県内で、住宅や学校、公園など少なくとも4811カ所の汚染土を運び出す先がな
く、現場に置いたままになっていることが2日、県のまとめで分かった。昨年12
月末時点の集計のため、箇所数はさらに増えている可能性がある。(後略)
(3月3日茨城新聞より抜粋)

◆福島の汚染土 生活空間に山積み
展望なく募る不安

放射性物質の除染で出た福島の汚染土が片付かない。現場から運び出して、仮
置き場―中間貯蔵―最終処分と国が描く流れのうち、出発点の仮置き場がなかな
か確保できないからだ。東京電力福島第1原発事故から間もなく2年。「まずは
除染を」と県内各地で作業は進むが、はがした土壌や切り取った木の枝などは袋
に詰め込まれ、多くが生活空間で山積みになっている。(後略)
(3月3日茨城新聞3面より抜粋)

──────────
【編集部より】
メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
「集会・デモ・講演会のお知らせ」に関しては、平等に掲載するため
日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを400字
以内で、またその他投稿に関しては400~800文字以内でタイトル及び
内容をお送り下さい。
宛先は、magazine@tanpoposya.net です。
なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙面の
都合上すべてを掲載できない場合があります。予めご了承ください。
──────────
◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページをご参照下さい。
◆電子メール(Eメール)送ります
たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」を発信しています。
ご希望の方はご自身のEメールアドレスと氏名をたんぽぽ舎あてに件名を
「メルマガ希望」として送ってください。
登録できしだい発信致します(無料)。
たんぽぽ舎のアドレス: 
nonukes@tanpoposya.net
 ◆携帯への送信は、1回の容量が多いためか配信されない例があります。
──────────
たんぽぽ舎     たんぽぽ舎は、月曜~土曜
13:00~20:00のオープンです。
日曜・休日は、お休みです。
〒101-0061
東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
FAX 03-3238-0797
HP 
http://www.tanpoposya.net/

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close