「結論急ぐな!」自民TPP作業部会が大荒れに… ANN

http://www.youtube.com/watch?v=fm-6DR6o3vs&feature=youtu.be
ロリ・ワラックさんが訴える「日本のTPP参加は主権の放棄」第16回TPP交渉会合にて、
国際NGOチームの協力によって、米国交渉官が日本の参?加に
ついて述べたという情報がリークされた。「日本には、一切の再交渉を認めない、文?
言も変えることはできない」という内容だった。まさにこれは、メキシコやカナダが突
き?付けられた条件と同じであり、日本はさらに遅れをとっているため、「内容をただ
受け入?れるだけ」である。米国のNGO・パブリックシチズンのロリ・ワラックさんは
、「安倍?政権はなぜこのような条件を突きつけられているにもかかわらず、参加に向
け急ぐのか。?それはまさに主権の放棄だ」と警鐘を鳴らす。(2013年3月11日撮影・
シンガポー?ルにて)======

14日の安倍総理のTPP事前交渉参加表明を前にして自民党も大荒れになってきました

「結論急ぐな!」自民TPP作業部会が大荒れに… ANN
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000001796.html

いろいろ問題が出てきましたので、自民党もさすがにやばいと思う、代議士も出てきて
いるのでしょう。

=======

シンガポールで開催中の第16回環太平洋連携協定(TPP)交渉会合で、日本が交渉に
参加した場合は、すでに確定した内容について再交渉も文言修正も認めない上、新たな
提案もさせないと米国側が各国交渉官に伝えていたことが11日、
分かった。一般には秘密にされているTPP交渉の情報を収集・発信してきた複数の市
民団体が明らかにした。

情報は、シンガポールで情報を収集している米国の有力非政府組織(NGO)「パブリ
ックシチズン」や、TPP交渉を研究するニュージーランド・オークランド大学のジェ
ーン・ケルシー教授、日本のアジア太平洋資料センターなどが入
手した。

それによると、米国の貿易担当者は、交渉会合に参加する各国の交渉官に、日本が近く
交渉参加を表明した場合は全会一致で認めたいというが、これまで議論が進み確定した
内容については日本は口出しできないこととし、文言修正も認め
ないと説明しているという。

これら市民団体は、日本の交渉会合への参加は9月になるとの見方も示している。日本
が仮に今週、交渉参加を表明した場合、米国議会の承認に90日間かかるため参加を認め
られるのは最短で6月。しかし米国は、9月まで日本の参加は認
めない考えを各国交渉官に伝えているという。

交渉参加国は10月の大枠合意を目指している。協定の内容について再交渉も提案も認め
られず交渉期間も短ければ、貿易や経済などのルール作りに日本は事実上、関与できず
、関税撤廃の例外を確保できるかも極めて不透明になり、交渉参
加の根拠が揺らぐ。安倍晋三首相は今週後半にも交渉参加の是非を判断するとの見方が
出ているが、交渉参加を強行すれば、不利な条件を突き付けられることになりそうだ。

NGO関係者は「後から参加する日本には、これまでの合意内容を丸のみさせ最後のサ
インだけしてもらえればいい、との思惑が米国にはある」と指摘する。米国が日本に厳
しい参加条件を示したのは、日本の参加を認めていないニュー
ジーランドやオーストラリアへの配慮もあるとみている。

日本農業新聞 2013年3月12日

YouTube – Videos from this email

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close