福島の子どもたちのためにアクションを起こそう

皆さま

Avaazコミュニティ嘆願サイトから新しいキャンペーンが発信されました。ぜひ、ご覧ください:


福島県における子どもの甲状腺がんの発生率が異常なほど高くなっています – すでに事故当時18歳以下だった3人が甲状腺がんと診断され、7人に疑いがあると発表されました。それにもかかわらず、福島県知事は適切な対策を取ろうとしません。しかも、事態はさらに悪化するかもしれないのです。福島原発災害以降、日本における小児甲状腺がんの発生率は75倍も増加していることになります。福島の子どもたちを守るため、迅速な対策をとるよう県知事に訴えましょう

甲状腺がんは比較的進行が遅く治りやすいと言われており、専門家は早期に発見するため、放射能高汚染区域に住む子供たちへのスクリーニング検査を直ちに行う必要があると言います。しかし、福島県知事は子どもたちの安全を確認すべく徹底的な調査を行う代わりに、「原発事故とがん発生の因果関係があるとは思われない」との見解を示し、この状況に見て見ぬふりを決め込んでいます。県知事としては、時間と共にこの問題が話題にならなくなることを願っているのかもしれません。しかし、日本中から巨大な抗議の声を上げれば、真剣に向き合ってほしいという市民の願いが県知事にも届くでしょう

福島の子どもたちに原発事故の責任はありません。しかし、事故の結果を引き受けて生きていかなければならないのは、その子どもたちです。佐藤県知事あての嘆願書に署名し、放射能高汚染区域に住むすべての子どもたちに甲状腺がんのスクリーニング検査を行うよう要請しましょう。署名が3万人分集まりましたら、Avaazのスタッフがこの問題に関心を持つ福島のお母さんたちと共に、嘆願書を届けてまいりますhttp://www.avaaz.org/jp/petition/petition_513ec34b60658/?bQFbdbb&v=22933


希望と決意を込めて

オリバー、キア、フランチェスカ、イアン、ルカ、エマ、リッケン、およびAvaazチーム一同

PS. このキャンペーンは、新しく始まったAvaazのコミュニティ嘆願サイトから発信されました。関心のある問題について、簡単にキャンペーンを立ち上げることができます。クリックして、キャンペーンを始めてみませんか? http://avaaz.org/jp/petition/start_a_petition/?21928



Avaaz.org は、世界各国1900万の人々がキャンペーンを展開するネットワークです
。 このネットワークを通じて、世界中の人々の考えや価値観がグローバルな意志決定に反映されるよう取り組んでいます(「Avaaz」は様々な言語で、「声」や「歌」という意味です)。Avaazのメンバーは、世界中どの国にもいます。またAvaazのスタッフチームは、6大陸18カ国、17言語で活動を展開しています。Avaazがこれまでに成功させたキャンペーンはこちらから、またFacebookTwitterもご覧ください。
メールアドレス、表示言語、その他個人情報の設定を変更するには、こちらからご連絡ください。 メール配信の停止をご希望の場合はこちらをクリックしてください。

Avaazにご連絡いただく場合は、このメールに直接返信されるのではなく 、こちら www.avaaz.org/en/contact からご連絡いただくか、お電話 (+1) 888-922-8229 (米国)にてご連絡ください。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close