朝日スクープ 石原宏高議員側が運動員要請 UE社派遣、法抵触の疑い

 永岡です、今朝の朝日新聞を見てビックリしました。石原慎太郎氏の3男、宏高氏が、選挙で大手遊戯メーカーのユニバーサルエンタティメント社(UE社、旧社名アルゼ)の支援を受けていたことのスクープです。朝日のネットには記事の一部しか載っておらず、どなたかが阿修羅掲示板に全文載せてくれています。
 UE社はパチンコの大手で、先の総選挙で、宏高氏の選挙活動に社員を給与付きで派遣していたのです。この社員は選挙期間中、UE社の仕事をせず、ほとんど宏高氏の選挙を手伝っています。
 これは、確かに公職選挙法に抵触する可能性があるでしょう。
 さらに、宏高氏はカジノ解禁を唱えており、もしUE社から資金提供を受けてカジノ解禁に動いていたら、これも問題でしょう。
 UE社と言っても皆さんご存じないと思われ、簡単に紹介しますと、UE社はカジノ関係で、海外でトラブルを抱えており、私の知人のジャーナリスト、山岡俊介さんもUE社のスキャンダルを追い、それでUE社から提訴されましたが、この件はロイター、朝日が大きく報じ、UE社は後退しました。その山岡さんのやっているアクセス・ジャーナルの、3月9日のエントリーに、UE社の幹部と宏高氏が会ったことが、週刊新潮の記事の紹介で載っています。
 そのUE社、フィリピンやアメリカ、ネバダでのカジノ関係で、トップが聴取を受けています、ロイターの記事です。
 これ、私が主張したいのが、2年前、石原慎太郎氏、節電でパチンコを槍玉に挙げていたのに、その実、自分の実の息子が、パチンコ大手メーカーとズブズブの関係にあったことです。今思えばお笑い種です。
 宏高氏には道義的責任ではなく、公職選挙法他の抵触疑惑があります。東京地検特捜部は乗り出すべきです。
 私がネットで朝日のスクープを取り上げるのは初めてですが、朝日、これは良くやりました。おそらく、今日以降、石原氏関係のこともあり、日刊ゲンダイ、赤旗が続くでしょう。
 宏高氏だけでなく、慎太郎氏にも説明責任があります。大スキャンダルです!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close