USTRからシンガポール16ラウンドの報告が発表された

USTRからシンガポール16ラウンドの報告が発表された。
気になる表現があります。どなたかご存じであれば解説をお願いします。
http://www.ustr.gov/about-us/press-office/press-releases/2013/march/tpp-negoti
ations-higher-gear

(抜粋)
U.S. Chief Negotiator and Assistant U.S. Trade Representative Barbara Weise…
l reports that building on the consensus the TPP countries have already achiev
ed on a significant number of the issues under negotiation, during this round
the 11 delegations intensified their drive to find mutually-acceptable paths f
orward on the remaining issues in the legal texts of the agreement.

… As a result of active intersessional engagement, and the pragmatism and fl
exibility shown by all countries during this round, the delegations succeeded
in finding solutions to many issues in a wide range of areas such as customs,
telecommunications, investment, services, technical barriers to trade, sanitar
y and phytosanitary measures, intellectual property, regulatory coherence, dev
elopment, and other issues.

With this progress, some negotiating groups, including customs, telecommunicat
ions, regulatory coherence, and development will not meet again to discuss the
legal texts in future rounds and any remaining work in these areas will be ta
ken up in late-stage rounds as the agreement is finalized.
この進展で、関税、通信、規制制度の調和、そして開発を含むいくつかの交渉グループ
は、法的テキストについての議論を次のラウンドで再開しない、そして、この領域の残
った仕事は、合意が終結する最終段階で再開される。

This will allow the TPP countries to concentrate their efforts on resolving th
e most challenging issues that remain, including related to intellectual prope
rty, competition, and environment.
知財、競争、環境に関連する残った問題を解決することに集中する。

regulatory coherence;規制制度の調和(科学に依拠し、国際的に基準と認識されるル
ール;例、牛BSEの基準)

=======

シンガポール通産省のTPP16ラウンド交渉終了後の公式発表(概要)
(USTRの報告と一致、むしろこちらの方が簡潔で分かり易い。ほぼ終了した分野につい
ては、協定最終段階で調整が残る程度。
ワイゼル首席交渉官が法的テキストの議論が終わったと言っていることは、ルールメイ
キングが終わったと言うことと理解する。つまり、議論の終わった条文は基本的に変更
できなく、合意書全体を仕上げるときの文語調整が残されているのみと理解。)
http://www.mti.gov.sg/NewsRoom/Documents/MTI%20Press%20Release_End%20of%20TPP%
20Round%2016%20in%20Singapore.pdf

1.P11交渉国から600人以上の代表が参加し10日間の集中的交渉が終わった。
2.関税、通信、規制制度の調和、開発のワーキンググループ(WG)で進展が見られ、
これらの残った仕事は最終合意の時に再開する。サービス、電子商取引、衛生植物検疫
措置、TBT(技術障害)、政府調達について本格的に交渉を続ける。
3.非公式のWGで交渉したことが進展を助けた。
4.交渉国は、知財、管球、競争、労働の挑戦的領域が残ることを認める。投資と政府
調達において、交渉者は、野心的で包括的な市場参入パッケージを開発する努力を続け
た。それは、TPP交渉国の利益になる地域貿易協定として新しい機会とTPPの可能性を最
大にする。
5.民間部門、市民団体、労働グループ、学会から300人の地元および国際的なステー
クホルダーから聴取することができた。
6.17ラウンド交渉は、5月15日から24日の間、ペルーで開催される。TPP交渉国の大臣
は、4月20日21日のAPEC貿易担当大臣会合にあわせて会合を持つ予定。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close