実は、TPP参加への道を急ぐのは、安倍氏が望んだことではなかった

安倍訪米が”大成功”とは言えない理由
アメリカから見た世界 | 東洋経済オンライン
ピーター・エニス東洋経済特約記者(在ニューヨーク)2013年03月13日

・・・
実は、TPP参加への道を急ぐのは、安倍氏が望んだことではなかった。一方、米国政
府は、TPPを優先事項としていた。そのため安倍氏としては、日米同盟が「戻ってき
た」ことをはっきりと示すためには、TPP参加に向かう道を進まざるをえなかったの
だ。
・・・
米国政府としては、TPPの背後にある低関税の理念を骨抜きにするという代償を支払
わずに、GDP世界第3位の日本をTPPに引き入れたいという思惑があった。
そこで安倍氏としては、日米同盟に対処する能力があることを国内で明確に示そうとす
る以上、TPPを重要課題の一つに据えることを容認しなければならなくなった。
安倍氏は、今年7月に予定されている参議院選挙が終わるまでは、複雑な国内政治が絡
むTPPへの取り組みを避けたかったはずだ。しかし、それは無理だということがわか
った。そしてワシントン訪問を効果的に演出し成功させた。
・・・

(以上、http://toyokeizai.net/articles/-/13248 から抜粋)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close