With 夜はラジオと決めてますニュース内容&ニュース深堀、福島原発事故の後始末の呆れた実情 田中三彦さんのお話(2013/3/20)

 永岡です、夜ラジニュース、今日は日本人初の宇宙飛行士の秋山豊寛さんがパーソナリティー、ニュースは水野晶子さん、ニュース深堀は上田崇順さんの案内で放送されました。

 ニュースは水野さんの担当でした。

 29時間ぶりに福島原発施設復帰、配電盤に黒くこげた跡、ねずみらしい小動物の死骸があり、共用プールの冷却装置、復旧です。東電は調査を始めて、配電盤に端子が熱を持って焦げた、15cmほどのねずみの死骸、トラックにある仮設の配電盤、ねずみによりアウトです。東電は電源バックアップをすると言うのです。秋山さん、「何をかいわんや」、この程度の事故は何度でも起こり、福島では報じられるが全国ニュースにならない、福島ではまたやったか?秋山さんはねずみを持ち出したかと言われて、いい加減だとわかった、地元の人は始終ハラハラしてたまらないのです。落ち着いてはいない、若狭湾で起こったら関西もアウトなのです。これ、ねずみの状態も分からないのです(泣)。水野さん、配電盤と言うものの、事故直後トラックに積み込まれた仮設の配電盤を、2年経ってもちゃんとしたものにしていないのです(泣)。漏電の原因はねずみと言うことですが、私が昔いた神○製鋼の電子研究所で、クリーンルームにねずみの糞があったことを思い出しました(笑)。

 イラク戦争10年、オバマ氏、戦死した兵士に敬意というものの、オバマ氏はイラク開戦に上院議員時代に反対してていたのです。小泉氏、日米同盟を掲げて参戦しましたが、大量破壊兵器は開発すらされず、イラクは治安悪化、爆弾テロなのです。イラクで17万人以上死亡、12万人は一般市民なのです。秋山さん、大儀ない戦争の典型、日本政府も、あの時のことを検証しろ、アメリカもイギリスもやっているのに、日本は見識がないのです。国連決議なしで参戦なのです。イラク戦争、フランス、ドイツも反対したのに小泉氏はアメリカを支持、アジアの平和のためというものの、カバーする範囲を地球規模に拡大し、日本の検証はまだ行われていません。自衛隊の海外派兵をする安倍政権、検証する気などさらさら無いのです。菅氏、開戦時の日本の判断は歴史の検証に委ねるというのです(泣)。岸田外相も新たな検証はしないのです。オランダも検証しており、国際法違反と結論付けています。国会のこと、2007年に政府はイラク戦争の検証をすると付帯決議を可決したのに、放置です(泣)。また自民党に戻り、秋山さん、検証したくない、ジャパン・ハンドラー、アメリカの日本取り扱い担当者、アーミテージ氏、グリーン氏らのことで、イラク戦争をおかしいと言った中にアーミテージ氏もいて、安倍氏もここで講演して、今までのジャパン・ハンドラーとの安倍政権のコンタクトは強く、追求したらパイプのあるところに波及してしまうので、くさいものは放っておけ、ポチみたいなことを言われるのです。

 オバマ氏、イスラエルの訪問です。シリア内戦について語り、秋山さん、アメリカは中東でドンパチは困る。イスラエルは核保有国、シリアも爆撃し、イランもアメリカに連絡を密にしないと爆撃したらホルムズ海峡を封鎖される、緊張はいるが本物の戦争は困る。民主党はイスラエルの傀儡がいるのにオバマ氏まだイスラエルに行かず、イスラエルに勝手に動いてもらったら困る、アメリカがイスラエルを押さえるために行くのです。結果的にそう見られて仕方ないのです。

 オスプレイ、訓練開始で、日本政府より事前の連絡なし、反発、不安です。和歌山、四国でも目撃、オレンジルートです。アメリカはルートを伝えていないのです。防衛省、前回は初めてなので特別に情報提供があったと言うのです。岩国市、オスプレイの情報が来たのは、2機が着陸した後なのです。

アメリカ海兵隊、オスプレイの体験登場をさせているのです。アメリカは安全だ、市街地の騒音もないと言うのです(何か、東電の言うことと似ているなぁ…)。

 地下鉄サリン事件から18年、地下鉄霞ヶ関駅で追悼です。

 その後、秋山さん、TPPについて語られました。アメリカの投資家に訴えられるISD条項のこと、日本のワシントン特派員は何をやっていると言われて、英語能力なし、自分で取材できない。アメリカで、対日本戦略をやっていると新聞でも分かるのに、英語が分かるなら議会を回れ、それくらい出来ない英語の出来ない人が行っているのではないかと言われるのです。もしわかっていてサボタージュするなら犯罪と秋山さん言われました。メディア、原発事故、福島県民にちゃんとした情報を出したのか、TPPで視聴者にちゃんとした情報を出しているのかと、ここで踏ん張るのが日本のマスメディアの役目。農林省詰めの記者はそこにとらわれているが、通産省、大蔵省にいる記者クラブの人がしらないはずはない。参院選もあり、全農、自民支持であるものの、東北出身の代議士、申し訳ないというと、なら止めろといわれる。砂糖、牛乳で、北海道、沖縄は厳しい。砂糖はよそから買ったほうが安いが、その辺のところをやるなら、日本のエネルギー換算で自給率は30%、米はアメリカは強く要求しない、アメリカの米は、競争で中国、オーストラリアに勝てず、アメリカの精米業者の組合もあり、日本にとって、政府の発表した3兆円の損、3.5兆円の得と、金額換算の問題ではない。第3の開国ではない、乗り遅れるなということに眉につばをつけないといけない。日本はそんなところでアメリカにぺこぺこしないといけないのか?政治家が自分を信じてくれと言う=後ろくらい。政治家、今までやったことではなく、政治権力を担うもので、社会党も政権に入ったら変わった。衆院選も投票率が低く、ばかばかしくてやってられない。公約なんて守るものではない。小泉氏の子息がイケメンで人気とは馬鹿にするな、そういうことを我々が許してきた、代議制。棄権した人は考え直して、日本について本当に考えよと秋山さん言われました。国民の暮らしを守るのが投票行動、何がおかしくて何が正しいか、アメリカににらまれたら大変だが、代議士が腰抜けであるのは困る。もっとがんばって欲しい、7月の選挙で、TPPもマスメディアはちゃんと報じろと言われました。

 ニュース深堀、福島原発の電気トラブルについて、元原子炉設計者、国会事故調の田中三彦さんのお話がありました。田中さん、たね蒔きジャーナルにも出ておられず、MBSのラジオの原発報道に初登場です。上田さんの担当で、月曜の7時に停電のあった福島原発、今日未明に復旧ですが、配電盤に黒く焦げた後+ねずみの死骸について、田中さんのお電話でのお話です。

 田中さん、事故調で福島について、東電の虚偽説明で妨害されていますが、虚偽説明をうけたことについて田中さん、大きな反響であるが、田中さん、東電に一杯食わされて腹立たしい。国会事故調に通告して、調査をまたしてみたいのです。一部、1号機の4階で見学するチャンスについて、田中さん、恐ろしい話で、そういう話は耳にしたが、東電、関係の新聞の嫌がらせで、田中さんから1号機の4階に入りたいと交渉することは出来ないのです。ある議員の人、元民主党の人がどういう交渉をしたかは不明で、1号機の4階に入れると電話があり、誘われて、田中さん、国会に頼んでいるのでパフォーマンスは出来ないと断り、しかし、直前に断って構わないから生年月日、足の寸法(防護服の寸法)を教えてくれと言われて、その人と3・11直後から議員さんが原発に関心を持ち、知り合って、その関係もあり、断ったら良かったが、1回その先生を通して登録され、しかし田中さん行けないと断ったが、田中さんが東電に入れてくれと言ったことはないのです。田中さん、国会事故調が馬鹿にされており、生みの親の国会議長に調査しろと言い、調査妨害が明確になったら現場調査をやらせてくれとしており、その筋で行くことを願っており、それで田中さん勝手に入れなかった、皆さんに誤解を招くのです。これを元議員に言って断ったのです。

 今回の停電の原因、分からない(泣)となり、黒こげとかについて、田中さん、どう見るかは、さっきも大学の先生と話していて、研究室の装備がねずみで壊れており、仮設の電源盤で、3・11から少ししてからつけてそのまま、2年仮設のまま放置しており、仮設の装置、野ざらし(泣)、それが重要な冷却の装置で、共用プールと繋がっているのは非常に甘い考え。線量が高いが、少し後回しになったのかも知れないが、重要な機械を野ざらしでは、ねずみも入るのです(泣)。埃もかかる(泣)、テレビのニュースで見たら、トラックの荷台に配線を通すのにビニールを通す雑なもの、それならねずみは入るのです(泣)。

 秋山さん、電気系統の事故は去年もあり、あまり現地以外は報じない(福島ローカルは報じる)、全国的に報じたのは、政権が変わってから。自民はちゃんとやるという、結果として大したことではない、しかしハラハラさせた、情報のコントロールと指摘され、田中さん、そこまでは考えないが、そういう側面はある。逆のパターンもあり、大々的に出すと、民主党とつながっているのではなく、田中さん、大きい問題だから出た、詳しくは分からないと言われました。

 田中さんが誘われたのは1号機の4階、入りたかったのはそこであり、普通の人の入れるところではなく、被曝を計算して20分いられるとして申し出た。安全なところではない、東電が民間の人を入れるのは常識を欠いているのです。

 仮の配電盤、対策を取っていなかったこと、田中さん、昨日の夜に記者から聞かれて、過去を調べたら同じ事故は3回あった。同じ状況ではなく(4号機のみとか)、冷却系等の事故であり、事故の大きさは検証していないが、4号機の問題が国際的にも不安であり、4号機の燃料プール、燃料取出しを去年から言っていて、関心が高まって注目された。しかし、仮設のまま2年であり、他のものはきちんとついている電線なのに、プールの冷却は仮設のまま、3・11の1週間後に設置したものを2年使っていたのが甘い(ヲイヲイ…)、正規の配線にしないといけなかったのです。それをやる直前と言っているが、遅いのです。プールの冷却ができないことの危機感について、東電はなんてことないと思っている。管理温度65度、これに意味はなく、東電の内規(保安規定)は65度以下でやれと書いてあり、65度を超えても大したことはしない(泣)。しかし、100度になったら沸騰して水がなくなり、深いところに沈んだものも、水がなくなるとジルコニウム火災もある。そこに、管理温度に4日、そこまで行ったら水を入れる、蒸発しても7~11mあるので急ぐことないと東電は思っているというのが田中さんの見方です(ヲイヲイ…)。しかし4号機の不安は大きく、地震の強度に耐えられるか、一気に水が抜けたらジルコニウム火災の危険性もある。そんなのんきに構えていたらアカンのです。ジルコニウム火災なら東京もアウト(泣)、そういう危機感は一般の人にはあり、危機感は東電になし(泣)なのです。しかし、現場の作業員が真っ先に危機になるのに、それは盛んに言われても、東電はリアリティを持たない。過酷事故を想定していなかったのと同じなのです(泣)。

 震災以後の東電の体質の変化について、田中さん、全然変わっていない!田中さんずっと言い続けてきて、田中さんの体験からして、東電も会社人で、田中さんも自分の体験であり、田中さん原発を作る側にいたが、会社の倫理観に縛られて、会社人であっても社会人ではない。社会の人の不安は分からない!そういう傲慢性があり、それが3.・11なのです。田中さん過酷事故はないと現役では思っていたが、東電に危機感なし。福島は今は原発ではなく、融けた燃料+使用済み燃料を少なくとも10数年安全に冷やす場所で、発電所ではない。長期間冷やすのが仕事で、それを真剣にやってもらわないと困るのです(泣)。

 これで時間になりました。この田中さんのお話、私も聞いて、呆れて、怒りで頭の中でジルコニウム火災が起こりそうです(泣)。この内容も、例により私に無断でいくらでも拡散させてください!こんなアホな東電に、事故処理なんてできませんよ!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close