武器輸出3原則の緩和に反対する緊急院内集会

東京の杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン/緑の党 Greens Japan)
です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

21日(木)午後に行われる緊急院内集会の案内を転送します。可能な方は
ご参加ください。IWJによるUstream中継も行われます。
→ http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=7

なお、F-35共同製造計画への参入に関する官房長官談話への抗議として、
パレスチナBDS全国委員会が3月4日に安倍首相宛に書簡を送付しました。
ぜひご一読ください。

F-35共同製造計画への参入に関する
パレスチナBDS全国委員会の安倍首相宛公開書簡
http://palestine-forum.org/doc/2013/bnc.html

国際抗議署名も呼びかけられています。すぐ出来ます。拡散へのご協力も
よろしくお願いします。
http://chn.ge/ZcDKkq

———————————————————-

高田健です。
既報ですが、再送します。連投、お許し下さい。
安倍内閣の矢継ぎ早の憲法違反を容認できません。ひとつひとつ、あきらめ
ずに抵抗することこそ市民運動の役目かと思います。
ご参集下さい。当日衆院第2会館ロビーで13:40から、スタッフが入館証を
配布します。

----------------------------------------

武器輸出3原則の緩和に反対する緊急院内集会
日本が生産に関わる武器で、海外の人びとを殺すな!
F35の共同生産や化学防護服の共同開発など武器輸出3原則の骨抜きにSTOPを!

憲法9条の改悪を企てる安倍政権のもとで、従来からの平和原則をなし崩し
に変質させる動きが急速に進んでいます。菅義偉官房長官は3月1日、航空
自衛隊の次期主力戦闘機F35の部品製造について、武器輸出三原則の例外
として日本企業の参画を容認する談話を発表しました。これによりF35は、日
本企業を含む国際分業で生産され、第三国への移転は米国に任されます。
パレスチナを占領しつづけ、近隣国に空爆も繰り返し、中東の周辺国と緊張
関係にあるイスラエルに日本製部品が渡り、戦争を支えることが可能になり
ます。これは憲法9条を国是とする日本の基本政策の重大な変質で、許され
ないことです。また、安倍政権のもとで、日英両政府は、戦争で使用する化学
防護服を共同開発することで近く合意することにしました。米国以外との共同
開発の初のケースとなります。安倍政権が企てる集団的自衛権の行使=「戦
争をする国」への動きと合わせて、こうした戦争への協力・加担政策を認める
ことはできません。

平和を願う私たち市民は、下記の次第で緊急院内集会を開催し、こころある国
会議員の皆さんと共に、武器輸出3原則を破壊するな、憲法9条を守れの声を
あげたいと思います。

日時:3月21日(木)14:00~15:30(開場13:40)
会場:衆議院第2議員会館第8会議室(地下鉄国会議事堂前駅または永田町駅)
ゲスト:栗田禎子千葉大学教授(中東研究)、臼杵陽日本女子大教授(パレスチ
ナ・イスラエル研究)、飯島滋明名古屋学院大学准教授(憲法学)ほか

呼びかけ:WORLD PEACE NOW/許すな!憲法改悪・市民連絡会/
憲法を生かす会/ふぇみん婦人民主クラブ /平和をつくりだす宗教者ネット
/平和を実現するキリスト者ネット/
連絡先:03-3221-4668 kenpou@annie.ne.jp

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close