TPP「日米国民のためにならぬ可能性」 米大教授

TPP「日米国民のためにならぬ可能性」 米大教授ジョセフ・スティグリッツ教授=東京都内のホテル

【江渕崇】ノーベル経済学賞の受賞者のジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大教
授は22日、都内で朝日新聞などのインタビューに応じた。環太平洋経済連携協定(T
PP)について、「日米両国の国民のためにならない可能性がある」とクギを刺した。

スティグリッツ氏は、TPP交渉で米国が遺伝子組み換え食品の表示義務の撤廃を求
める可能性があることについて「他の多くの国も、米国民も、撤廃すべきだとは思って
いない」と指摘した。特許などの知的財産の保護を米国が強く主張していることに対し
ては「(価格の安い)後発医薬品が作りにくくなったり、途上国の発展を妨げたりする
おそれがある」と言及。いずれも米政府が自国企業など一部の利益を守ろうとしている
と批判した。

日本の自動車市場が閉鎖的だと米国が主張していることに関しては「米国産大型車が
日本で売れないのは燃費が悪く、社会が望む商品を提供できていないのだから当然だ」
と述べた。

一方、TPPとは別に、「新卒一括採用などの窮屈な慣行が日本にはいくつも残って
おり、ダイナミックな経済にするために他のやり方を探るべきだ」と語り、硬直的な規
制や慣習を見直す必要性も強調した。

スティグリッツ教授との主なやりとりは以下の通り。

――TPPを進める米政府の背景に注意すべきだ、との意見ですね。

「知的財産権のルールづくりをめぐる議論を見ると、米政府はより強い保護を求めて
いる。米政府は科学の専門家に意見を聴くのではなく、大きな製薬会社やエンターテイ
ンメント企業、食品会社などの意向を反映し、彼らの利益が大きくなるように動いてい
る。保護が強すぎれば(価格の安い)後発医薬品をつくりにくくなる恐れがある。技術
革新を妨げ、途上国の発展にも悪影響がある」

「米政府は、遺伝子組み換え食品かどうか知る権利は消費者にないと主張しているが
、他のたくさんの国も、一般の米国民も、知る権利が制限されることを望んではいない
。こうした政策はいずれも、日本人にとって利益でないのと同じように、米国民にとっ
ても不利益になるだろう」

――米国との交渉は厳しいと予想されます。

「日本では大型車に税金や規制がかかっているが、それは大型車の燃費の悪さを考え
れば当然だ。米国産の大型車は日本市場で売れておらず、米国はそれを反米国的だと批
判するが、完全な間違いで、ドイツ車は売れているではないか。日本社会が望む商品を
つくれていないだけの話だ。温暖化も大気汚染も望まず、安全な車がほしい、子どもを
保護したいというのは、商業的な利益を超えて守るべき基本的な価値だ。日本はこうし
た点で決して交渉をあきらめないことだ」

――日本は、どんな規制改革が必要ですか。

「単なる規制緩和ならば、米国でバブルを引き起こし、金融危機につながり、世界で
最もひどい格差を生み出したのでまねすべきでない。正しい規制がなければ世の中はう
まく機能しない。ただ、日本には新卒一括採用などの窮屈な慣行がいくつも残っている
。ダイナミックな経済にするために他のやり方を探るべきだ」

――消費増税の日本経済への影響をどう見ますか。

「多額の政府債務を抱えているのは先進国共通の課題だが、問題はタイミングだ。今
は総需要が不足しており、消費増税で低所得層に負担をかけると需要が落ち込み、経済
を悪化させる。日本は1997年の消費増税で一度失敗しており、もっと敏感になるべ
きだ。高所得層を対象に増税するなど、税収を上げる方法はほかにもあり、それならば
消費税より経済に悪くない」

――これまで日本は巨額の景気対策を講じましたが、経済は弱いままです。

「もしその支出がなかったらどうなっていたかを問わなければならない。米国では2
009年からの財政出動にもかかわらず失業率がまだ高いが、もしあの支出がなかった
ら、失業率が13%になるなど事態はもっと悪かっただろう。日本の場合は、特に90
年代後半に金融システムが弱っていた影響が大きい。金融が機能しないと、財政による
景気刺激がうまく効かない」

――円安傾向が続いています。

「米国は、国内経済を刺激するためだと表向きで言いつつ、金融緩和を通じて為替レ
ートを引き下げてきた。米国では、金融緩和が貸し出しを通じて経済に働きかけていく
という伝統的な経路が機能しなくなっている。個人や中小企業は依然、低い不動産価格
に苦しんでいて融資を受けるのが難しく、一方で大企業は巨額の現金が余っている。そ
こで為替の切り下げを通じて競争力を高めているわけだ。現在はまだ金融政策で各国が
協調する枠組みができておらず、日本を含めた他の国は、米国の動きに対応しなければ
ならない」

――政府・日銀の掲げる2%の物価上昇目標は、日本経済の成長にどの程度有効でし
ょうか。

「(物価が下がり続ける)デフレは個人と国の実質的な債務を重くするので問題だ。
デフレのペースは緩慢だが、長期にわたると影響が蓄積する。2%という目標は、わず
かなインフレ率の上昇であり、実現は十分可能だ。すでに賃上げに踏み切った企業もあ
り、経済の回復に貢献するだろう」

「経済成長の課題に挑んでいこうとするとき、一方で格差が拡大しかねないという問
題がある。安倍政権の掲げる『3本の矢』のうち、財政支出は所得の低い人たちのため
に多く使われるべきだ。低所得者は持っているお金の大半を消費するので、経済を刺激
する効果がより大きい」

http://www.asahi.com/business/update/0322/TKY201303220320.html

_______________________________

 

コメント:要するに金に眼がくらんだ我利我利亡者の業は地獄必定!

Categories TPP

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close