日本もEUも、手術などの医療技術は特許法の対象にしていませんが、

日本もEUも、手術などの医療技術は特許法の対象にしていませんが、
アメリカはしています。
TPP交渉でUSTRは、診断、治療、外科的方法を特許の対象にするよう求めています。
(筆者:寺尾正之)

=====

よせられた反響のいくつか:

こういう情報は陰に隠れて見えてこない。たとえば手術で「これこれ、こういう手技で
・・」という慣例が、仮にアメリカで特許をとられていたら、もう使えないということ
になるのですよね? アメリカのやりたい放題じゃないですか!

医療技術を含めて技術というものは、より多くの人が継承していく方が良いと思います
。特許はそれを阻害するだけです。

驚きました。そして疑問です。
TPPを推し進める安倍首相はじめ政府関係者は、このような問題を知っての事でしょう
か。知らないのだとしたら、あまりに無責任すぎます。

医療は金儲けではない!

医療技術まで知的所有権の対象にするっていうのは、命までお金に換えるってことと同
じではないかと思います。
こんな国の慣習に従わなければならないようなことは、避けてもらいたいものです。
また、一方で、米国は、知的所有権を切り札にしなければならないほど、経済が疲弊し
てしまっているという見方もあるのではないでしょうか?

アメリカの特許社会の恐ろしさ。
笹本涼平著の「ビッグブラザーを撃て!」という小説のまんまだわ。
日本のすべての技能が、アメリカの特許侵害となる可能性もある。

農産物などの「聖域なき~」の影に隠れて、こういう情報は広がってこない。
だからシェアさせてもらいました。

シェアさせてください。医療技術は、本来人の命を救う為のもので、金儲けの道具では
ない筈です。

信じられませんね。命を特許にするなんて。必ずこの協定は、民衆の手によって覆され
るでしょう。それが10年後か20年後か30年後か…。でもこんな非人道的なものは、いつ
が破綻します。
この協定をいま締結したら、私たちは未来に負の遺産を残すことになりますが、後世の
人々を信じたい。必ず撤回されると。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close