伊藤洋一が日ロ交渉と猪瀬発言を語る

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝はシンクタンク研究員で、エコノミストの伊藤洋一さんのお話でした。
 安倍総理がロシアを訪問しましたが、同時に100人の日本企業のメンバーが行っています。これは、ロシアで日本の経済が浸透しているからで、伊藤さん2011年にウラジオストックを訪問し、車を見たら100%日本車(トヨタ)であり、ロシアにも車のメーカーはあるものの誰も買わず、みんな日本車を買っています。それで、ロシアも日本の技術が欲しく、日本はロシアの資源が欲しくて、両者の利害が一致しているのに、北方領土問題があるわけです。そこに、日露の共通の脅威として中国があり、ロシアのシベリアには700万人しかおらず、その南に中国人が何億もいて、潜在的な脅威になっており、伊藤さん、これは日露が協力する余地は大量にあり、領土交渉も有利に進められる可能性があるとのお話がありました。
 そして、猪瀬知事がオリンピック招致でイスタンブールを批判し、ニューヨークタイムズに批判されましたが、IOCでは招致したい都市同士の批判は禁止しており、これをやったら再現がなくなる。猪瀬氏は自分の真意が伝わらなかったというが、これは政治家のいつも言うことであり、伊藤さんニューヨークタイムズの原文を見て問題ある内容で、猪瀬氏は作家でもあり、誤解を招くような発言を政治家としてもすべきではないと批判されました。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close