(集団的自衛権 読み解く)同盟の証し「一緒に戦う覚悟」

2014年3月3日05時00分

 朝もやのかかる米カリフォルニア州の沖合。陸上自衛隊の精鋭部隊が乗った漆黒の戦闘用上陸艇が続々と姿を現した。険しい表情の隊員らが全身に波しぶきを浴び、ゴムボートで浜辺へと突き進む。

狙うは「あの島」だ。上空には米軍の攻撃型ヘリ2機が旋回。米軍の揚陸艇が自衛隊の迫撃砲を載せ、轟音(ごうおん)と砂煙を巻き上げて上陸する。米海兵隊の水陸両用車も隊列を崩さず浜辺を目指す。迷彩服自衛隊員が米軍の射撃支援を受け、攻撃目標に向かって進撃していく。

2月中旬、陸上自衛隊米海兵隊による日米共同訓練「アイアン・フィスト(鉄拳)」の舞台は、米海兵隊の基地内に設定された架空の日本領土、「ペンドルトン島」。「敵」の侵攻を受け、島を占領された日本は自衛隊に防衛出動を命令。一方、同盟国である米国は、日本の防衛義務を定めた日米安保条約5条を適用して駆けつけ、日米の共同対処で島を奪還する――とのシナリオだ。

念頭にあるのは、中国による尖閣諸島を含む南西諸島への侵攻だ。

ただし、もし「尖閣有事」が起きても、日本が発動するのは、いまの憲法解釈で認められている個別的自衛権だ。日本を助けるために集団的自衛権を発動するのは米国の方だ。ところがアフガン、イラク戦争で消耗した米国は「世界の警察官」役から退きつつあるうえ、米国内では中国との戦闘にもつながる「尖閣有事」に巻き込まれることを懸念する声は根強い。

外務省が昨年末に公表した米国での対日世論調査によると、日米安保条約を「維持すべきだ」と答えたのは67%で、前年と比べて22ポイント減と急落。米国が実際に集団的自衛権を行使してくれるかどうか、安倍政権の疑念は消えない。

こうした中、安倍晋三首相は中国の海洋進出や北朝鮮の核・ミサイルなどで「日本の安全保障環境が悪化している」と集団的自衛権の行使容認を訴える。

安倍政権の安全保障政策をめぐる有識者会議に加わるメンバーの一人は「米国はあんな岩礁のために戦いたくない。日本が『いざとなったら米国と一緒にやります』と用意しなければ、米国は日本の離島防衛に『ハイ、サヨナラ』ですよ」と話す。

日本が集団的自衛権の行使を認め、米国が関わる戦争で自衛隊が米軍と一緒に戦う覚悟を示せば、米国を「尖閣有事」にも巻き込めるというわけだ。

一方で、防衛省幹部の一人は「日本にとって集団的自衛権の行使容認は、本当に優先課題なのか」と語る。集団的自衛権の行使容認に力をそそぐより、むしろ武装漁民の上陸など個別的自衛権を発動するに至らない事態への対応策を充実させるべきだ、との考え方からだ。行使容認を決めれば、かえって中国を刺激し、相互不信をさらに高めるリスクもはらむ。

集団的自衛権の行使を認めることは、歴代政権が禁じてきた海外での武力行使に道を開く。国土防衛に徹する「専守防衛」の基本方針を転換し、他国を攻撃することにもつながる。さらに陸上自衛隊幹部は懸念する。「いまの日本は他国の防衛のために自衛隊員を犠牲にする覚悟があるのか」

(園田耕司)

安倍首相はなぜ、集団的自衛権の行使容認に強くこだわるのか。行使が認められれば、日本が行き着く先には何があるのか。多角的に検証していく。

▼2面=突き進む首相、9面=一からわかる、10面=社説

___________________________

コメント:「殺さない・殺させない」 が諸普遍宗教・倫理・道徳の第一の掟。

日本は「十七条憲法」以来「新憲法」に至りそれを第一の国是としてきた。

それをせず・させないようにするのが指導者の役目。逆は指導者にあらず。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close