地震と原発事故情報 -5つの情報をお知らせします、たんぽぽ舎です。【TMM:No2108】3/7

 永岡です、たんぽぽ舎の原発関係の情報をお送りいたします。
<以下、転送>

たんぽぽ舎です。【TMM:No2108】
2014年3月7日(金)地震と原発事故情報 -5つの情報をお知らせします
転送歓迎
━━━━━━━
★1.サイレントアピール、題して『一人でもDEMO』を実行して <上>
ヒト(周囲の人)には通じない 原発止めようってことが!?
それでも 断じて原発再稼働は許さない!!   (郡山市・はしもと)
★2.DIAMOND ONLINE シリーズ・日本のアジェンダ
私たちは原発をどうするのか 第3回(2月6日)より
――村上達也・元茨城県東海村長、脱原発をめざす首長会議世話人
★3.(2月14日付け法律新聞より)福島の子どもたちを守るために <上>
「まつもと子ども留学」と「ふくしま集団疎開裁判」の取り組みについて
弁護士 安藤雅樹(長野県弁護士会所属)
★4.新聞・雑誌から
◇安全協定見直し「再稼働前」と覚書  日本原電と茨城の11市町村
(3月5日 東京新聞より抜粋)
◇東日本大震災3年、原発再稼働の動き=大久保渉(東京経済部)
(3月7日 毎日新聞<記者の目>より抜粋)
★5.テント日誌 3月7日(金)《特別版》
◇経産省前テントひろば909日目 商業用原発停止179日目
「3・11」を挟む週の脱原発行動に参加を!
━━━━━━━

┏┓
┗■1.サイレントアピール、題して『一人でもDEMO』を実行して <上>
│ ヒト(周囲の人)には通じない 原発止めようってことが!?
│ それでも 断じて原発再稼働は許さない!!
└────(郡山市・はしもと)

私の娘と孫は福島から福岡県に2012年1月に避難移住し現在に至ってお
ります。当時1歳になろうとしている孫でしたので今月末に満3歳になります。
この時期の子どもは誰の目から見ても愛おしくかわいいものですが、手もかか
ります。『はえば立て 立てば歩めの親心』私の場合はバア心ですが。この期
間に一緒に住めない、会えない、遊べないのは悲し過ぎます。結局会わずにい
られない私は2ヶ月に一度の割で福岡へ行っています。お金も時間もかかりま
す。でも娘が一人で毎日子育てに一生懸命なのはわかりますし、育児ノイロー
ゼになんてなったら又 大変ですからこちらが苦しいなんて言っていられませ
ん。
福岡では関東方面からの避難者も多く、その方たちと集い交流し、避難者同
士の繋がりができているようなので一安心でした。しかし、去年の被災者支援
法があまりの限定の有様で危惧せずにはいられません。福島県の浜通り中通り
地区のみが優遇された内容になっており新たな分断・問題が起きるのではない
か、娘たちが仲良くしている仲間と軋轢ができるのではないか?その支援法が
どのように活かされていくのか心配のタネがまた一つ増えました。
私が福岡へ行った時に反・脱原発集会やデモなどがあると参加しチラシ配っ
たり、訴えたりしますがほとんどのヒトたちは無関心に迷惑だと言わんばかり
に通り過ぎて行きます。無視です。頭にくるし疲れてきます。もうしゃべりた
くないと本気で思いました。
去年の8月この原発再稼働阻止ネット合宿時に泊報告から「雪だるまにチラ
シを持たせる案」がありました。このヒントを元に私のサイレントアピール、
題して『一人でもDEMO』※東京の西新宿の毎週土曜日のスタンディングにも感
化されています。
9/2に第1回を始めました。恥ずかしいし一人でなんてヤダな~やっぱり
止めようかなんて甘いこと思いましたが、東電に対する怒りから“もう原発は
いらない”と意思表示を出すことができました。
<次号へつづく>

┏┓
┗■2.DIAMOND ONLINE シリーズ・日本のアジェンダ
│ 私たちは原発をどうするのか 第3回(2月6日)より
│  ――村上達也・元茨城県東海村長、脱原発をめざす首長会議世話人
└────

「原発のメリット? デメリットだらけの疫病神だ」
エネルギー政策は「即ゼロ」を基本にすべき
――村上達也・元茨城県東海村長、脱原発をめざす首長会議世話人

日本原子力発電東海原発(廃炉中)と東海第二原発、その他の原子力関係の研
究機関が多数立地する東海村で、2013年9月まで村長を務めていた村上達也氏。
1999年9月に発生したJCO臨界事故では、日本で初めて周辺住民に避難指示を出
し、その後も事故終息へ向けて取り組んだ経験を持つ。原子力関連産業を受け
入れてきた立場にあったが、震災後は脱原発を積極的に訴えている。原発の酸
いも甘いも知る村上氏に、原発を「重要なベース電源」とする方針を示した今
の原発行政について、どのように考えるか話を聞いた。(聞き手/ダイヤモン
ド・オンライン編集部 片田江康男)

■この国はもう一度事故をやらないと目が覚めない、情けないダメな国だ

――2013年末に公表されたエネルギー基本計画案で、原発は「重要なベース
電源」とされています。東日本大震災で起きた福島第一原子力発電所事故の
前の状態に戻りつつあります。どのようにご覧になりますか。
≫≫この国は、まったくダメな国だと思う。原発事故が起きたことで、国民全
体で脱原発という認識ができてきた。当然ながら国策として原子力をエネル
ギー政策の中心に据えてきた政府と事業者は反省して、新しいエネルギー政
策を考えないといけないのに、それができていない。
従来の利害関係にこだわって、元の形に戻そうというのは、まったく呆れ
たし、本当にダメな国だ。この国はもういちど原発事故をやらないと、目が
覚めないんだと思う。情けない国だ。(後略)
(全文はWEBサイトからどうぞ http://diamond.jp/articles/-/48302

┏┓
┗■3.福島の子どもたちを守るために   <上>
│「まつもと子ども留学」と「ふくしま集団疎開裁判」の取り組みについて
│   弁護士 安藤雅樹(長野県弁護士会所属)
└────(2月14日付け法律新聞より)
(見出し:1~5のうち、1・2を掲載)

1 この度、原発事故の被害に遭った(そして今も遭い続けている)福島県を
中心とした放射能汚染地域の子どもたちを守るため、「まつもと子ども留学」
の取り組みが始まった。
これは、福島の子どもたちを長野県松本市に設置する寮に受け入れ、安全で
安心できる生活・教育を提供するというものである。福島から親子避難してい
る家族は多いが、現在福島に留まっている家族も、避難したい、せめて子ども
だけでも避難させたいという気持ちは持っているものの、仕事上の問題など
様々な事情により親が避難することができないという人が多くいる。そのよう
な家族に、子どもだけでも「留学」という形で被ばくの危険性が少ない地域に
避難させるというプロジェクトである。

2 子どもは被ばくに対するリスクが高く、内部被ばくを含めて将来の健康に
影響を及ぼす可能性があり(平成25年11月に、既に疑いを含めて59人の
子どもたちの甲状腺癌が発表されている)、汚染地域から避難させる必要性が
高い。また、福島の子どもたちは外で十分に遊び回ることができず、土いじり
などもできないといった状況にあるが、子どもの健康かつ健全な成長のために
は生活環境・教育環境として適切なものとは言えない。
子どもたちの避難は、本来であれば国や福島の地方自治体が率先して行うべ
き課題である。しかしながら、国などは被ばくの危険を矮小化して評価するこ
とに終始し、このような施策に取り組むことは全くない。むしろ帰還を進める
ために莫大な予算をつぎ込んで邁進している状況であるし、避難を受け入れて
きた周辺自治体も被災者への支援を打ち切りつつある状況である。
そのような状況下で、子どもだけを避難させるという取り組みを、民間主導
で行うことを考えたのが、「まつもと子ども留学」である。
<次号へつづく>(次号は3・4・5を掲載します)

┏┓
┗■4.新聞より
└────

◆安全協定見直し「再稼働前」と覚書  日本原電と茨城の11市町村

東海第二原発(茨城県東海村)を運営する日本原子力発電と周辺十一市町村
は五日、再稼働前に県や東海村などと結んでいた原子力安全協定を見直すこと
などを取り決めた覚書を締結した。
安全協定は、原電が県や東海村と原発新増設の事前了解、県と東海村のほか
隣接四市とは事故時の通報態勢や補償について定めている。十一市町村が要望
する内容に改定しない限り、原電は再稼働することが困難になった。事業者が
自治体とこうした取り決めを結ぶのは異例。
覚書は、再稼働までの安全協定見直しのほか(1)原電が原子力規制委員会
に審査を申請する前に十一市町村へ説明して理解を得る(2)申請は再稼働に
直結しない-などとしている。(後略) (3月5日 東京新聞より抜粋)

◆東日本大震災3年、原発再稼働の動き=大久保渉(東京経済部)

──「小さなリスク」直視を──原発再稼働に向けた準備が着々と進んでいる。
政府は「安全性が最優先」と慎重な姿勢をアピールする一方で、「貿易赤字が
拡大」「電気料金が上昇」などと原発停止の弊害を列挙し、早期再稼働の必要
性を訴える。東京電力福島第1原発の事故から3年が経過しようとする中、
「日本経済のため、万が一のリスクには目をつむろう」との安易な容認へ発展
しかねない空気に、私は危険を感じる。
「『安全神話』に陥り、悲惨な事態を防ぐことができなかったことへの深い
反省を一時たりとも放念してはならない」。政府が先月公表した「エネルギー
基本計画」の原案にある一文が目を引く。
──発電のコスト、決して安くない──今も故郷に帰れない多くの被災者や、
汚染水漏れの収束さえできない現状を踏まえれば、私たちマスコミも含めて
「深い反省」を忘れてはならないのは当然だ。ところが、政府原案は原発を発
電コストの安い「重要なベースロード電源」と位置づけ、原子力規制委員会の
審査をクリアした原発は「再稼働を進める」と明記した。(中略)福島事故の
教訓を踏まえれば、国民が納得できるまで安全対策や事故処理に費用をかけな
ければならない。それらを徹底してなお原発が安いと言えるかは微妙だ。
(中略)
──新規制基準は無事故保証せず──政府は原子力規制委員会の新規制基準を
「世界最高水準の厳しさ」と強調し、規制委の審査をクリアすれば安全を確保
できるかのような説明をする。しかし、規制委自ら「基準さえ満たせば原発が
安全であるという誤解を生む」(田中俊一委員長)とクギを刺すように、新基
準は事故ゼロを保証するものではない。(中略)たとえコストのかけ過ぎで原
発が安さを失うとしても、決してゼロにはならない危険を「想定外」と切り捨
てるなし崩し的な再稼働は認められない。住民参加の訓練で実効性ある避難計
画を作るなど、「事故は起きる」との前提に立った対応が不可欠だ。
(3月7日 毎日新聞<記者の目>より抜粋)

┏┓
┗■5.テント日誌 3月7日(金)《特別版》
│ 経産省前テントひろば909日目 商業用原発停止179日目
│ 「3・11」を挟む週の脱原発行動に参加を!
└────(三上治)

「3・11」も三周年を迎える。福島の原発事故は未だに収束の目途はたってい
ない。毎日、汚染水を垂れ流し、放射能を放出している。現地の住民の健康被
害はその全貌は見えぬままに、深刻度を示す兆候があらわれはじめている。し
かし、政府は福島原発の事故後に停止状態にある原発の再稼動を優先し、現地
には安全神話で臨んでいる。事故が被害はもう収まった、あるいはおさまりつ
つあるという態度で、原発再稼動をめざしているのだ。僕らは経産省前テント
を保持しながら持久戦的な闘いを展開してきた。3月9日(日)から3月16(日)ま
での週には全国各地で脱原発の催し(講演会・集会・デモ等)がある。首都圏
中心の主なるものを告知するが、積極的な参加を望みたい。

●3月8日(土)11時30分~【福島県民集会】会場(ユラックス熱海、いわき市文
化センター、福島県教育会館) 主催:県民大集会実行委員会他
●3月9日(日)【原発ゼロ★大統一行動~福島を忘れるな!再稼動を許すな!】
1)13時~大集会 日比谷野外音楽堂 主催:首都圏反原連ほか
2)14時~国会請願デモ、国会包囲 東電本店前合同抗議行動、主催:経産省前
テントひろば、たんぽぽ舎ほか
3)15時30分~国会正門前大集会 主催:首都圏反原発連合
●3月11日(火)【福島連帯テント前抗議行動】
1)正午~午後1時、経産省への怒りの抗議行動 2)午後1時~ 風船上げ行動
(全国の原発現地いっせい行動に連帯して)問合せ:経産省前テントひろば
(電話 070-6473-1947)10時から準備。協力を。
●3月14日(金)18時~20時 【官邸前抗議行動】 主催:首都圏反原発連合
●3月15日(土)【フクシマを忘れない!さよなら原発3・15脱原発集会】
13時30分~集会 日比谷野外音楽堂 14時30分~デモ
主催さよなら原発一千万人署名ほか
●3月16日(日)【さよなら原発!かごしまパレード】場所:鹿児島市中央公園
(テンパーク)10時~16時 主催:ストップ再稼動!3・11鹿児島集会実行
委員会 これは来週の行動の主なもので、各地域で多くの催しがある。参加を

──────────
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事故情報」
へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

【編集部より】
メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
「集会・デモ・講演会のお知らせ」に関しては、平等に掲載するため
日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを400文字
以内で、またその他投稿に関しては600文字以内でタイトル及び内容を
お送り下さい。
なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙面の
都合上すべてを掲載できない場合があります。予めご了承ください。
──────────
◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページをご参照下さい。
◆メールマガジンを送ります
たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
発信しています。
ご希望の方はご自身のEメールアドレスとご氏名をたんぽぽ舎あてに、
件名を「メルマガ希望」として送ってください。
登録できしだい発信致します。
たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net
 ◆携帯への送信は、1回の容量が多いためか配信されない例があります。
──────────
たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、日曜・休日はお休みです。
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
FAX 03-3238-0797
HP 
http://www.tanpoposya.net/  Eメール nonukes@tanpoposya.net

Categories 原発廃止

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close