地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします、たんぽぽ舎です。【TMM:No2110】

 永岡です、たんぽぽ舎の原発関係の情報をお送りいたします。
<以下、転送>

たんぽぽ舎です。【TMM:No2110】
2014年3月8日(土)その2ー地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします
転送歓迎
━━━━━━━
★1.再稼働は日本を滅ぼす=連載その9
再稼働を阻止しよう、原発現地を応援しよう集会  広瀬隆さん熱弁
3月7日(金)首相官邸前で開かれる。再稼働阻止全国ネットワーク主催
柳田真(たんぽぽ舎・再稼働阻止全国ネットワーク)
★2.福島の子どもたちを守るために   <中>
「まつもと子ども留学」と「ふくしま集団疎開裁判」の取り組みについて
弁護士 安藤雅樹(長野県弁護士会所属)
★3.サイレントアピール、題して『一人でもDEMO』を実行して <下>
ヒト(周囲の人)には通じない 原発止めようってことが!?
それでも 断じて原発再稼働は許さない!!
(郡山市・はしもと)
★4.テント日誌 3月8日(土)《特別版》
経産省前テントひろば910日目 商業用原発停止180日目
来週の脱原発集会及び行動について
★5.新聞より2つ
◆行き場失う 汚染ごみ
首都圏最終処分場決まらず  千葉、撤去求め住民提訴
(3月6日朝日新聞見出し)
◆避難転々老いた命尽きる
震災関連死巡り訴訟相次ぐ    (3月7日朝日新聞見出し)◆
━━━━━━━

┏┓
┗■1.再稼働は日本を滅ぼす=連載その9
|  再稼働を阻止しよう、原発現地を応援しよう集会  広瀬隆さん熱弁
|  3月7日(金)首相官邸前で開かれる。再稼働阻止全国ネットワーク主催
└────  柳田真(たんぽぽ舎・再稼働阻止全国ネットワーク)

1.3月7日(金)夕方、首相官邸前で2つの目的=再稼働を阻止しよう、原発現地を応援しよう集会が開かれた。
90分の集会だったが、密度の濃い内容で行われ、広瀬隆さんなど延べ16人が発言、カンパ8万1000円、配布レジメ370枚(参加者数は250人位)でした。
参加者からは好評で、「良い内容だった」との声もいただいた。
2.初めに主催者兼司会として柳田が発言。この集会は首都圏反原発連合が9日(日)の日比谷-国会大行動で多忙なため、依頼を受けて、代わりに阻止ネットが主催したこと。ふだんの金曜行動とやや違って、原発現地応援を再稼働反対とともに中心に掲げ、1分スピーチでなく、数分スピーチ、集会用レジュメ資料(B4版)も全員に配布するなどの特徴を説明。
(官邸前の道路で、原発現地への「寄せ書き」とハガキの普及をしました。)
3.次に事務局の木村さんから基調提起。安倍政権の原発推進の重大な問題点と規制委員会の“再稼働ありき”の本質=「基本姿勢の間違い」などが的確に指摘・批判された。FOEの吉田明子さんが政府のエネルギー基本計画の問題点を指摘しました。
武笠さんからちからづよい「再稼働反対・原発いらない」のコールに皆で唱和。
4.再稼働阻止ネットから当面の4つの目的について発言しました。
(1)エコ風船あげ(全国10カ所)-放射能の影響の調査  淵上太郎さん(テントひろば)
(2)原発立地自治体住民連合・安倍首相への公開質問状 広瀬隆さん(作家)
新しく発足する団体が24日(月)午後に参議院会館で集会を開く。
全国の自治体議員が来る。東京圏の市民もみんな参加してほしいとアピール。
(3)規制委の本質と3・13(木)行動(規制庁へ昼休み)  天野惠一さん(事務局)
(4)原発現地への応援-川内、伊方、その他      岩下雅裕さん(事務局)
                   (伊方メッセージ代読:久保)
5.集会・デモのアピールが5団体から述べられました。
・反原連3月9日・東電抗議3月9日
・3・11福島行動・テント裁判(4月23日)
・東電解体講座(3月26日:明石昇二郎講師)
6.最後に坂東さん・武笠さんの「再稼働反対・原発いらない」コールで8:00JUSTに終了しました。
7.伊方からのメッセージ
本日の行動に伊方の家から連帯の挨拶を送ります。晴れ渡った佐田三崎半島に再稼働の暗雲が垂れ込めてきているこの伊方・八幡浜の地を今日も駆けずり回っています。川内原発を突破口にして雪崩をうった再稼働の嵐が、棄民と自然破壊をあからさまにしながら押し寄せてこようとしています。これにこうして住民の命と安全を守り、豊かな自然とともにいとなまれてふるさとという財産を守る住民自身の闘いが、一歩も二歩も進まねばなりません。今、伊方・八幡浜で新たな動きが始まっています。3月19日の伊方町での34年ぶりという反原発の井戸川さん講演会や、翌日八幡浜市議会が催す田中三彦さん講演会はその一歩です.これを大きな渦にしていく拠点として、伊方の家は頑張ります。

┏┓
┗■2.福島の子どもたちを守るために   <中>
│「まつもと子ども留学」と「ふくしま集団疎開裁判」の取り組みについて
│   弁護士 安藤雅樹(長野県弁護士会所属)
└────(2月14日付け法律新聞より)
(見出し:1~5のうち、3を掲載)

3 本「まつもと子ども留学」は、受入先の地方自治体である松本市と、特定非営利法人まつもと子ども留学基金が協力して行うことに特色があり、民間NPOと松本市が協働して子どもたちを受け入れるという点で、私の知る限り全国初の取り組みである。
松本市の市長は、チェルノブイリ原発事故の後に医師として現地で医療活動を行った経験のある菅谷昭氏で、原発事故直後からテレビや講演などで健康被害のリスク及び子どもたちを避難させることの重要性について発言してきた。菅谷市長と松本市に福島から避難している市民たちとが懇談を重ねる中で、本取り組みを行うこととなり、現在まで民間と松本市の協働によりプロジェクトが進んでいる。
具体的には、松本市において教育環境を整え、NPOにおいて住環境、スタッフ体制を整え、資金集めを行うというものである。松本市においては居住する地域の理解を得るためのネットワーク作りについても協力してもらっている。
平成25年12月17日、松本市長及びNPOより本プロジェクトが記者発表され、「留学生」を募集し、現時点で数名の福島の子どもたちの松本への「留学」が決まっている。平成26年4月の開始のため、ボランティアや地域の人の協力を得て、寮の整備などを急ピッチで進めている状況である。
(下へつづく)

┏┓
┗■3.サイレントアピール、題して『一人でもDEMO』を実行して <下>
│ ヒト(周囲の人)には通じない 原発止めようってことが!?
│ それでも 断じて原発再稼働は許さない!!
└────(郡山市・はしもと)
○ウワー変なおばさんがいると囁いている高校生、ママあれになんて書いてあるの?ママも知らないよって通りすぎる親子、その他色んなヒトたちがチラ見をしていく。大丈夫よ私は無口沈黙サイレントだからと、目力で合図する。こんな感じで月3回ほどですが続けていると 署名はないの? 私も原発反対ですよ!なんて声がかかりウッカリ喋りそうになるけど喋りません。結果はわかりませんがこの方法が効果的ではないか、変なおばさんを1年は通してみようと思っています。
○このサイレントアピールは郡山市駅前の交番の斜め向かいの広場でやっています。毎回線量計は約0.4~0.6μ?あり、早めに除染したはずの地区なのに樹木の根元は1.2μ?前後はいつもあります。これで低くなったと言われていますが、決して安心できる数字ではないはずです。無駄な除染はもうやめてほしいし、除染にかけるお金は子どもを守ることに使うべきと前々から思っています。
本来ならば『原発いらない福島の女たち』多くの仲間と一緒に行動ができればとても力強いのですが、皆さんとてもお忙しく、各自が原発に対する諸問題を訴えていらっしゃるので安易に日時を決められず、私一人よがりの、とりあえず気楽な一人でもDEMO。皆さんにもお薦めです!いつでもどこでも!
1/12日の朝日新聞に{除染費補助に地域差 環境省と総務省縦割の弊害}とありましたが、空しい金取合戦になっていると思います。
ここでも醜い分断を強いているし、果たして原発再稼働を目論んでいる経済界政界に本気で未来の日本を考えているヒトがいるのだろうか?私たちは戦争や被曝させるために子どもを孫を育ててるんじゃない!そのための一歩としても断じて原発再稼働は許さない!!

┏┓
┗■4.テント日誌 3月8日(土)《特別版》
| 経産省前テントひろば910日目 商業用原発停止180日目
|    来週の脱原発集会及び行動について
└──── (三上治)

前号で今週末から来週にかけての脱原発集会やデモなどの予定をお知らせした。少し、加えるべきところもありますので再度お知らせをいたします。問い合わせ等は070-6473-1947へ。
3月9日(日)、原発ゼロ★大統一行動~福島を忘れるな!再稼動を許すな!①13時~14時日比谷野外音楽堂、主催:首都圏反原連他。②14時15分~15時東電本店前合同抗議行動、主催:経産省前テントひろば、たんぽぽ舎他。これはテントひろば等のよびかけ団体による独自行動です。②国会請願デモ、国会包囲。③15時30分~17時国会正門前大集会。反原連他。当日、全国から参加の皆さんとの交流会が17時30から予定されている。再稼働阻止全国ネットワーク事務局またはテントひろばに連絡を。
3月11日(火)、福島連帯テント前抗議行動。①正午~午後1時、経産省への怒りの抗議行動 ②午後1時~ 風船上げ行動(全国の原発現地いっせい行動に連帯して)経産省前テントひろば(電話070-6473-1947)第二テントを中心に当日のための準備を10時から行います。協力をお願いいたします。          3月11日(火)原発いらない!地球のつどい!14時~18時。「MAX福島4FAOZ(アオウゼ)。主催:原発いらない福島の女たち他。山本太郎・鎌田慧のスピーチあり。なお、午前中に県庁への申し入れデモなどあり。また、バスツアーの募集中(新宿西口発、朝7時出発~22時新宿到着)。このツアーの締め切りは3月6日。まだ、空きがあるか、どうかの問い合わせ。090-8455―2512(青山ハルエまで)。
3月14日(金)、官邸前抗議行動。18時~20時、主催:首都圏反原発連合。この日は通常の官邸前抗議行動が展開される。
3月15日(土)フクシマを忘れない!さよなら原発3・15脱原発集会。13時30分~14時30分(デモ)。日比谷野外音楽堂、主催さよなら原発一千万人署名他
3月16日(日)さよなら原発!かごしまパレード (1万人集会)。場所:鹿児島市中央公園(テンパーク)10時~16時 主催:ストップ再稼動!3・11鹿児島集会実行委員会。3月15日(土)14時~全国相談会。再稼動阻止全国ネットワークでは参加者を募集(希望者は連絡を)。

┏┓
┗■5.新聞より
└────
◆行き場失う 汚染ごみ
首都圏最終処分場決まらず  千葉、撤去求め住民提訴
(3月6日朝日新聞見出し)
◆避難転々老いた命尽きる
震災関連死巡り訴訟相次ぐ    (3月7日朝日新聞見出し)
──────────
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事故情報」
へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

【編集部より】
メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
「集会・デモ・講演会等のお知らせ」に関しては、平等に掲載するため
日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを400文字
以内で、またその他投稿に関しては600文字以内でタイトル及び内容を
お送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。
送付先:「 nonukes@tanpoposya.net 」
なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙面の
都合上すべてを掲載できない場合があります。
たんぽぽ舎の会員からの掲載希望を優先させていただく場合もあります。
予めご了承ください。
──────────
◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページをご参照下さい。
◆メールマガジンを送ります
たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
発信しています。
ご希望の方は、件名を「メルマガ希望」としてご自身のEメールアド
レスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを送ってください。
違うアドレスから「このアドレスに送って」ということは間違いの元と
なりますのでやめて下さい。登録できしだい発信致します。
たんぽぽ舎のメールアドレス: 
nonukes@tanpoposya.net
 ◆携帯への送信は、1回の容量が多いためか全文配信されない例があります。
──────────
たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、日曜・休日はお休みです。
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
FAX 03-3238-0797
HP 
http://www.tanpoposya.net/  Eメール nonukes@tanpoposya.net

Categories 原発廃止

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close