NHKの特報首都圏の放送姿勢について抗議

知人友人の皆さんへ
        杉浦公昭
平和こそ我が命

 

2014年03月07日

Posted by kyutono9 at 22:50 Comments( 0 ) │ 脱原発運動

NHKの特報首都圏の放送姿勢について抗議          

                                                                                       杉浦公昭
 3月
7日夜、NHKの特報首都圏「震災と原発事故・被災者支援、廃棄物はいま」を視聴した。受け取り手のない放射能ゴミ、はかどらない復興、薄れいく被災者支援などが放映され、最後の部分で『国民は自分の問題として考えて行かなければならない』と結んだ。
 確かに我々は「震災と原発事故」を自らの問題として考えて行かなければならない」。我々多くの国民は原発建設を容認したか、又は阻止できなかった責任を感じ、原発事故を自らの問題として考えた結果、「原発ゼロ」を選択し、世論喚起の運動も続けている。
 NHKは何故、国民のみの責任追及をするのか? 何故、権力側の責任追求はしないのか? 本来、NHKの言葉として言うべきだが、せめて「『政府や電力会社は、原発の再稼働や輸出を止めるべきだ』と言う声もある」位なことを何故いえないのか?
 埼玉県加須市の被災者ふれあいセンターの政府支援費がこの3年で打ち切られると放映した。それなら何故NHKは「政府や電力会社の責任において被災者が生きておられる限り支援費を続けるべきだ」と言えないのか? 
 以前からNHKは権力批判を避けて来ていたが「政府が右と言うものを左とは言えない」という籾井勝人会長では、権力迎合は強まりこそすれ、改善されるとは到底考えられない。
 放送直後にNHKの放送姿勢について抗議の電話を入れて置いた。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close