現在はびこる「新自由主義」は、支配層の自由のため大衆に不自由を強要する仕組みであり、古典的な自由主義とは似て非なるものである

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/128049

チョムスキー教授は、本講演のテーマである「現在の経済システムにおける人類の生存
の見込み」について、「新自由主義の市場システムの下では、人類が生き残る可能性は
きわめて低い」と、現状に対する厳しい見方を示した。

18・19世紀に活躍したアダム・スミスやジョン・スチュワート・ミルらに代表される、
「古典的な自由主義」では、支配層による大衆への不自由や制限は寛容できないものと
して、それを取り除くことが題目であった。

しかし、現在はびこる「新自由主義」は、支配層の自由のため大衆に不自由を強要する
仕組みであり、古典的な自由主義とは似て非なるものであると、チョムスキー教授は解
説した。

19世紀の米国では、労働者は同時に企業所有者であり、現在のような「賃金労働者」と
いう概念は否定されていた。チョムスキー教授は、「共和党が150年間かけて、そのよ
うな考え方を国民に浸透させてきた」と説明した。

チョムスキー教授は、「我々は今、(スミス以前の時代への)逆行の時代を生きている
」と指摘。世界でもっとも裕福な米国ですら、1000万人以上が失職し、学校や交通など
のインフラが崩壊しており、新自由主義は「機能不全の経済」と断罪した。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close