Global Ethics


報ステで武器輸出特集&明日、川内原発再稼働で政府交渉 by limitlesslife

東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党・脱原発担当)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

★既に始まっている本日のテレビ朝日系「報道ステーション」で、この間大き
なニュースのあおりを受けて放映延期が続いた、武器輸出に関する特集が
放映される予定です。新聞の番組欄には「戦車・哨戒機~武器輸出解禁が
変える日本」とあります。ぜひご注目ください。始まってます!!!!!

ここから本題です。既報ですが前夜となりましたので再度ご案内します。阪上
武さん(福島老朽原発を考える会)のメールの転送です。川内原発の再稼働
を食い止めるために、大変重要な交渉になります。ぜひご参加、ご注目くだ
さい。Ustream中継も行われます。

【Ustream中継:IWJ チャンネル5】
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

なお、以下の毎日の記事によると、「規制委は川内原発の再稼働後、巨大噴
火の兆候の監視体制を整えるため、有識者会議を設置する方針を決めた」
とありますが、再稼働後に有識者会議を設置するのではなく、現段階におい
てこそ、火山学者を交えた徹底的な議論を行うべきです。

日本火山学会:原発対応委員会を創設 巨大噴火リスク議論
(4月29日、毎日)
http://mainichi.jp/select/news/20140429k0000e040168000c.html

火山学会が原発と火山活動を議論(4月29日、NHK、動画あり)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140429/k10014111631000.html

巨大噴火の原発リスク、火山学会が専門委員会を新設(4月29日、毎日放送)
http://www.mbs.jp/news/jnn_2188257_zen.shtml

井村隆介鹿児島大学准教授(火山学)が語る火山と原発を語る講演会
~川内原発は火砕流問題をクリアしたのか~
http://www.youtube.com/watch?v=Sn6zJugD1fQ&feature=share&list=UUO8f9Q0ZS-TKOR6j9qgcixQ

—————————————
みなさまへ<拡散希望>
http://p.tl/Diva

優先審査が進む川内原発ですが、巨大噴火による火砕流の影響や前兆を捉
える可能性について、専門的な検討がないままに、九州電力の一方的な見
解が素通りしようとしていることに対し、火山学者が警告の声を挙げています。

避難計画は形だけのもので、入院患者など要援護者の避難については、全
くめどが立っていません。

福島原発では、汚染水問題が深刻な状況になっていますが、川内原発の重
大事故想定には福島事故に則した汚染水対策がありません。

政府交渉では、こうした問題を具体的に質し、再稼働が許される状況には
ないことを明らかにしていきたいと思います。鹿児島からも駆けつけます。
佐賀からも駆けつけます。どなたでもご参加できます。是非ご参加ください。

川内原発の再稼働審査・汚染水問題に関する政府交渉
http://p.tl/Diva
◆4月30日(水)参議院議員会館101
◆集 会  13:30~15:00(13時から通行証配布)
◆交 渉  15:00~16:30
◆内 容 川内原発の再稼働審査における火山の影響評価について
川内原発の原子力防災・避難計画について
福島第一原発の汚染水問題・川内原発の汚染水対策について
◆主 催 反原発かごしまネット/グリーン・アクション/美浜・大飯・高浜
原発に反対する大阪の会/福島老朽原発を考える会/FoE Japan/
原子力規制を監視する市民の会

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan

———————————————————————-
■東京を表す新ドメイン【.tokyo】先行登録開始■
[1]東京に関連するWebサイトと一目瞭然!
[2]先行登録はどなた様でもお申込み可能!
[3]今なら空きドメインが、たくさん!
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=ljkSM
——————————————————[freeml byGMO]–

井村隆介鹿児島大学准教授(火山学)が語る火山と原発を語る講演会~川内原発は火砕流問題をクリアしたのか~


オバマ発言の通訳と動画の重大な誤訳について by limitlesslife
知人友人の皆さんへ
         杉浦公昭
平和こそ我が命

2014年04月29日

Posted by kyutono9 at 21:25 Comments( 0 ) │ 政治問題

オバマ発言の通訳と動画の重大な誤訳について

  杉浦公昭

 日本国内で大騒ぎしている尖閣防衛について、オバマ大統領が日米安保の適用範囲と述べたことを日本外交の勝利のごとく扱うマスコミ報道が垂れ流されています。しかし、オバマ発言を姑息な手段でわざわざ誤訳した結果と知らされて驚いています。

 真実をつかめば安倍政権が追いつめられている姿も見えてきます。

 こんな誤訳を使った姑息な情報操作をする政府に騙されていたら、日本国民は本当に日中戦争に連れ込まれかねません。心して乗松聡子さんのブログを見て真相をつかみ、戦争へ誘う安倍政権を打倒しましょう。

—————————

 Monday,April 28, 2014 @PeacePhilosophy乗松聡子より

 【御用通訳に注意】オバマ発言誤訳は日米共同記者会見の同時通訳によるものだった。官邸HPの動画でも誤訳。

4月24日日米共同記者会見におけるオバマ大統領の発言誤訳問題については、4月25日26日の私のブログへの投稿を見てください。

この問題を『琉球新報』が27日の3面で大きく扱いました。

オバマ発言誤訳は、日米共同記者会見の同時通訳ばかりでなく官邸HPの動画で誤訳ありました。

このダブル誤訳から、どちらのケースも政府による意図的な情報操作であったのではないかと思っています。また、オバマ氏は、対話による信頼醸成措置を外交的に促進するために「我々はできることはなんでもする we are goig to do everything we can と言っているのに、この通訳は「奨励したいと思います」と、随分トーンダウンして訳しているように思えます。「安保が日本の施政範囲に適用するので尖閣に適用するが、領有権には立ち入らない」との歴代米国政権の立場を繰り返しただけの発言を大騒ぎしておきながら、エスカレートをたしなめ、外交的に「できることは何でもやる」と言っていることを隠したがるのだとしたら、日本政府は尖閣をめぐる戦争をさせまいとする米国の動きを抑えようとする、すなわち戦争を奨励しようとしているのではないでしょうか。そう危惧せざるを得ません。日本は大変危険な政府を抱えてしまっているのです。



サンテレビニュースPORT 兵庫・三田の高校生が被災地・気仙沼支援 by limitlesslife
April 30, 2014, 1:04 am
Filed under: 災害(避難、補償、復興、)

 永岡です、神戸サンテレビのニュースPORT、火曜日は震災特集で、兵庫県・三田市(神戸の北西)の高校生による被災地支援のお話がありました。
高校は三田祥雲館高校(
http://www.hyogo-c.ed.jp/~shoun-hs/ )、兵庫県で最も新しい県立高校で、木工で被災地を励まそうと、宮城の気仙沼を訪れました。被災地は何とか元気で、大人も子供もがんばっていると報告しています。
気仙沼の公民館に材料を持ち込み、子供たちと親たちに、写真たてを作るのを伝授しています。揃いのジャンパーに身を包み、気仙沼の子供たちに木工を教えています。被災地では公園もなく、自転車で子供も遊べずなのです。
三田祥雲館高校は東日本大震災の2ヵ月後から、自転車を送るなどしていたのです。高校2年の茅野さん、震災時に青森にいて、観光でも行った気仙沼を気遣っています。
子供たちに写真たてを作ってもらい、そして、笑顔が溢れました。
茅野さん、3年前に三田市に引っ越して、父親が自衛官で被災地に派遣され、震災後萱野さんと顔を合わせずに被災地に行っており、それが不安でしたが、被災地で父の仕事の重要さを知ったというのです。被災地も、自衛隊に感謝していると知り、父のことも理解したというのです。
そして、三田祥雲館高校の生徒会で、この活動をほかの生徒にも知って欲しいと、文化祭で発表すると言うのです。被災地が立ち直るのにはまだ5年以上いり、しかしテレビも被災地をあまり報じず、支援をしないといけないと伝えたいというのです。
茅野さん、被災地の、テレビで伝わらないものを知ってほしいというのです。観光地もあり、食べ物もおいしく、もっと東北へ行ってほしい、テレビで見るだけでなく、実際に見て欲しいというのです。
高校生だから出来ることもあると、被災地とつながりたいとの支援活動はこれからも続くのです。
文化祭は6月21,22日に行われ、そこで発表され、多くの人に聞いてほしいと、サンテレビのスタッフのコメントもありました。以上、今日のサンテレビでの報道でした。


ラジオ大阪 中井雅之のハッピーで行こう 週刊!矢野新聞 企業責任を語る by limitlesslife
April 29, 2014, 12:27 pm
Filed under: 会社:金じゃ

 永岡です、ラジオ大阪の、中井雅之のハッピーで行こう、火曜日の名物コーナー、週刊!矢野新聞、ジャーナリストで新聞うずみ火代表の矢野宏さんのお話がありました。
矢野さんはジャーナリストで休み、休日は関係なくGW、何それ、だそうです。家族もバラバラとかです。
で、今日のお話は、JRの駅で駅員を見ないと中井さん言われて、そして福知山線事故を通しての、企業の刑事責任で、25日矢野さん事故現場に行かれて、107人亡くなった事故から9年、マンションに被害者、遺族、JR関係者も集まり、もちろん黙祷しました。
その少し前、現場を通過する電車が警笛を鳴らし、乗客も手を合わせていました。
そのマンション、犠牲者への献花台もあり、壁にえぐられた傷跡もそのまま。当時40歳の一人娘をなくされた藤崎光子さん、9年たってまだつらく、返す返す、日常生活の中で、こういうところに居合わせたためのものであり、遺族に9年は悲しみを癒すには短いのです。
この事故、死亡した運転手のブレーキ操作のミスによる脱線、激突なのですが、なぜブレーキが遅れたのか、国交省は運転手が一つ前でオーバーランして、車掌に見逃してくれといい、会社がエラーをした社員に懲罰的な日勤教育をさせ、ATSなしも問題とした。JR西日本の企業体質が問われているのです。
が、事故の翌年、岡山での線路補修時に事故があり3人なくなり、対向車両のことを教えていなかった+神戸線の芦屋駅、阪和線でATSの設計ミスがあり、動かなかったのです。電車がオーバーしても減速せず、これが5~20年放置=事故後も放置。
こうしたJRの企業体質、安全より営利+企業幹部が誰一人刑事責任を問われず、歴代3社長にも無罪、事故を予測できなかったもので、なら企業の経営責任はないのか?山崎氏の無罪は確定し、誰も責任を問われていない。
営利を優先し、安全を無視するのは経営幹部で、矢野さんはこれが企業犯罪と言われました。そして、韓国でも、同じような事故が起こっており、こちらも営利のためと思われる(荷物を限度の3倍積んだ)、高校生を見捨てた船員の責任も大きいが、こういう船員を契約社員として雇った企業の責任も、船会社の命令でやっており、つまり韓国も営利のために安全を無視したのです。
韓国でも、この企業の責任が問題であり、船長一人のことではないのです。
そして、企業の刑事罰を問う必要があり、特に交通機関の場合、組織罰を目指して、藤崎さんたちが勉強会を始め、今の刑法は明治時代のもので、犯罪は個人のもので、企業は想定せず、安全に関わるものであり、フランスは10年前に法人の刑を問い、イギリスも作った=その後鉄道事故が3割減ったのです。
ヨーロッパでは、企業の責任を問う方向にあり、事故=会社がつぶれる=安全にしないといけなくなるわけで、これがあると、福島原発事故も防げたかもしれないのです。福島でも営利で防潮堤を作らずあの始末です。
中井さん、一般より高い倫理観を求められる職業もあり、企業にはPL法はあるが、社会モラルをもっと問うべきと言われて、矢野さん、公共交通機関は高いモラル+高い安全意識がいる、人の命を預かる責任を持てと言われました。
こういう間にも、次の事故があるかも知れないのです。以上、今週の矢野さんのお話でした。



団体賛同募集(5月8日締切):JBIC・NEXI環境社会配慮ガイドラインの適切な改訂プロセスを求める要望書 by limitlesslife
April 29, 2014, 1:34 am
Filed under: 秘密保護法, 倫理, 原発輸出
紅林進です。
海外への原発輸出を含む日本企業の海外進出や資源獲得を
後押しする政府系機関である日本貿易保険(NEXI)及び国際
協力銀行(JBIC)は、その支援に当たっての環境社会配慮ガ
イドライン改訂において、NEXIが実施状況の報告書を作成・
公開しない等の不適切なプロセスが行われようとしていますが、
そのようなことを改めさせ、透明性と適切なプロセスを確保させ
ることは、原発輸出を阻止するためにも重要なことです。
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)では、NEXI、JBICに
対し、「環境社会配慮ガイドラインに関する実施状況調査/追加
調査報告書の公開を求める要請書」(案)を作成し、その賛同
団体を募っています。
賛同頂ける団体は、5月8日17時までに、tanabe@jacses.orgまで
お知らせください、とのことです。
(以下転載・転送・拡散大歓迎)
皆様現在、日本企業の海外進出(原発輸出含む)や資源獲得を後押しする

政府系機関である日本貿易保険(NEXI)及び国際協力銀行(JBIC)は、
環境社会配慮ガイドラインの改訂を行っていますが、NEXIが実施状況
の報告書を作成・公開しない等の不適切なプロセスが行われようとして
います。今後、NEXI・JBICがトルコやベトナムへの原発輸出を支援する可能性

が高く、環境社会配慮ガイドライン改訂において、透明性が高く適切な
プロセスを確保することは極めて重要です。そこで、JACSESでは下記
の通り要請書を作成し、賛同団体を募集することに致しました。賛同頂ける団体は、5月8日17時までに、tanabe@jacses.orgまでお知ら

せください。ご検討よろしくお願い致します。「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
田辺有輝

以下、要請書案:
————————

2014年5月●日
日本貿易保険(NEXI)理事長 板東一彦様
国際協力銀行(JBIC)総裁 渡辺博史様
CC:経済産業省経済協力局貿易保険課・財務省国際局開発政策課

NEXI・JBIC環境社会配慮ガイドラインに関する
実施状況調査/追加調査報告書の公開を求める要請書

私たちNGO・市民団体は、日本企業の海外進出や資源獲得を後押しする

政府系機関である日本貿易保険(NEXI)及び国際協力銀行(JBIC)の環境
社会配慮ガイドラインの改訂作業が不適切であることを強く懸念し、実施状
況調査/追加調査の適切な実施と報告書の公開を要請します。現在、NEXI及びJBICは、環境社会配慮ガイドラインの見直し・改訂作業を

行っています。JBICは実施状況の確認結果を報告書にまとめて公開し、
4月24日に開催されたパブリック・コンサルテーションで配布・説明を行い
ました。しかし、NEXIは報告書を公開しておらず、実施状況の確認内容が明らか

になっていません(パブリック・コンサルテーションの議題設定もされません
でした)。このように、形式的にも実質的にも実施状況の確認が完了して
いないにもかかわらず、4月24日のパブリック・コンサルテーションでは、
JBIC担当者より、次回会合で改訂議論に入るとの意向が示されました。また、JBICは6案件に関する現地調査を含む追加確認を実施中とのこと

ですが、その報告書を公開するかどうかについても明らかにされていま
せん。そこで、私たちは、NEXI・JBICに対し、以下の点を要請します。
1.    NEXIは、環境社会配慮ガイドラインの実施状況確認調査を適切に

実施し、報告書にまとめて公開すること。また、次回パブリック・コンサル
テーションにて、NEXIの実施状況確認を議題として設定すること。
2.    JBICは、6案件に関する現地調査を含む追加確認を報告書にまと
めて公開すること。
3.    改訂に関する議論は、上記2点が完了してから開始すること。賛同団体:
●●

連絡先:
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)担当:田辺
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-3-2 三信ビル401
Tel: 03-3556-7325 Fax: 03-3556-7328 Email: jacses@jacses.org



「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」(eシフト)メーリングリストより転載



昨日(27[日)の愛宕山造成工事説明会等の写真送信 by limitlesslife
April 29, 2014, 1:31 am
Filed under: 基地, 岩国

戸村です(毎度お騒がせします。重複ご容赦)

 

昨日(27日)、岩国市愛宕供用会館で中国四国防衛局の愛宕山造成工事の、3回目の説明会が行われました。今回は、23日、25日の説明会での「愛宕山を守る会」などの市民の追及を受け、「文書回答を行う」「全市民を対象にした説明会を行う」との言葉が引き出されました。

 

例によって行動の写真集」に追加しましたのでお知らせします。

 

下記以下をクリックすると98枚の写真が出てきます。

http://tomura.lolipop.jp/pead754/754-01.14.4.27setumeikai001-010.html

 

なお、26日には、ピースリンク広島・呉・岩国による「自衛隊の海外派兵は許さない」掃海艇派兵23周年・海上デモ(新田秀樹撮影)が行われています。

こちらは下記以下で31枚の写真です。(コメント未)

http://tomura.lolipop.jp/pead753/753-1.14.4.26kureheiwasebdan01-10.html

 

「行動の写真集」のアドレスは

http://tomura.lolipop.jp/

 

戸村良人
simoiti1329@do.enjoy.ne.jp

 



「人民網」記事紹介: 日本の侵略の真実を伝える「従軍日誌」 by limitlesslife
April 29, 2014, 1:30 am
Filed under: 従軍慰安婦

参考(既報)
・田中信幸さん朝日新聞20130815記事
・ 韓国MBC放送「父の日記」
*************************************
近藤 ゆり子  k-yuriko@octn.jp

徳山ダム建設中止を求める会事務局長ブログ
http://tokuyamad.exblog.jp/
*************************************

各位様
熊本の田中信幸です。昨日「人民日報」に掲載された私に関する記事を紹介しましたが、4月25日付の「人民網」(人民日報の日本語版)に日本語で少し割愛された内容が紹介されました。写真など相当掲載されています。以下のアドレスで見れますので、紹介します。
田中信幸