特定秘密保護法の廃止を求める意見書を地方議会が続々と可決し、昨年12月の法成立後で108議会に及ぶことが分かった。今年2~3月だけでも60以上の議会にのぼり、同法への不安や強引に成立させた政権への批判が地方にも根強く広がっている。

 

秋田県仙北市議会は廃止を求める意見書を3月12日、全会一致で可…

この記事に関するニュース
  • レコメンドシステムによる自動選択