京都脱原発訴訟:0083] 「低線量被曝」の学習会

 永岡です、大飯原発京都脱原発訴訟、今週末のイベントのご案内です。
裁判HP、http://nonukes-kyoto.net/
裁判ブログ、http://d.hatena.ne.jp/kyotodatsugenpatsubengodan/
事務局メールアドレス、kyotodatsugenpatsubengodan@gmail.comです。
<以下、転送、重複失礼いたします>
——————————————————————–
かねてお知らせしてきました「低線量被曝」についての学習会が,
今週末になりましたので,再度,ご連絡させていただきます。
多くの皆さんのご参加をお待ちしております。
——————————————————————–
学習会「原発事故と低線量被曝による健康影響」

講 師:加藤 聡子さん(聖母女学院短期大学 元教授)
日 時:4月19日(土)13:00開場,13:30開会,15:15終了予定
場 所:京都教育文化センター(教文センター)302号室
〒606-8397 京都市左京区聖護院川原町4-13
(京阪電車 「神宮丸太町」駅から東へ歩5分,京大病院の南)
主 催:大飯原発差止訴訟 原告団
連絡先:〒604-0857 京都市中京区蒔絵屋町280番地
インターワンプレイス京都4階
京都第一法律事務所 気付
Tel :075-211-4411 Fax:075-255-2507
Mail:kyotodatsugenpatsubengodan@gmail.com
(きょうとだつげんぱつべんごだん)

■大飯原発差止訴訟の原告団では,昨年11月に福島交流ツアーを実施しまし
たが,現地の放射線量と被曝の関連が問題となりました。そこで,今回,低
線量被曝の問題を学習することにしました。

■講師の加藤さんは京都大学出身,理学博士。長年にわたり幼児・小学校教
員養成,保育士養成に携わり,次世代の健康を守るという視点で原発事故を
追及されています。低線量被曝について,どう判断したらよいのか,その基
礎を学習したいと考えている市民の皆さん,とくにお子さんをもつお母さん
たちにとっては,うってつけの学習会です。大飯原発差止訴訟の原告以外の
方でも参加できます。

■講師の加藤聡子さんについては,下記Blogを参照ください。
最近では,「放射性セシウムと放射性カリウムの健康影響」をめぐる記事な
どがあります。
【参考Blog】
自然流の日々雑記 http://natureflow1.blog.fc2.com/
寧楽悠々自然流  http://natureflow.exblog.jp/

■当日の内容
13:00 開場
13:30 開会挨拶及び講演者紹介(竹本 修三)
13:35 講演(加藤 聡子 さん)
14:35 [休憩]
14:45 質疑応答,意見交換
15:15 原告団世話人会からのお知らせ及び閉会挨拶(吉田 明生)
——————————————————————–
大飯原発差止訴訟,原告団・世話人会
竹本 修三(原告団長)
吉田 明生(原告団事務局長)
京都脱原発訴訟 原告団 Web → http://nonukes-kyoto.net/
——————————————————————–

Categories 大飯原発

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close