関西テレビニュースアンカー 須田慎一郎 オバマ来日と中国の差し押さえを語る

 永岡です、関西テレビのニュースアンカー、月曜レギュラーの経済ジャーナリストの須田慎一郎さんと、今日は劇作家のわかぎゑふさんが出られました。

オバマ大統領の来日、わかぎさん、オバマ氏はアメリカで人気がなく、今来るのは残念で、もっと人気と力のあったときに来て欲しかった。前回はすごい人気で、わかぎさん大統領の作り方という番組をご覧になり、オバマ氏は下降線に入っていると言われました。
そして須田さん、問題が山積で、別の観点から、日米関係は相当ギクシャクしており、前回のオバマ氏の来日は、福井の小浜市も盛り上がり、しかし今は日本国民もオバマ氏に全幅の信頼をおかず、歓迎もしていない。オバマ氏の来日は重要なのに、2泊3日では何が出来るのか?その意義を安倍総理が語るべきと言われました。

さらに、日本の商船が戦後補償の代償として中国に差し押さえされたこと、商船三井の船舶が差し押さえられ、1936年に踏み倒されたことの未払い賃料のために、2007年に賠償が言い渡され、2010年に判決確定。それで差し押さえです。菅長官、遺憾と言っており、中国での差し押さえは初めてです。日中間は1972年の共同声明で、戦時賠償を放棄するとされており、しかし日中関係の悪化で、中国では日本企業相手の裁判も行われ、民間の賠償も受理されています。
これについて、須田さん、日中関係の悪化により、過去のことが蒸し返され、これは想像出来たことであり、中国は法治国家ではなく人知国家、法による統治の概念はなく、権力者により裁判は変わり、そのため中国への投資は間接投資にすべきなのに、日本は直接投資しており、日本は甘すぎたと言われました。
わかぎさんも、個人的に中国は好きで良く行くが、考えは異なると言われました。
そして、国際司法裁判所への提訴、須田さん、中国は応じず、政治的に解決するしかないと言われました。

Categories アベノミス

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close