報道するラジオ2014/4/25 今回の日米交渉をどう見る?ルーシー・クラフトさんのお話と帯刀記者の報告

 永岡です、報道するラジオ、今週も水野晶子さんの司会、毎日新聞ほっと兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で放送されました。鳥谷、エエぞ!ゴメスもエエぞ!(野球に興味のない人いつもすみません(笑))

 今日の特集は私の予想通りオバマ大統領来日、日米交渉で、永田町の模様を、MBS東京支社の帯刀(たてわき)記者が報告されました。何をオバマ氏が得たのか、安倍氏が得たのかを報じます。

 千葉猛さんのニュースで、日米共同声明、首脳会談の直後ではなく、TPPでもめたために1日遅れで、重要課題を解決する道筋とのみ言っています。安保について、尖閣も含めると明記しています。首脳の文書に安保が書かれるのは初めてです。集団的自衛権をアメリカは歓迎、辺野古移設は持続可能なアメリカの駐留のためと言うのです。

 帯刀さん、報道するラジオデビューであり、東京に行って時間もなく、いきなりオバマ取材で、帯刀さん3月に東京に行かれて最初が大物、大変(笑)。東京は、現場を取材して、至るところで道路封鎖、オバマ氏の移動の際に、両車線とも封鎖。異様な光景であったのです。

 オバマ氏の専用車、バイクも含めて40台引き連れてであり、ここへ行く情報で注目され、ワイドショーで銀座へ行くと報じられ、夜の銀座は混雑し、超高級すし屋、お任せで3万円から?安倍氏との非公式の食事会で、銀座は黒山の人だかり、オバマ氏をスマホで写すのです。

 銀座は人が多くて、すし屋周辺はビルからの人の出入りも制限され、ビルから出られない人あり。仕事で銀座に行くのに、タクシーが動かず、走ったらおまわりさんに呼び止められたというものもあったというのです。

 それで、安倍氏は2ショットを見せたくて、食事会、日米交渉の話をしており、オバマ氏、安倍氏は自分より支持率が高いから、TPPで譲れと、和気藹々ではなかったのです。オバマ氏、こんなおいしいすしはないと言っていたのに半分残した=1.5万残したのは、TPP交渉の難航を示しているのです。相当厳しいTPPへの思いがあったのです。オバマ氏、半分残したのに、中トロは好み(笑)、アメリカの人、トロが好きなのです。

 しかし、共同会見、永田町の見方は、集団的自衛権、安倍氏は憲法解釈の変更でやろうとして、それをオバマ氏が歓迎・支持して、憲法解釈の変更に自民や公明から異論も出て、しかしオバマ氏の評価が後押しになる。しかし、ある自民議員は、オバマ支持でやったら、安倍氏はアメリカの言いなりと言われることも出ています。

 そして尖閣、オバマ氏は安保の適用といい、文書では初めてで、しかし中国が武力行使したらと聞かれて、オバマ氏は明言せず、中国は大事と、中国で配慮しており、永田町では、自民の石破氏、大きな意義があると言うのですが、中国外務省から懸念も出て批判。

平野さん、安倍氏に釘をさしてきつい言葉で言っており、対話なしはおかしいと、中国と話しろとオバマ氏はいい、中国を敵にしない+尖閣の領有権は明確にせず、今までと違うところまで踏み込んでおらず、立場はクリントン長官時代の踏襲であり、安倍氏の誇る成果はないと言われました。

 帯刀さん、尖閣について明記し、拉致被害家族との面談も直前に決まり行われ、アメリカが日本に譲歩しており、外務省は満額回答と言うのですが、TPPでアメリカが取りたいという意図というのです。共同声明、オバマ氏が韓国に行く15分前で、普通は記者会見直後なのに、翌日のこんな時期は異例なのです。

 遅れた理由はTPPがまとまらなかったためで、甘利氏とフロマン氏が40時間やったのに、まとまらず、大胆な措置を取るというに留まったのです。

 このままTPPがどうなるか不明。国会の承認も要り、自民の西川氏、秋の臨時国会と言っているのに、麻生氏、11月の中間選挙まで出ず、オバマ氏も力なし、アメリカの議会で通らないと言うのです。平野さん、政権ナンバー2の言葉としては礼を欠くと言われました。以上、帯刀さんの報告でした。

 リスナーより意見もあり、異例の訪問で、海外メディアの反応に関心があるとあり、アメリカCBSテレビの東京支局長のルーシー・クラフトさんが、アメリカ側から見た日米交渉について語られました。ルーシーさん、お電話でのお話です。

 まず、日本では尖閣、言葉が出たと報じられているのですが、ルーシーさん、アメリカでも報じられ、尖閣の問題でアメリカが防衛するということは大きく報じられたとあり、しかし、経済のTPPの方が大きく報じられているのです。

 集団的自衛権の問題、アメリカは支持すると言うのですが、ルーシーさん、これはあまりアメリカでは報じられず、日本国内のニュースで、アメリカではそれほど関心はないのです。日本の防衛、領土はあまり関心はなく、経済が問題で、安全はウクライナ、ロシア、中東が大きく、日本の防衛に興味なし。例外はなぜ、アメリカの兵隊が尖閣のために出ないといけないのかとクレームも結構ある、アメリカ人にとっては、尖閣だけでなく、中国の名称も使わないといけない、日本と中国がこんな石の塊でなぜ争うのか、何の価値があるのかとなる。

 背景は、オバマ氏が大統領になったとき、ブッシュ時のようなばかばかしい戦争はしないと言っていたのに、アフガンもやっと終わり、アメリカ国民は戦争は嫌であり、紛争に巻き込まれるのはこりごり、なぜ尖閣などでアメリカが戦争なのか、なのです。アメリカの戦争の関心はロシアにあるのです。こちらに恐怖があるのです。

 リスナーの質問があり、オバマ氏、TPPでアメリカでは評価されているかとあり、ルーシーさん、TPP失敗=オバマ氏への失望。オバマ氏の政策は、中東にやりすぎて、これをアジアにやると言ったのに、この中にTPPが大黒柱としてあり、つまりTPPがダメ=オバマダメ。

TPPの不成立はオバマ氏の大失点になっているのです。アメリカではすごいマイナスであるが、一般のアメリカ人は半分くらいTPPに反対。リスナーより、アメリカ人はTPPをどう思うかとあり、学者、専門家でないとTPPを理解していない、メディアが扱わず、一般的には、自由貿易のことはアメリカ人にマイナスで、労組、環境団体、NPOが自由貿易に反対。アメリカとカナダでも問題があり、アメリカは大規模農業で、メキシコは小規模で、こちらが自由貿易で潰れた+安い工場がメキシコに行き、アメリカの失業率が上がる。

 アメリカが外へ出てしまう+環境問題。大企業、インテリには支持されるものの、グローバリゼーションで、1%の富裕層のみ喜び、99%の一般の人はひどい目にあう、それがこれからの、日本の姿かも知れない、それをアメリカは体験し、しかしアメリカは国民保険なし、やっと今年始まり、アメリカでひどい目にあった人も多く、国の状態は異なるのです。

 水野さん、アメリカは一枚岩で自由貿易を求めていると思っていたが違い、オバマ氏の政策も国民に広く支持されているのではなく、日本で普通のアメリカ人にとって、中国の方が大事であり、一般論で、アメリカは中国に集中すべきとなり、オバマ氏、日本に圧力をかけて、乳製品、肉で押しているが、日本はアンフェアな国であると先入観を持たれ、安倍氏、米、自動車を例外とするなら、受け入れられない。

 アメリカのニュースは、時間の無駄遣いでないという報道もあるものの、国民はそうではない。

 平野さん、大統領が通商権を持たず、議会に蹴られる可能性もあると指摘され、ルーシーさん、オバマ氏何をやっても議会で反対で、しかしオバマ氏、日本に4年ぶりに来たので、何か成功したかったというのです。もう一つ、TPPの失敗は残念なものの、オバマ氏はもっとアジアに傾倒すべきでありとアメリカの世論はいい、「おすしサミット」といわれ、キャロライン・ケネディ氏のことも報じられ、遊び心のほうが報じられ、日本の祖父とパワーが報じられ、日本のイメージがきれいに報じられ、これは日本にマイナスではないのです。

 しかし、オバマ氏、安倍氏やNHK会長、靖国よりすしサミットのほうがマシであり?オバマ氏は去年アジアに来ず、これから頻繁にアジアに目を向けるべきとなっているのです。靖国はアメリカでは理解されず批判され、イルカ問題が重要。アメリカは靖国で日本をマイナスに見ており、このマイナスはまだ続いており、靖国参拝を理解するアメリカ人はほとんどいない。歴史改竄のリビジョニストと日本を見ている+韓国系のアメリカ人が日本を批判しているためです。

 平野さん、安倍氏がバラクと親しく呼んだことについて質問され、ロン・ヤスを再現しようとしたのに、失敗したことについて聞かれて、ルーシーさん、ロスタイムスが報じ、この記者は堅苦しい、ぎこちないバラク・シンゾウではなかったと報じたのです。

 国賓問題もあり、オバマ夫人が来なかったこと、オバマ夫人、キャリア人で、娘さんを大事にして、普通の生活をさせたく、オバマ氏の海外に行くのにいつも同行せず、いつも行くのではない。日本はなぜ、夫人が来なかったことにこだわるのかとアメリカでは報じられ、日本が侮辱されたのではなく、単なるビジネスのことだとなっているのです。以上、ルーシーさんのお話でした。

 ニュースは千葉猛さんの担当でした。

 米韓首脳会談、オバマ氏、朴槿恵大統領と会談し、慰安婦問題は大変な人権侵害で安倍総理はちゃんと理解しろ、元慰安婦の主張を日本は聞けとして、韓国の賠償に理解を示し、しかし日韓は未来も見ろと、韓国にも理解しろとなったのです。北朝鮮に核実験をするなとしています。

 JR福知山線脱線事故、9年で、遺族や被害者が慰霊式典に参加し、918分に電車は汽笛を鳴らして進みました。JR社長4人の裁判、強制起訴は一審で無罪、控訴中です。

 海自のいじめ自殺裁判、小野寺氏、公益通報で不利益になることはあってはならないとしています。二審は7300万円の支払い+いじめ資料のことが告発され、海自が文章を隠蔽し、告発した三佐を小野寺氏、処分しないというのです。

 STAP細胞、理研で石井調査委員長も辞任。2008年に掲載された論文も捏造とされ、画像の切り張りが指摘され、石井氏、これを認めています(何か、どこぞの地域政党みたいにひどい(笑))。

 大阪でのダンス不許可の裁判で無罪です。

 今日はオバマ来日のことでしたが、オバマ氏、韓国で慰安婦問題での発言、平野さん、日本ではオバマ氏は安倍氏を批判しなかったものの、安倍氏は河野談話を見直さないとしていたからで、河野談話も詳細な証言で出されたもので、安倍氏の歴史認識NOと釘を刺した。しかし、基本は日米韓の強固な連携をほしいとのしているのです。安倍氏、枠をオバマ氏にはめられたのです。

 リスナーより、TPPで安易に妥協するなとあり、平野さん、安倍氏、守るばかりで攻めていないと言われました。

 これ、TPP、慰安婦問題など、日本国内とエライ違います。貴重なお話でした。これも、皆さん私に無断でいくらでも拡散してください、以上、今週の報道するラジオでした。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close