全面譲歩していたTPP密約の衝撃

□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】
□■  天木直人のメールマガジン2014年4月26日第341

国民に隠して全面譲歩していたTPP密約の衝撃

けさ(4月26日早朝)のTBSが驚くべきニュースを流した。

すなわち、オバマ訪日でも最終合意には至らず協議は継続されたはず
のTPP日米交渉が、実は合意されていたというのだ。

驚いたのは毎日放送の政治記者も、「取材当事者であるので言いにく
いが」と口ごもりながらこれを認めていたことだ。

国民はいい面の皮だ。

しかもその密約は事実上の日本の全面譲歩に違いない。

オバマ大統領は共同記者会見でこう公言していた。

それをはっきりいま私は思い出す。

閉鎖的な日本の市場を開放して、米国の経済と雇用を守る。これは
「我々のボトムライン」であると。

ボトムラインとは米国が交渉でよく使う言葉だ。

これ以上譲れない最低ラインということだ。

米国の大統領が共同記者会見の場で世界に向けてそう公言した。

米国がTPPで日本に譲歩する事はありえない。

日米合意を実現する為には日本が全面的に譲歩するしかないというこ
とだ。

国民が知れば怒り出すほど都合の悪い事は、常に密約で処理されて来
た。

これが戦後の日米関係史だ。

日米安保条約からはじまって沖縄密約に至るまで多くの密約が過去に
重ねられてきた。

それはいまや情報公開により周知の事実だ。

米国占領下や冷戦時であればまだ理解はできる。

しかし2014年4月という現在において、しかも戦後レジームを取
り戻すと叫ぶ安倍政権下で、日本を売り渡す密約が公然と行われていた
とすればどうか。

政府関係者も官僚も御用メディアもそれを知っている。

しかし国民には決して知らされない。

このTPP密約は永久にその存在が国民に明らかにされる事はない。

なぜならば、そもそもTPPそのものが密約であるからだ。

関係者は外部に真実を知らせてはいけない事になっているからだ。

そして何よりも日本では特定秘密保護法ができた。

真実を告白したり追及したりすれば罰せられる。

権力者にとって何から何まで都合にいいように事が進んでいるといい
うことである。

「絶望の日本」ということである(了)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close