サンテレビニュースPORT 兵庫・三田の高校生が被災地・気仙沼支援

 永岡です、神戸サンテレビのニュースPORT、火曜日は震災特集で、兵庫県・三田市(神戸の北西)の高校生による被災地支援のお話がありました。
高校は三田祥雲館高校(
http://www.hyogo-c.ed.jp/~shoun-hs/ )、兵庫県で最も新しい県立高校で、木工で被災地を励まそうと、宮城の気仙沼を訪れました。被災地は何とか元気で、大人も子供もがんばっていると報告しています。
気仙沼の公民館に材料を持ち込み、子供たちと親たちに、写真たてを作るのを伝授しています。揃いのジャンパーに身を包み、気仙沼の子供たちに木工を教えています。被災地では公園もなく、自転車で子供も遊べずなのです。
三田祥雲館高校は東日本大震災の2ヵ月後から、自転車を送るなどしていたのです。高校2年の茅野さん、震災時に青森にいて、観光でも行った気仙沼を気遣っています。
子供たちに写真たてを作ってもらい、そして、笑顔が溢れました。
茅野さん、3年前に三田市に引っ越して、父親が自衛官で被災地に派遣され、震災後萱野さんと顔を合わせずに被災地に行っており、それが不安でしたが、被災地で父の仕事の重要さを知ったというのです。被災地も、自衛隊に感謝していると知り、父のことも理解したというのです。
そして、三田祥雲館高校の生徒会で、この活動をほかの生徒にも知って欲しいと、文化祭で発表すると言うのです。被災地が立ち直るのにはまだ5年以上いり、しかしテレビも被災地をあまり報じず、支援をしないといけないと伝えたいというのです。
茅野さん、被災地の、テレビで伝わらないものを知ってほしいというのです。観光地もあり、食べ物もおいしく、もっと東北へ行ってほしい、テレビで見るだけでなく、実際に見て欲しいというのです。
高校生だから出来ることもあると、被災地とつながりたいとの支援活動はこれからも続くのです。
文化祭は6月21,22日に行われ、そこで発表され、多くの人に聞いてほしいと、サンテレビのスタッフのコメントもありました。以上、今日のサンテレビでの報道でした。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close