【朝デジ通信】緊迫するやりとりの末、吉田所長が下した判断は…(吉田調書第2章)

—————————————————————————- ■■【1】編集長イチオシ —————————————————————————- ■東日本大震災発生時の福島第一原発所長、吉田昌郎氏が政府事故調の調べに答えた 吉田調書・第2章「住民は避難できるか」<<デジタル限定>> ▼「真水か海水か」 吉田所長は3号機への注入をどう判断したのか。緊迫するやりとりの末… ▼「広報などは知りません」 人為的に放射性物質をまき散らすこともあり得る状況になってきたときに、耳を疑う ことを言ってきた組織があった。  ▼プロローグ、第1章「原発は誰が止めるのか」
______________________________
無料・有料登録をして記事をお読み下さい:

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close