どう動く:集団的自衛権 私の意見/7 「投票」で流れ変えろ ジャーナリスト・鳥越俊太郎さん(74)

毎日新聞 2014年06月22日 東京朝刊

 自国は戦争を仕掛けられていなくても、同盟国が地球のどこかで戦っていれば協力するというのが集団的自衛権の本質だ。「大量破壊兵器の保有」というでっち上げの理由でイラクを攻撃した米国は、世界で唯一の「自由に戦争ができる国」だ。集団的自衛権の行使とは、そんな国の戦争に手を貸すということだ。

にもかかわらず批判の声で大騒ぎにならないのは、中国や北朝鮮を何となく危ないとみる空気が背景にあるだろう。このままでは日本が危機に陥るかのように安倍政権は言っている。しかし国民を守るのなら、いまの憲法解釈でも認められている個別的自衛権で対応できるのだ。

安倍晋三首相は、日本が戦後築いてきたルールや仕組みをひっくり返すことに情念を燃やしている。「自分の言うことが最終決定だ」ともいわんばかりの政治姿勢だ。かつての自民党は、国会で多数を占めても、政権の暴走にブレーキをかけることがあった。今はほとんど反対論が出ない。戦前の翼賛体制を思い出す。

民主党が政権運営に失敗したことへの反動で、自民党に風が吹き、今の政権が誕生した。しかし世論調査を見ると、集団的自衛権の行使容認にはかなりの国民が困惑していることがうかがえる。現政権をつくった投票行動に、「しまった」と考えている人は多いはずだ。だが次の国政選挙まで、この流れは進むだろう。流れを変えるには、次の投票行動でその意思を示すしかない。【聞き手・竹内良和】=随時掲載

==============

■人物略歴

 ◇とりごえ・しゅんたろう

新聞記者、「サンデー毎日」編集長を経て報道番組のキャスターに。「ニュースの職人」として活動。

最新写真特集

  • キャンドルナイト:暗闇で被災地復興願う 東京・増上寺
  • eye:熱狂の王国・W杯2014 ボール追う、世界の視線
  • JR指宿枕崎線:特急脱線12人軽傷 大雨で線路に土砂
  • ブラジルW杯:フランス猛攻 スイスを撃破 E組
  • ブラジルW杯:コスタリカがイタリア破り決勝Tへ D組
  • 家庭用ゲーム機:「Xbox ONE」国内発売は9月4日

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close