[2014年6月21日発行]
こんにちは。
今日21日は夏至。一年で最も昼の長い日です。
皆さまにはいつもグリーンピースの活動を応援してくださり、ありがとうございます。

国産=安全? 消費者の手で健康と環境をまもるには

形がよくておいしくて、清潔で安心して食べられるものと世界中で評価されているメイド・イン・ジャパン。
冒頭のグラフは、主要先進国での耕地1ヘクタールあたりの農薬使用量を比較したものです(グラフが見えない方はこちらをごらんください)。先週、グリーンピースのFacebookでシェアしたところ、たくさんの反響をいただきました。
こうしてご意見をお寄せいただけるのは、これから先もずっと安心して食べられる食べ物、環境に優しい農業が大切なことを、多くの方々がよくご存じだからではないでしょうか。

グリーンピースは全国各地の生産者や養蜂家のもとを訪問し、生産現場でのお話をお伺いしてきました。
そこで耳にしたのが「まず消費者の意識改革が重要」という声でした。同様のご意見を、今回のFacebookでもいただきました。

健康と環境に優しい、持続可能な農業をもっともっとひろめたい。そのためには、第一に消費者が声をあげる必要があります。
グリーンピースでは、農薬に頼らない農業を応援し、農業の大切なパートナーであるミツバチと環境をまもるためのオンラインアクションを実施中です。
いますぐあなたの声を届けてください。

ぜひご参加ください。


■原発事故!そのときあなたは逃げられる?

原子力規制委員会による優先審査が進んでいる九州電力川内原発。
6月10日、グリーンピースは「とめよう再稼働」オンライン署名に届いた14,360筆の皆さまの声を、鹿児島県知事に提出しました(署名はまだまだ募集中です)。
このほか、川内原発から30km圏内にお住いの方々に避難計画に関する意識調査を実施。
自治体による避難計画の実地調査も行いました。
ウェブサイトで詳細をチェックしてください。

■国連気候変動ボン会議報告会

国連の温暖化に関する最新報告は、このままでは世界平均気温が100年後に4度上昇すると指摘しています。4度もの気温上昇は、私たちに未曾有のリスクをもたらします。
国連温暖化交渉の最前線であるボン会議に参加した国際NGOのメンバーが、実際の交渉内容と温暖化対策の大切なポイントをわかりやすくお伝えします。
ぜひふるってご参加ください。

■グリーンピースではたらきませんか

グリーンピースではキャンペーンや広報などの部署で職員の増員を行っています。
自分も社会を変える一役を担いたい、地球のために力を発揮したいという熱意のある方、私たちと一緒に働きませんか。


[発行元] 一般社団法人 グリーンピース・ジャパン

〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-13-11 NFビル2F

 

www.greenpeace.org/japan

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close