集団的自衛権:国連報道官「推移を注視する」

毎日新聞 2014年07月03日 12時51分

 【ニューヨーク草野和彦】日本で集団的自衛権の行使を認める憲法解釈の変更が閣議決定されたことについて、国連のドゥジャリク事務総長報道官は2日の定例会見で、「内閣の決定であり、今後、議会(国会)で審議されると理解している。推移を注視していく」とだけ述べ、明確な見解は示さなかった。

閣議決定には、国連安保理決議に基づく多国籍軍の支援や国連平和維持活動(PKO)で自衛隊の活動を拡大する方針も盛り込まれた。ただ国連としては、今回の決定を警戒する中国や韓国など周辺国に配慮し、具体的な評価は避けたとみられる。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close