関西テレビニュースアンカー 鈴木哲夫&李英和 北朝鮮問題を語る

 永岡です、関西テレビのニュースアンカー、金曜日のレギュラーの政治ジャーナリストの鈴木哲夫さんと、女優で脚本家の中江有里さんのコメントで報じられました。今回はほぼ全面、北朝鮮のことでした。

北朝鮮情勢、今回は関西大学の李英和さんも参加され、李さん、北朝鮮が拉致被害者を帰すのは間違いなく、ただし人数は不明で、過去に北朝鮮は期待を裏切ってきたが、今回はゼロ回答はなく、大胆な提案を北朝鮮がしており、ただし本格的な調査で、拉致問題の全面解決、全員帰還の決断はないが、何人か返す模様と言われました。
金正日時代に報告していた何人かと、政府報告の人を合わせて、二桁の人が帰ってくる模様であり、小泉氏の際の人数を越えるとのことです。
さらに、噂される生存者リストは、そのものズバリではないが、調査済みのリストは日本に来ている模様であると言われました。
それで、鈴木さん、このリストを菅長官が否定したこと、あの発言は逆で、リストはあると言われて、李さんも、このリストがないなら、日本政府がこんなに早く経済制裁解除をすることはないと言われました。
また、李さん、北朝鮮が変化した理由、チャン・ソンテク氏の処刑で中国との関係が悪化して援助を切られて石油がなくなり、何とか活路を日本に送り、日本に秋波を送り中国との関係を改善したい。中国の習近平首席との関係改善が北朝鮮の目的で、日本に拉致被害者を日本の希望のままに帰すのではないと李さん言われました。
中江さん、被害者の皆さん、人数が言われていて、それが本当なのか、残された家族は、自分の家族が帰ってこないと解決ではないと言われて、李さん、日朝国交正常化、賠償はまだまだで、それまで北はカードを切らず、しかし一旦死んだと報じた人が生きていたというのは難しく、これを本人の希望でやったとストーリーつくりが問題と言われました。
国家安全保安部が関わっているが、2002年の小泉訪朝と根本は同じで、2002年は5人しか帰さなかったがこれは実績と言われました。
また、鈴木さんは永田町を取材されて、安倍総理は8月の外遊の予定をキャンセルしており、最初は中央アジアに行く予定が止めており、安倍氏は片っ端から外遊しており、内閣改造が8月といわれるがそれは7,9月のことで、8月に安倍氏、北朝鮮に8月末に行き、それで日朝首脳会談があると言われました。日朝トップが互いにお土産を持たせる形での決着を図っていると話されました。
李さん、それは可能性はあるが、もう少し後ろにずれ込み、金正恩氏は外遊も、他国の首脳とも会っておらず、習近平氏と合うのが先で、その後安倍総理と会う(金正恩氏が中国の首脳に合わずに先に日本の首相と会うことはありえない)と言われました。

さらに、問題になるのが万景峰号で、日本で働く工作員への指示書も万景峰号で運ばれており、万景峰号は制裁解除の対象外であるのです。
万景峰号は日本と北朝鮮を結ぶ象徴で、日本国内にも万景峰号の入港を期待する声もあり、里帰りに万景峰号を入れて欲しいという在日の方もあります。しかし2006年に北朝鮮がロケットを発射して以来、制裁で入れなくなったのです。万景峰号はスパイ活動をしていたと報じられ、今回、北朝鮮は万景峰号の入港許可を求めましたが、許可されていません。
中江さんは、万景峰号の目的、スパイ工作が主目的で、人道がカモフラージュなら、解除すべきでないと言われました。
そして、鈴木さん、安倍総理と菅長官、二人は一体で、万景峰号問題は二人が出会ったきっかけで、菅長官、万景峰号は象徴で、在日の方も渡る日朝の橋の象徴=最大のカードで、日本はこれを最後まで交渉のカードに使うと言われました。
李さん、万景峰号が日本に入れないのは、偉大なる将軍様が入れないことになり、スパイはほかの船でもいけるので、万景峰号の制裁は象徴と言われました。
また、李さん、制裁解除で、日本から北朝鮮にお金も流れて、日本政府は、人道目的の船は入れるが、機械のある船は入れず、これは大きなカード。日本に期待するのはお金より電化製品、建設機械で、これを残しているのが、今後の交渉の重要なカードと言われました。
さらに、李さん、分科会に保健省が入るのは、何人かの方の死亡証明のためで、つまり全員が帰ってくるのではなく、遺骨発掘作業は軍隊でなくても出来るのに軍隊が入っており、これは遺骨利権が軍隊に行き、物、金は国家安全保障部がもらうという意味だと言われました。

中江さん、危惧するのは、少しずつ返して経済の見返りを求められるのは避けて欲しいと言われました。
李さん、遺骨が帰るのが先で、永住帰国、残留孤児問題を片付けてからで、拉致問題は調査の必要はなく、被害者の帰還は今からでも政府は言うべきと言われました。
李さん、日本政府は押され気味で、北朝鮮が手を焼くのは日本の世論、これをコントロールされるのを恐れ、世論が被害者を全部帰せとなると、北朝鮮も応じると言われました。以上が、北朝鮮関係のお話でした。

さらに、国会でもセクハラヤジが飛んでいたのです。維新の上西議員が質問中に、自民よりセクハラヤジ+拍手の始末です。女性閣僚より批判があり、自民の上西氏、謝罪しています。
中江さん、いいたくないが、公の場で言うことの問題+言うことを許すのはパワハラであると言われました。
鈴木さん、野次を飛ばしたのは東京都議の出身で、菅長官、東京の自民は緩んであり、麻生氏も緩み、野党がだらしないので、自民1強のやりたい放題と言われました。

なお、北朝鮮関係で集団的自衛権のことが消えましたが、鈴木さんは日刊ゲンダイでこれについて、北朝鮮で消したと語っておられます。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/151612
 そして、集団的自衛権の閣議決定、毎日新聞で近藤勝重さんが、早稲田の水島朝穂さんの言葉を引用されて、解釈の変更ではなく、憲法の根幹を切り落とす介錯だと批判されています。
http://mainichi.jp/shimen/news/20140703dde012070006000c.html

 以上、お知らせいたしました。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close