【YOいっションよりお知らせ】 東京歴史科学研究会入門講座のお知らせ

 永岡です、慰安婦問題で活躍される吉見義明さんの講座が来週行われ、お知らせいたします。
<以下、転送>
みなさま

いつもご支援をありがとうございます。
今回は、東京歴史科学研究会による関連行事のご案内です。
下記のとおり、吉見義明さんの講演会が開催されます。
ぜひご来場ください。

http://www.torekiken.org/trk/blog/event/2014719.html

–転送歓迎–
***********************
東京歴史科学研究会2014年度歴史学入門講座
***********************

講師:吉見義明氏(中央大学教授)

講演題目:「日本軍「慰安婦」問題と歴史学」

1991年、元日本軍「慰安婦」であった金学順さん
が、日本政府に謝罪と賠償を求めて名乗り出ました。
それから20年以上の間、「慰安婦」問題の解決を求
める運動が粘り強く展開されてきました。しかし、
いまだに被害女性たちの名誉と尊厳は回復されてい
ません。それどころか、政治家から被害事実を歪め
る発言が相次ぐとともに、インターネットなどで
「慰安婦」問題に関して誤った情報が拡散されてい
ます。
それでは、「慰安婦」問題をめぐって、歴史学
はいかなる役割を果たすことができるのでしょうか。
「慰安婦」問題とどのように向き合っていくかを考
えるために、今年度の入門講座では「慰安婦」研究
の第一人者である吉見義明氏にご講演いただきます。

───────────────────────────────────

日時:2014年7月19日(土)14時開始(13時半開場)
会場:立教大学池袋キャンパス14号館D201
(池袋駅西口より徒歩約7分)
参加費:600円
※事前申し込み不要。直接会場にお越しください。

───────────────────────────────────

【吉見義明氏の著作】

『従軍慰安婦』(岩波新書)、『日本軍「慰安婦」
制度とは何か』(岩波ブックレット)、『焼跡から
のデモクラシー―草の根の占領期体験―』、『毒ガ
スと日本軍』(以上、岩波書店)、『草の根のファ
シズム―日本民衆の戦争体験―』(東京大学出版会)
など

*ウェブでもご案内しています
http://www.torekiken.org/trk/blog/event/2014719.html


東京歴史科学研究会
TEL/FAX 03-3949-3749
〒114-0023 東京都北区滝野川 2-32-10-222(歴科協気付)
E-mail: torekiken@gmail.com
URL: http://www.torekiken.org/

Categories 従軍慰安婦

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close