沖縄県仲井真弘多(ひろかず)知事(74)は26日、11月の県知事選に3選をめざして立候補する意向を表明した。米軍普天間飛行場宜野湾市)の名護市辺野古への移設を積極的に進める考えも明言。辺野古移設反対を訴える翁長雄志(たけし)那覇市長(63)が対立候補になる公算が大きく、移設問題を最大争点とする自民党系候補同士の保守分裂選挙になる見通しだ。

仲井真氏は8月7日に記者会見し、正式に表明する予定だ。26日に那覇市の知事公舎で、自民党県連会長の西銘恒三郎衆院議員から「立候補を決意して頂きたい」と求められ、「県民のために選挙に向かって頑張っていくと決意した」と応じた。

また、「辺野古の埋め立てを私は承認した。問題を解決する。これ(辺野古移設)が最短の方向だと信じている。早く終わりにする」と述べ、移設推進を強調した。

自民党の情勢調査では仲井真氏が劣勢とされ、党本部側には慎重論がある。辺野古移設を進めたい安倍政権にとって、知事選で敗れればダメージは大きい。ただ仲井真氏に代わる候補者は見あたらず、仲井真氏と県連側は、出馬を既成事実にする方針だ。

一方、革新系の県政野党などで作る候補者選考委員会は26日、翁長氏に立候補を要請することを決めた。翁長氏は元自民党県連幹事長で、同党系の那覇市議会最大会派から出馬を促されている。(山岸一生、三輪さち子)