関西テレビニュースアンカー 政務調査費の問題、底なし…

 永岡です、関西テレビのニュースアンカー、6時台の特集で、例の号泣会見のことで有名になった政務調査費、このスキャンダルが底なし沼の様相を呈しているのが報じられました。
今回問題になったのが現在のたつの市長の栗原一氏、兵庫県議時代の2012年3月に、3日間切手代として不自然な支出があり、これを市民オンブズマン兵庫の森池さん、問題にされました。さらに、この年度末にアルバイトを雇ったのですが、その筆跡が栗原氏と酷似しており、本人が書いた疑惑もあります。これに関して、栗原氏、ちゃんと釈明していません。
これ、問題の野々村氏だけでなく、他にも疑惑の出ている議員がいて、まさに底なし沼です。
この、兵庫県議の政務調査費問題、兵庫県では議員が申し入れたら、事前に支払われ、これ、一般企業では例えば出張の旅費、事後に領収書、レシートをつけて支払われますが、そういうものがなく、政治資金オンブズマンの上脇博之さんは、政務調査費で、本来個人のポケットマネーで支払うべきものが支出されていると指摘されています。
この、政務調査費の透明度ナンバー1は、函館市で、ここでは支出をちゃんと精査し、さらに政務調査費もホームページで公開し、政務調査費の額で是非が決まるのではありませんが、兵庫県520万円に対して、函館市は30万円です。
さらに、宮城県議会を兵庫県は見習い、こちらは事後に領収書を以って支払うもので、市民の信頼も高いのです。
兵庫県議会は、改善を迫られ、しかしこの分だと、政務調査費は税金で、そして不透明なので、これを悪用していた例は多数あると思います。関西テレビのスタジオでも、民間企業の出張では、事後に領収書を持って支払うのが当然で、税金でこういうことを行うことに異議もありました。

私はサラリーマン時代に、最初にいた部署がメチャクチャで、交際費の多額の私的流用が、部署がつぶれてから発覚し、処理が大変でした(本来なら使い込んだものを刑事告発すべきですが、それをやると会社の打撃になるので、本人を大左遷し、帳簿をいじったのです)。おそらく、兵庫県議会、発覚したのは氷山の一角だと思います。市民オンブズマン兵庫他の皆様を応援いたします。以上、政務調査費の問題でした。
なお、昨日、神戸で被災地の中学生が被災地サミットを行い、阪神・淡路、東日本、雲仙普賢岳などの被災地から中学生が神戸に集まり、長田を視察していました。立派な中学生の皆さんで、ぜひ、長田でお好み焼き、そばめしを食べて帰ってくださいといいました。以上、アンカーの内容でした。

______________________________
コメント:国も地方も税金無駄使い!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close