Global Ethics


怪しい勤務実態…西川農相「政策秘書」長男の“本当の仕事” by limitlesslife
October 31, 2014, 9:46 pm
Filed under: アベノミス, 安倍内閣, 安倍晋三
 安愚楽牧場からの献金に続き、政治資金の“私物化”疑惑、加えて収賄容疑で逮捕の過去…。叩けばホコリの西川公也農相(71)については日刊ゲンダイ本紙の既報通りだが、今度は政策秘書の長男(43)にまで疑惑が浮上している。秘書としての勤務実態があるのか、というのだ。29日の国会で、民主党の玉木雄一郎衆院議員が指摘していた。

「早大大学院卒で、実業家になるのが夢だったという長男は、09年に『NA企画』という会社を設立。趣味の釣りが高じて現在、栃木県内で2つの釣り堀を運営しています」(地元関係者)

ちなみに長男のブログによると、好きなブランドは「モンクレ(モンクレール)とプラダ」なんだとか。さすがセレブの息子、高級志向だ。

問題はここからで、長男のフェイスブック(現在は閉鎖)を見ると、通常国会開会中の今年6月4日と10日に、その釣り堀にいる写真がアップされている。父親の西川大臣は「たまたま休んだ時に書き込んだのではないか」などと答弁していたが、FBには釣り以外にラーメン、焼き肉、とんかつを食ったとか、バーで酒を飲んだとか、政治とはまるで無関係の話が2、3日おきに書き込まれている。

FBを見る限り、確かに秘書の仕事をしているようには思えない。

■利益供与疑惑も

「NA企画は今年秋から宇都宮市で小さなレストランも始めましたが、ビジネスとしてはこれからでしょう。中心は釣り堀のはずで、それで昨年は6000万円売り上げている。ただ、釣り堀の料金は終日いても大人1人4000円です。単純計算で毎日平均40人の来客があったことになりますが、実際には数人という日もあるようです。とてもそこまで繁盛しているようには…」(調査会社関係者)

そのNA企画から、西川大臣が代表を務める自民党栃木県第2選挙区支部が、お歳暮や土産、タイヤなど計40万円近い物品を購入。「NA企画の事務所は後援会事務所も兼ねている」(前出の地元関係者)ことから、西川大臣は親族会社への利益供与疑惑を指摘されている。
とまあ、いろいろ“ホコリ”が舞っているが、2つの釣り堀に電話をしたら、いずれも「(長男は)たまに来ます。きょう(30日)はいません」とモゴモゴ。NA企画は応答なし。西川大臣の国会事務所に問い合わせたら、「ふだんはここにいますが、きょうはいません。今どこにいるかも、いつ来るかも分かりません」って、政策秘書がそれでいいのか。ホントに勤務実態があるのか疑いたくもなる。

 

 

Advertisements


明後日11/2(日)社会主義理論学会 第67回研究会「ウクライナ問題」@専修大学神田校舎 by limitlesslife
October 31, 2014, 2:12 am
Filed under: ウクライナ

紅林進です。

私も関わっています社会主義理論学会では、明後日11月2日(日)に
「ウクライナ問題」をテーマに、第67回研究会を専修大学神田校舎にて
開催いたします。
会員でない方、研究者でない方も自由に参加できますので、ご関心の
あります方は、ぜひご参加ください。

以下ご案内をお送りさせていただきます。

(以下、転送・転載歓迎)

社会主義理論学会 第67回研究会「ウクライナ問題」

日 時 : 2014年11月2日(日) 午後2時~5時
会 場 : 専修大学神田校舎7号館784号室 (地下鉄九段下駅、神保町駅下車)
地図http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access/kanda_campus.html
キャンパスマップhttp://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/campus.html#map_kanda

報告1 : 石郷岡建さん(ジャーナリスト・麗澤大学非常勤講師)
「なぜウクライナ危機が起きたのか? その背景と今後(仮題)」
報告2 : 蓮見雄さん(立正大学経済学部教授)
「ウクライナ問題の現代的意味について考える(仮題)」
資料代 : 会員は無料、非会員は500円
主催 : 社会主義理論学会  http://sost.que.jp/
連絡先 : tagamimp@kk.iij4u.or.jp (タガミ)

※会員でない方、研究者でない方も自由に参加できますので、ご関心のあります方は
ぜひご参加ください。但し非会員は、資料代500円。



明日11/1(土)「戦争ではなく、平和をつくる 2014年秋の憲法集会」@日比谷図書文化館・コンベンションホール by limitlesslife

紅林進です。
明日11月1日(土)に日比谷公園内の日比谷図書文化館(日比谷図書館地価一階の
コンベンションホールで開催される「秋の憲法集会」のご案内を転載させていただきます。
(以下、転送・転載歓迎)
 今年の「秋の憲法集会」は秋の政治闘争の重要な課題である集団的自衛権の閣議決定
の撤回を求め、日米ガイドラインの再改定と戦争関連諸法性の制定に反対し、「戦争する
国」と改憲に反対するため、「戦争ではなく、平和をつくる」をタイトルとして、当面する焦眉
の課題、沖縄の普天間基地の撤去を求め、辺野古新基地建設に反対し、11月16日の
沖縄県知事選挙の勝利を目指す立場から、このテーマではベストの講師として、琉球大学
法科大学院院長の高良鉄美さんお招きします。
併せて在日コリアンのミュージシャン、李政美さんをお招きして、音楽のひとときを企画し
ました。
他にトークセッションとして、東京豊島区議として活躍している山口菊子さんの司会で、
PARC事務局長でTPP反対の活動の先頭に立っている内田聖子さん、中学生時代に起
きたイラク戦争以来の反戦運動・改憲反対運動で活躍中の菱山南帆子さん、退職後、
沖縄大学に留学した経験をもつ毛利孝雄さんの対談のコーナーがあります。
ぜひ御参加下さい。
「戦争ではなく、平和をつくる 2014年11月1日 秋の憲法集会」
日時:11月1日(土)14:00~  (開場:13:30)
会場:日比谷図書文化館B1・コンベンションホール(日比谷公園内)
    地図・交通アクセス http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
参加費:800円(学生500円、障がい者、高校生以下無料)、手話通訳あり。
講演:高良鉄美さん
音楽:李政美さん。
トークセッション
司会:山口菊子さん(東京豊島区議)
内田聖子さん(PARC事務局長・TPP)
菱山南帆子さん(許すな!憲法改悪・市民連絡会・憲法)
毛利孝雄さん(もと沖国大生・沖縄)
主催:秋の憲法集会実行委員会(「憲法」を愛する女性ネット、 憲法を生かす会 、市民憲法調査会、
全国労働組合連絡協議会、日本消費者連盟、VAWW- RAC、ピースボート、ふぇみん婦人民主
クラブ、平和憲法21世紀の会、平和を実現するキリスト者ネット、平和をつくりだす宗教者ネット、
許すな!憲法改悪・市民連絡会)

連絡先 電話03-3221-4668(市民連絡会)



米環境諸団体・連邦判事達再び原発再認可阻止で規制委を告訴:最終処分場無しで環境問題あり再認可だめ! by limitlesslife

Environmental groups, attorneys general again sue to block nuclear plant relicensing

limitless life

Print Email
12 hours ago • By Jacob Barker jbarker@post-dispatch.com 314-340-82913

A view of the cooling tower (left) and the reactor building (right) at Ameren Missouri’s nuclear plant on Friday, July 11, 2014, in Callaway County. Photo by Huy Mach, hmach@post-dispatch.com
Enlarge Photo

Just a week after the Nuclear Regulatory Commission began relicensing nuclear power plants, environmental groups and several states are again suing to stop it.
The latest litigation affects several utilities, including Ameren Missouri, that have been waiting for a decision from the federal regulatory agency.

The NRC had to suspend relicensing activities two years ago after political wrangling torpedoed a national repository in the Nevada desert. A federal appeals court, at the time, directed the NRC to consider the environmental impact of storing spent fuel without a national repository.

In response to the court ruling two years ago, the NRC finalized rules last month that found nuclear…

View original post 290 more words



日本の将来を決する沖縄知事選がスタート by limitlesslife
知人友人の皆さんへ
        杉浦公昭
平和こそ我が命

2014年10月31日

日本の将来を決する沖縄知事選がスタート

                                                                                杉浦公昭

10月30、沖縄と日本の将来に大きく影響する沖縄知事選がスタートしました。

今朝発行された琉球新報の【号外】に見られる様に、4氏が立候補し、辺野古を争点に論戦が開始されました。

————————————–

以下は10月30日付琉球新報の【号外】からの引用です。

image写真左から仲井真弘多氏、翁長雄志氏、喜納昌吉氏、下地幹郎氏

 任期満了に伴う第12回県知事選が30日告示され、午前9時までに、届け出順に無所属新人で元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)、無所属新人で元参院議員の喜納昌吉氏(66)、無所属新人で前那覇市長の翁長雄志氏(64)、無所属現職の仲井真弘多氏(75)の4人が立候補を届け出た。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題を最大の争点に、保守分裂の混戦が展開される。各候補は出発式の後、県内各地へ遊説に繰り出した。投開票は11月16日。

 普天間問題では仲井真知事が昨年12月、辺野古沖の埋め立てを承認。問題は山場を迎えており、政府が早期着工を目指す中、各候補は移設の賛否をめぐり激しい論戦を展開している。

仲井真氏は普天間の危険性除去の観点で移設計画を推進、翁長氏は「米軍基地は経済発展の阻害要因」などと訴え辺野古の新基地建設反対を強調、下地氏は県民投票による解決策を提示し、喜納氏は辺野古移設阻止へ埋め立て承認の取り消しを掲げている。

カジノ誘致も重要な争点だ。子育て、教育政策、経済振興などでも各候補が独自の政策を主張している。

 30日、仲井真氏は本島中南部で街頭演説し、夜は沖縄支部総決起大会に臨む。翁長氏は辺野古、沖縄市などで遊説し、那覇市で支部総決起大会を開く。

下地氏は那覇市内各地や浦添市、宜野湾市などで街頭演説する。喜納氏は南城市の久高島で第一声を放ち、斎場御嶽、首里城などを回る。

——————————————–

日本の行く末に大きな影響を持つ沖縄知事選挙です。

 いっそう本土の皆様方の心のこもった支援募金をお寄せ下さいますよう、伏してお願い申し上げます。   敬具。



コスタリカに学ぶ会の学習会(11/2)案内 by limitlesslife

小倉志郎です。
3日後に迫ったコスタリカに学ぶ会の学習会の案内をお送りします。
複数のM/Lに投稿につき、情報が重なる方にはお許しねがいます。
———————————————————-
第33回定例学習会
―軍隊を捨てた国コスタリカに学び平和をつくる会―

リレートーク&討論「戦争はいやだ!!集団的自衛権ってなあに?」

■と き:2014年11月2日(日)13:30~16:30(開場13:15)
■ところ:文京区男女平等センター研修室B
東京都文京区本郷4-8-3   電話03-3814-6159
【交通】     地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷三丁目」駅より徒歩5分、
三田線「春日駅」より徒歩7分、南北線「後楽園」駅より徒歩10分
【地図】https://www.bunkyo-danjo.jp/access.aspx

◎非会員の方も参加自由です。 ◎参加の予約も不要です。
■資料代:500円

安倍内閣は去る7月1日、「集団的自衛権の行使」=日本が直接攻撃を受けなくても、
同盟国が攻撃された場合、自衛隊が同盟国と共に軍事行動をすること=が
現・日本国憲法の下で可能であるとする閣議決定を行いました。これは
これまでの日本政府の「日本国憲法の下では集団的自衛権は行使できない」と
する憲法解釈を180度ひっくり返すものであり、かつ、憲法第9条に違反すること
は明白です。それゆえに、大臣をはじめとする公務員の憲法遵守義務を定める
憲法第99条にも違反しています。
このような内閣に政治をまかせておけば、いずれは、米国が主導して世界各地
でたった今もつづいている武力紛争に自衛隊が参加させられることは火を見る
より明らかです。
ある朝、「政府は○○国の紛争地域への自衛隊の派遣を決定しました」という
ニュースを聞いてから、「これは大変だ!」と「派遣反対」の声をあげても
手遅れです。そのようなことが現実にならないようにするにはどうしたらよいか?
今、私たちに何ができるか?みんなで知恵を出し合いたいと思います。
先ずは当会の世話人の有志がリレートークで口火を切り、続いて、出席者の
みなさんからも個性的で多様なご意見を発表していただきたいと思います。
こんなやり方ですから、どんな意見が出て、どんな具体的な方法が見つかるかは
学習会をやってみてのお楽しみです。
日本の将来の平和を確実なものにしたいと願う老若男女のみなさん、ぜひ、
お誘い合わせの上ご参加ください。

●主 催:軍隊を捨てた国コスタリカに学び平和をつくる会
(略称:コスタリカに学ぶ会)
●連絡先:090-8049-3178(小倉)

MLホームページ: http://www.freeml.com/jump-people



みなさまのサポートに感謝をこめて。卓上カレンダーお届けします! by limitlesslife
<

卓上カレンダープレゼントのお知らせ
10/23より、新規寄付サポーターの方に、グリーンピース卓上カレンダー2015のお届けを始めました。使いやすいコンパクトなサイズに作ってみました。
卓上はもちろん、壁にかけたり、貼ったりと、きっとご自由なアイデアで楽しんでいただけるかと思います。

また、お仕事や勉強などの間に、ホッとしていただけるよう、豊かな自然や野生生物の美しい写真をじっくり選んでみました。

意外な環境破壊の理由
実は、私たちの目の届きにくい場所で起こっている環境破壊には、政府や大企業の意思決定が大きく関わっていることがあります。そのため、グリーンピースが、設立以来、政府・企業からの資金援助を受けず、1人1人の市民のみなさまからのご支援によって活動してきたのは、そんな理由があるからなんです。

あなたがいるから活動できた昨日
グリーンピースでは、「脱原発」と「自然エネルギーの確実な導入」、そして「持続可能な漁業と農業の実現」のため、日々活動を行っています。こうした活動が行えるのは、ご寄付といった形で、「環境問題、なんとかしたい!」と一緒に活動に参加して下さる市民のみなさまのおかげというのは、あまり知られていません。

あなたがいるから活動できる明日
現在、たくさんの方が署名参加や情報拡散など様々な形で、グリーンピースの活動を応援して下さっています。本当にありがとうございます。積み重なる環境問題を一日でも早く解決するため、ぜひ、ご寄付でもご支援を頂けますと大変心強いです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

※このメールは配信専用アドレスからお送りしているため、このアドレスにメールをお送りいただいてもお答えすることが出来ません。
お問い合わせは
こちらから

※FacebookやTwitterでも最新情報をお伝えしています。グリーンピースの公式アカウントをフォローしてください。

国際環境NGO グリーンピース・ジャパン
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-13-11 NFビル2F
TEL:03-5338-9810 FAX:03-5338-9817

www.greenpeace.org/japan