共産党:議員の批判、志位氏「不適切」 人質事件政府対応

毎日新聞 2015年01月27日 東京朝刊

 共産党の志位和夫委員長は26日の記者会見で、同党議員が「イスラム国」によるとみられる日本人人質事件の政権対応をツイッターで批判したことについて「政府が全力を挙げて取り組んでいる最中にああいう発信をするのは不適切だ」との見解を示した。

同党の池内沙織衆院議員(比例東京ブロック)がツイッター上で25日に「国の内外で命を軽んじ続ける安倍政権」とつぶやいたが、志位氏の発言を受けて削除し「不適切と考え削除した。お詫(わ)びします」と謝罪した。野党各党は政府の対応を見守る姿勢だが、生活の党の小沢一郎代表が25日放送のNHK番組で「安倍さんがあっち(中東)まで行き宣戦布告と言えるような話をした。敵と捉えられてもしょうがない」と批判した。【田所柳子】

_______________

コメント:不法壊憲・集団的自衛・秘密保護法・フクシマ・オキナワ・原発再開・従軍慰安婦・軍事増社会保障減・人質無視訪中東などどれを取っても命を軽んじている事実を不適切と言う不適切:大政翼賛・上意下達・批判封殺・・・

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close