院内シンポジウム「公職選挙法と選挙制度を考える」

昨日、皆で国会議員に「民意と真逆の政治をご一緒に変えていきませんか?」と明記したチラシとともに参加案内を送ってきました。「衆院選挙制度に関する調査会」は今春にも定数削減を含む選挙制度改定について答申する見込みです。正当な選挙で裏打ちされていない虚構の土俵たる国会を民意で打ち固めていきましょう。

リツイートで宣伝してくださるとありがたいです。

https://twitter.com/shimin_senkyo/status/560827573509185537
市民に選挙を取り戻せPJ ‏@shimin_senkyo
2月2日(月)13時 参議院議員会館 公職選挙法と選挙制度を考えるシンポジウム 宇都宮健児さん 山口真美さん(弁護士) 講演後、皆さんとのグループワークにゲストも一緒に参加します。 http://goo.gl/forms/d9FQ66kVhZ

太田光征

あなたの1票で政治を変えるために!民意を政治に。

●シンポジウム
公職選挙法と選挙制度を考える。

世界に例を見ない選挙活動の制約や世界一高い供託金や定数配分の格差、何より過半数の投票者から投票価値を奪うことさえある小選挙区制など、矛盾に満ちた公職選挙法や現行の選挙制度を見直すことで、市民に選挙をとりもどす変革をめざしています。市民が有識者や政治家と共に知識を高めながら、民意と真逆の政治をご一緒に変えていきませんか?

日 時:2015年2月2日(月) 午後1時-4時
場 所:参議院議員会館 第101会議室
講  演:山口真美さん(弁護士:1970年生まれ)
自由法曹団事務局長
宇都宮健児さん(弁護士:1946年生まれ)
日本弁護士連合会・2010-2011年度会長
講演後、参加者全員がグループに分かれ、各自で課題を出して
ワークショップを行い、意見を集約してネットで共有します。
資料代:500円
主 催:市民に選挙をとりもどすプロジェクト実行委員会

市民に選挙をとりもどすプロジェクト | 市民参加への模索連絡会
http://mosakuren.com/%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88/%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%ab%e9%81%b8%e6%8c%99%e3%82%92%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%99%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88/

「市民に選挙をとりもどすプロジェクト実行委員会」は、公職選挙法の抜本的改正と公正な選挙制度の確立を10年越しでめざす運動を展開するために 「市民参加への模索連絡会」(http://mosakuren.com/)が2014年11月に立ち上げたプロジェクトです。多くの知恵や知識、人間関係やパワーを結集し、政策提言をボトムアップでつくりあげるシンポやワークショップ、定数配分の格差以外を争点に選挙無効を訴える本人訴訟運動、街頭でのシール投票、国会議員や行政官へのロビーイングなどを展開していきます。

市民に選挙をとりもどすプロジェクト実行委員会事務局

〒154-3287東京都世田谷区下馬1-20-4
tel & fax:03-3424-3287  e-mail:izumi-jokura@outlook.jp (城倉)

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close