小出先生 ラジオフォーラム2015/2/14のお話(村ではなく原子力マフィアと呼ぶ理由)&日米の原発利権に群がるシステムを解明する、吉井英勝さんのお話

永岡です、第110回ラジオフォーラム、今週はジャーナリストの西谷文和さんの司会で放送されました。三角山放送局でも、ぜひ聞いてほしいとのコメントがありました。

2月1日、イスラム国に拘束されていた後藤さんが殺害され、後藤さんを救出できなかったのか、安倍内閣の対応も番組後半で検証します。

今週は原発特集、共産党の元衆院議員で原発問題の専門家の吉井英勝さんがゲストで、原子力の専門家の吉井さん、原発利権には、日米の深いかかわりがあり、これに関してのお話です。

吉井さんは衆院議員として、3・11以前から原発の危険性を指摘され、しかし3・11以前は安全神話を強く信じ込み、原発への関心は薄く、その中吉井さん危ないと思われて、91年の美浜蒸気発生器の事故、2004年の美浜配管破断事故(5人死亡)、JCO大惨事もあったのに、原発は危ないと思う議員は残念ながら少なかったのです。

その吉井さんのお話、日米原発利益共同体の前に、2006年に国会で安倍総理に質問し、2004年のスマトラ大津波でインドのマドラス原発が壊れ、これによりインドネシア並みの地震・津波が古い原発に襲い掛かったらどうかと研究され、小泉内閣時、安倍官房長官時に質問し、津波は押し波が来れば、海水が引き波で沖合300mまでなくなり、原発を冷却する海水がなくなると指摘し、当時の経産省は、原発は海水面が4m下がったら8割の原発は冷却不能!になるといい、当時の経産省はまじめで、省をあげて対応策を取ると言ったのに、大臣が変わり、第1次安倍内閣発足。

そして、吉井さん、地震により送電鉄塔倒壊による外部電源喪失+津波による内部電源喪失(スウェーデンで事故例あり)を質問し、(http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/column15.html ほか吉井さんの質問は検索したら多数出てきます)、メルトダウンについて、安倍総理はそうならないように安全を確保すると5回!言い、電力会社に指示すると言った。安倍総理は、自分は最高責任者と言った(この言葉が好き)のに責任を果たさず(今も安倍氏は同じ)、事故になった。

さらに、福島は高台を削って作ったもので、堆積層の40mの高さだと、津波には強いが、常に原発を冷却するための海水を上げる電気代をケチるために下にした+人工岩盤のため、不当沈下を防ぐ基礎杭の長さが30m節約できる=セコさによる事故

そして、福島事故には日米安保条約も関係し、68年の日米原子力協定、アメリカの作った原発は、製造管理責任なし(ターンキー契約、当時は米英しか作れず)、GEに責任なし。88年に改訂され、事故の責任はメーカーにあるとして、GEの原子炉に、製造物責任あり(外務省が認めている)。

東電の責任ももちろんあるが、88年の協定で、日本が再処理=プルトニウムを取り出すのを認めてもらい、これが日米の利益になり矛盾にもなる。再処理工場=プルトニウムを作る=核兵器を作れる、であり、日本は核兵器を持つポテンシャルを持つとしており(69年外務省の文書にある)、日本は短期協定を破棄しても、このことは追及せず、とにかく再処理工場、六ヶ所村を認めてもらい、つまり核兵器のためのもの。

アメリカは韓国には再処理を認めず、北朝鮮の核を無くさせるための二枚舌で、NPTに入らないインド、パキスタンが核兵器を持ち、北朝鮮は叩く、二枚舌の矛盾が核の悲劇を展開しているのです。

 

小出裕章ジャーナル、今週のテーマは原子力マフィアと日米核利益共同体の違いで、これについて、小出先生と吉井さんのお話がありました。

小出先生、原子力村ではなく原子力マフィアと呼ばれ、村にはいろいろな人が集まり(政界、産業界etcの連中)、しかし福島事故を引き起こして、彼らに責任があるのに、誰一人責任を取らず処罰もされず、これでは村ではなく、巨大な権力機構、犯罪組織と思い、単なる村でなく、犯罪者集団であり、原子力マフィアと呼ぶようになったのです。

そして、吉井さん、小出先生とはお会いしたこともないそうですが、吉井さんの後輩が原子力村・村人と90年代より使い出し、原発の利益を狙う電力・鉄鋼・メガバンクの財界中枢+周辺部をひっくるめて村人というと事の本質があいまいになり、吉井さんは原発利益共同体が経営する家畜小屋の原発豚と言われました。

吉井さんは、自分は赤豚(笑)で、利益共同体の家畜小屋にお呼びでなかったと笑われました。

53年の、アイセンハワーの核の平和利用(アトムズ・フォー・ピース)という幻想があり、小出先生すらこれで核の平和利用に夢を持たれたのです。が、これが幻想と気づいたのは、小出先生は大学の原子核工学科に入り、しかし東北電力が女川の原発を、都会(仙台・東北最大の都市)でなく過疎地に押し付けられ、当時はマスコミもばら色の核の夢に酔っていたが、女川の人はなぜここに建てるのかと問い、答えを探して、もちろん原発は都会に建てたら危険だからと知り、電気→都会、危険→過疎地と知り、これを認めず、これ以降、核への抵抗をされました。

吉井さんは民間企業に就職し、真空事業(宇宙には必須、核産業にも重要)、その後堺市議会議員になり、公害時代に専門家の力を求められ議員になり、当時は原発の前にコンビナートの火災も多く、災害の現実が、コンビナート→原発の危険性(事故になったらエライこと)を知られたのです。

今は、多くの人が脱原発で一致しており、しかし小出先生は政治は嫌いで関わらないが、政治は大切で、経済、社会の問題もあり、それぞれの場で活躍する個性豊かな人の意見を脱原発のために集めるべきと言われて、吉井さん、沖縄でオール沖縄が成功し、いろいろな考えを持った人が、保守から革新まで一緒になって自民NOを成功させたと言われました。

小出先生、オール脱原発は必要だが、これまでの歴史もあり、困難で、しかし安倍内閣の姿勢に抗したいと言われました、以上、今週の小出先生のお話でした。やり取り全文は以下にあります。

http://www.rafjp.org/koidejournal/no110/

ここで音楽、西谷さん大晦日よりサザン桑田さんの大ファンになられて、明日へのマーチです。これもユーチューブにありました。

https://www.youtube.com/watch?v=GJjvKejYRYA

 

後半のお話、原発なしで村おこし、脱原発で豊かに、ですが、原発利益共同体の内部は、原発1基5000億(スカイツリーはわずか300億)、東芝・日立(東日本、沸騰水型)独占、三菱重工(西日本、加圧水型)独占しかなく、独占企業が請け負い、スーパーゼネコンの鹿島(中曽根元総理と深い関係あり)などがつくり、鉄(新日鉄ほか)とコンクリート(太陽セメント他)の塊、建設に10年、資金調達をメガバンクが関り、電力・鉄鋼・メガバンクは日本財界の中枢、原子力利益共同体、選挙運動もやり、官僚に原発を作れとして、天下り、先物取引で利益供与(金を直接渡すと汚職になるため)

そして御用学者に研究費を上げて、マスコミに広告費で懐柔し、地元を交付金(原資は全部電気代)により、原発利益共同体が儲けている。範囲は広く、深刻な中枢部に切り込まないと、事の本質を見失い、村ではなく利益共同体として捉える。

原発輸出と再稼動は同じで、自動車の輸出と原発は異なり、簡単に動く自動車と異なり、原発は長い期間に輸出先の若い技術者を呼び、稼動訓練などの技術者を育てる必要(検査のやり方)があり、そのために国内で原発が動いていないといけない。輸出のためには、ベトナムやトルコの技術者を育てる必要があり、輸出と再稼動は一体、だから世界の人のためにも、再稼動を止めないといけない

相手国のことは内政干渉にならないようにすべきだが、福島の惨事を相手国に伝えるべきなのです。

それで、原発利益共同体の支配からから抜ける方法、オーストリアでは78年に原発を作ったのに、稼動に国民投票をやり、僅差でアカン=竣工即廃炉になり、今は普段着で原発を見られる観光地になり、そしてエネルギーは、オーストリアは森が豊かで、水力+森林のペレットを使って発電する賢いもので、その余熱(80度)でお湯を作り、各家庭に配る(コジェネ)、エネルギーを無駄にしない(原発は2/3が無駄)。

オーストリアの例もあり、日本は再生可能エネルギーの能力は高く、資源エネルギー庁の資料だと12兆kwh、日本の発電量の13倍!これを現実化するには、原発に国が使ってきた15兆円を投資したら、ドンと進む+日本は急流が多く、水も豊かで、地熱発電の潜在力も世界3位、水力+太陽光+木のペレット+地熱=新しい産業、雇用・所得・消費が生まれ、地域経済(農林業の発展)を進めることも出来るのです

太陽光、在日米軍基地を全部返還させてこれを発電にしたら、年間1000億kwhの電気が出て、全国の電源の1割!になり、最大原発の柏崎・刈羽の2倍!米軍にアメリカに帰ってもらい、太陽光発電にしたら、沖縄の基地をなくしてこれを太陽光発電にしたら、沖縄電力の今の4倍!の電気ができるのです。

そして、関電は原発最多、沖縄電力はゼロで、電気代は沖縄27円、関電ととほぼ同じだが、関電は値上げを申請し、しかし原発の動いていた2008年では、原発の利用率は28%、しかし原発の電気は全体の5割で、原発フル稼働+火力を休ませていたためで、設備より遥かに動かして、関電の経営は行き詰った=原発なしの沖縄のほうが安い

原発依存の関電は破綻なのです。以上、吉井さんのお話でした。

 

それで、西谷さんが参加されるので、イスラム国日本人人質事件、イスラム国はなぜ生まれたのか、人質はなぜ殺害されたかを、西谷さんの分析でお話がありました。

イスラム国とは何か、西谷さんも良く聞かれ、歴史の解説がいり、100年前はオスマントルコ、第1次大戦でドイツと組んで戦争して負けて、イギリス、フランスが勝手に分割し植民地にして、イギリスはずる賢く、パレスチナのアラブ人に国を作っていいとして、世界に散らばったユダヤ人にイスラエルの建国も許し、二枚舌外交のために中東戦争になり、これは今も続き、国境線を作り火種を作ったイギリスとフランスに責任がある。

欧米への反発+アメリカへの反発(イラク戦争)、フセインは倒したものの、アメリカはイラク軍40万を解体リストラし、スンニ派の人が多く、ファルージャ、モスルに帰り、そこをアメリカは空爆、地上戦で虐殺。現地で反米感情が高まり、兵士の一部がアルカイダに加わった。

イラクの官僚たちも、スンニ派、リストラされてイラクのアルカイダに参加し、シリア戦争で武器が入り、シリアはアサド大統領(シーア派)と自由シリア(スンニ派)の争いで、アサドを倒したいサウジ他も自由シリアに武器・金を供給→イスラム国に渡り、イスラム国はシリア内戦で力をつけて、イラク第2の都市モスルを陥落させ、国(ISIS)を名乗った

イスラム国の強力になった理由は、トップのバクダディと、その下にイラク、シリア担当、元イラクのリストラされた軍人がいて、この下に評議会(国会)、県知事もあり、イスラム国はテロリストと国の中間の存在、豊富な資金力、サウジ、カタールの援助+モスルの銀行+油田を持ち収入もあり、後藤さん、湯川さんにある身代金ビジネスで、支配地域の国民に食料、電気、水道を与え、内戦に疲れた現地はイスラム国を受け入れ、しかしキリスト教はイスラムに改宗しないと殺され、恐怖政治の飴と鞭で、今年初めまでイスラム国は拡大した。

しかし空爆による油田喪失+原油安+モスルの銀行の資金もなくなり、身代金ビジネスを強化し、安倍総理、人質拘束を知りつつ中東でイスラム国と戦うのに資金提供をいい、日本を敵と見なし、しかしその時水面下で身代金の要求があり、安倍政権は交渉して解決せず、フランス、スペインは水面下で交渉して成功した

身代金アウトで、人質交渉も、ヨルダンは最悪の選択=イスラム国の敵で、ヨルダンのいうことは聞かず、他方トルコの言うことはイスラム国は聞いたのに、安倍内閣の危機管理能力のなさ+イスラエルで、日の丸&イスラエル国旗をバックにいらないことをいい、ネタニヤフ大統領と握手し、大事なときにイギリスで2+2をやり、トルコを使わなかった

イスラム国が残忍としても、解決には北風と太陽、空爆したら、ニューイスラム国が出来、パン・住宅のない難民に食料、毛布を届ける太陽政策で人々の不満をこれを解決すべきと、西谷さん締めくくられました。

 

今週は日米原子力共同体、戦争と原発はつながり、どちらも利権に群がった各種企業+銀行+政治家らの犯罪で、安全神話を振りまき、これは北朝鮮の脅威を煽り武器が売れるのと同じと西谷さんのコメントがありました。

今週の内容は充実していました、再稼動は原発輸出のためであり、つまり再稼動阻止=海外への核拡散防止なのです。これ、例により、いくらでも私に無断で拡散させてください。以上、今週のラジオフォーラムでした。

________________

コメント:原発の最高責任を取ると言い取らず、「国民の生命と財産を守る」「責任を取る」と言い取らず、国民全てをテロ・戦争の危険・惨禍へ導き、何千年の歴史・憲法の(平)和を(公務員遵守義務を)無視・(三権分立の)越権行為で破壊し、更に原発・武器(輸出)基地・TPP(強行)など米・英・イスラエルなどと結託してトップ・マフィアと利益分配・集権強化を図るアベコベ(虚偽・欺瞞)・アベノミス(破壊・破滅)!!!(赤字はブログ・コメント筆者による)

 

Attachments area

Preview YouTube video 桑田佳祐 – 明日へのマーチ

桑田佳祐 – 明日へのマーチ

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close