毎日放送VOICE 二重行政解消なのか?大阪府と市の病院統合

 永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」で、大阪徒((c)やくみつるさん)の問題が取り上げられました。
市議会で、橋下・松井・維新の指摘する二重行政に関して、民主の議員より、大阪市立大学と大阪府立大学が二重行政なら、国立の大阪大と合わせて三重行政かと質問があり、もちろん橋下市長はまともに答えていません。
その、二重行政解消で、大阪市住之江区に、大阪府立と、大阪市立の病院が二つあり、橋下市長はこれは二重行政の無駄で、市立を廃止して統合し、これで5億円浮くというのです。
ところが、これで小児科・産科で、病床数がどちらも2/3くらいになり、どちらも、病院の利用者には大変なことで、来年3月に片方が廃止され、それだと、今後子供を産むために、困るとの声が市民からあります。
それで、橋下市長は、片方を廃止して、民間の病院を誘致するというものの、具体的に名を上げているところはありません。
小児科医の船戸さんは、小児科のニーズは、近年、医療の発達により、過去には助からなかった子供も助かるようになり、以前にも増して、高まっていると言われて、小児科の減ることに反対されています。
小児科・産婦人科はこれからも必須なのに、この始末、関学の上村敏明さんは、民間の誘致の条件を変えることを指摘されました。

…で、これを見て、評論家の佐高信さんが、消防署、警察は赤字だからと廃止、民営化するのかと、以前新自由主義者(特に竹中平蔵氏)を批判されていましたが、この病院統合も、同じことが言えます。
さらに、2kmのところに病院があるのは、民間ではいくらでも例があり、例えば、私もお世話になっている神戸・高速長田では、医院がたくさんあり(同業もたくさんある)、どこも繁盛しています、近隣に高齢者・子供がたくさんいて、ニーズが多いからです。
以前、たね蒔きジャーナルで、病院が減って、妊婦さんが出産の際に、病院を予約するのが大変だと言われていたのを思い出しました。なら、少子化になるはずです。
そして、橋下さん、病院統合で5億浮くというのですが、1年前、勝手な選挙で6億使ったのは誰ですか?
これを見ていた私の母は、神戸も難儀だが、大阪に住んでいなくてよかったと言いました。
関西の経営者が、大阪に住まず、芦屋・西宮に行くのもなるほどです。
私は医者通いが必須で、福祉を切ることには、大きな疑問があります。
橋下氏は、以前子供が笑う大阪にといいましたが、やっていることは逆です。
やはり、橋下・松井・維新の言う府市統合は、大阪徒です。以上、VOICEの内容と、私の所感でした。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close