集団的自衛権:「条文で歯止めを」 自民安保協議、注文相次ぐ

毎日新聞 2015年03月10日 東京朝刊

 自民党は9日、安全保障法制に関する会合を開き、集団的自衛権の行使容認などについて協議した。出席議員からは、日本が攻撃された場合の個別的自衛権に比べ、集団的自衛権の行使の基準があいまいだとして、法律の条文で明確に歯止めを掛けるべきだとの意見が相次いだ。

歯止めに関しては公明党が6日の与党協議会で、「他に適当な手段がないこと」との武力行使の新3要件の一つを法律の条文に明記するよう提案していたが、自民党の会合でもこの提案に同調する意見が相次いだ。しかし、政府側は昨年7月の閣議決定ですでに政府の方針として表明していることなどから、「法律に書き込む必要はない」などと応じた。

また、民主党政権で安全保障政策が混乱したことに言及したうえで、「集団的自衛権の行使は極めて難しい判断になる。どんな政権が誕生しても間違った判断をしないような歯止めが必要だ」との意見も出た。【飼手勇介、高本耕太】

______________________

コメント:漸く自民からもアベコベ心臓・アベノミス・アベノクー・総裁・総理独裁に対する反対の声。各政党・各階層から無知・無恥の金権・金塗れに対する反対の声。諸外国首脳も一切衆生も反対の声。宇宙の歴史の恥曝し!!! オトモダチも目を覚ませ!!!!! 国民も目を覚ませ!!!!!!! 衆生も目を覚ませ!!!!!!!!!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close